« 心配かけて・・・ | トップページ | ばかなやつ »

2011年10月19日 (水)

診察券

 「診察券 多数派になる カード入れ」  osダンボ

何時の間にやらクレジットカードやポイントカードより病院の診察券が多くなっている。

「内科」「耳鼻科」「眼科」「歯科」「皮膚科」「整形外科」「鍼灸整骨院」・・・

休止状態の総合病院の分を合わせたら10枚越すかも知れない。

あ~とため息が出るが、この歳だったら無理ないか?

昨日は、診察券二枚を使ってハシゴした。

先ず、膝の治療。

劇的に悪化し、劇的に改善したのが、1回目の治療。

3回目の昨日は、新患に先生は時間をとり、ダンボのマッサージは90%を助手がした。

脛の横の筋肉を先生が押さえると唸るほど痛いので長引くこと請けあい。

午後は眼科。

新しい医院へ車で5分。

20年越しに通った医院におさらばした。

2時間待ちの30秒診察、いくら腕が立つとはいえ流行り過ぎ。それに遠い!

初回の9月11日、

受付で気を良くした。

銀行と一緒で箱から順番札をとる。

Photo

56番は、受付通算で待ち時間はそれほど長くなかった。

そして、女医の院長先生、視力検査士?スタッフなど皆、優しく話し上手でホンワカとなる。

携帯に病院の混み具合をアクセスできる設定もしてくれた。

お~ 

医療もサービス業だね~

昨日は午後7番だったが、近用メガネの処方箋を作ってもらうのに検査に時間がかかった

(帰ったらテルテル空腹で発狂寸前・散歩の役は自分と決めていた義妹を心配させた)

なのに、診察時間もそこそこ長い。

・・・・・・メガネのデータを見ながら

先生「う~~ん、パソコンの時に使いますか?」

ダンボ「は~ノートですから近付けますけど」

先生「う~~ん、」

ダンボ「文庫本も読みたいし」

先生「あ~~それならこれでピッタリです。何文庫?」

ダンボ「(とっさに)新潮文庫」

先生「岩波は無理かも」

ダンボ「目薬赤いのが残ってるんですけど」

先生「赤いのから注してませんか?」

ダンボ「はい、目立つからつい」

先生「今度は白いのから先に注してください、次を人間忘れますから・・」

ほんの一部だが、ざっとこんな具合。

『癒すのは「病」だけでないのが病院だ』と、思い出させる。

会計は処方箋入れて¥640

ダンボ思わず「全部で?」と、聞いていた。

« 心配かけて・・・ | トップページ | ばかなやつ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

先生
この病院へ
変更した理由は
院長が女医さん
そして
いつもの好奇心を
満足させる新しい設備
完璧ですね。
エロも、新し物好きも
両方とも満足。
長生きして損は無いですね。
ただ、しっかり
新しい想定加えてくださいね。
通いたくなる病院
良いもの見つけましたね。
レポートこれからも
よろしく。
ちなみに、
今パソコン用メガネ流行っているんですよ。
手元より、
60センチ位先に
ピントがあうメガネ。
パソコンって
若干手元より
遠いんです。
今、快適に使ってます。
パソコン用メガネ(笑)

pcboys君。
英雄でなくても色を好むのは男の業ですね、そりゃ~可愛い女医さんと腕が良くても無愛想な男の医者と比べる方が野暮。
この医院、看護師さんも検眼する女性も美形が多く目の保養になります。

私も、近々両用メガネを作ろうと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 診察券:

« 心配かけて・・・ | トップページ | ばかなやつ »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ