« CTの結果 | トップページ | 風流ごころ »

2011年11月 9日 (水)

男用記事

昨日病院の廊下に貼ってあったポスター

ダンボの目がになる。

Photo

前立腺を切除したダンボ、

自慢じゃないが2度「膀胱鏡」を経験した。

1回目は某国立病院で。

お産そっくりの格好で仰向けになり、(確か)腕っ節の強そうな看護師さんに両脇を抑えつけられた。

差し込まれるのは直径1cmはある火箸の棒(膀胱鏡)

どこから入れるって?

男のシンボルの先からですよ!

「おおきく息を吸って、・・吐いて・・・」

ワセリン幾ら塗っても激痛と下腹部のツッパリは筆舌に尽くし難し。

1ヶ月以上チビチビ出血し痛みは止まらず・・・

「死んでも二度とあんな検査はせん!」

と、断言したのに。

前立腺も肥大が生活を脅かすほどになり、

今の病院で2度目の検査を受けた。

先生は泌尿器科では名手として有名人らしく(今はおられない)

同じ膀胱鏡を使ったとは思えない苦痛の軽さ。

それでも、

このファイバースコープの膀胱鏡があったらと残念に思う。

勿論 made in Japan

話題のオリン○○ 

世界の先端技術をもった会社、

潰したらあかんで!

« CTの結果 | トップページ | 風流ごころ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本当に内視鏡とかもすごいそうですね
外国の企業に吸収なんてされないように祈りますね
内視鏡、膀胱鏡等の先端技術を持ってる会社だから
虎視眈々と狙われてるでしょう
頑張って踏ん張って・・。
潰したらあかん!

ちがやさん。

外人社長に内部告発され明るみに出る情けなさ、
内視鏡で世界のトップなのに会社のトップは最低!
おっしゃる通り買収されるなら日本企業にお願いしたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男用記事:

« CTの結果 | トップページ | 風流ごころ »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ