« 充実し疲労し | トップページ | 我家のハチ »

2011年11月15日 (火)

出汁

youkoさんが数々のお土産を持たせてくれた。

自ら「加茂川のゴモク」 (杭にかかる=食いにかかる) と称するだけに、天下に名の通ったのでなく、京を知りつくした者が選ぶ老舗の食品。

そして、

手作りの煮物を二品。

夜、長女と口にして

声を合わせ「コレ旨い!」と唸った。

嗅覚がほとんどないダンボですらしかり、長女はどんなに旨かっただろう。

芋の煮物は「孫芋」、『素人がここまでやるか!』と嘆くほど皮を厚くむいてある。

大豆は定番。お豆さんとコンニャクとゴボウとニンジンと切り昆布がバランスよく共存している。

001

残った芋を

誰にもやらず、ダンボ一人で平らげた。

芋なき後、舐めて思う

棄てるに忍びない。

生協の豆腐を残り出汁で煮た。

和食は出汁が命というが

家庭料理でも出汁に凝ったら料亭に負けない!

なんかヨイショ記事になってしまった。

でも、書かずにおられなかった。

テルテルの口には入らぬが許せ。

007

今日のテルテル大人しい。

« 充実し疲労し | トップページ | 我家のハチ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

v(=∩_∩=)

いや、よほど満足されたご様子
先生、褒め上手だから
それも自慢のブログに掲載って
これ凄いですね。
末代まで残りますよ(笑)

料理の得意な人は
何よりですよね。

うーむ
おいしそうなブログでした。

(^。^)(^・^)(^-^)(^ム^)

ほなね~

流石 ダンボ爺 見抜かれましたか 海老芋の孫芋 主婦はあないにはむきません。
いつか おたまさんの所で言ってた むきもん野菜のやっちゃんの作品?ですわ!
味付けは私ですけど。あのお芋は、季節があって、3月までです。オフ会には、ありません。
最終には、やっちゃんが知らせてくれます。また 届けます。褒めてくれて、ありがとう。
美味しい物を他所で食べたら、いっぱい食べたい欲が出て、なんとか自分で作れへんか
試行錯誤し鴨川のゴモクになります。
でも 今までで、一番おいしかったのは、6歳の時に終い弘法さんの屋台で食べた 関東炊き
あれ以上の美味は、ありません。
ほんとは、マイロにもテルテルにも、おいしいもん こしらえたいんやけど 犬やし残念やわぁ

マイロちゃんにもテルテルちゃんにも手作りのおやつを作ってあげたらいかがですか?
ライアもおなかさえ強ければ、いろいろ作ってやりたいのに・・・。
喜んで食べてくれる姿見た~い!
サツマイモでケーキ作ったり、ボーロをレンジで作ったり・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出汁:

« 充実し疲労し | トップページ | 我家のハチ »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ