« へろへろ | トップページ | なんか気色悪い »

2011年8月21日 (日)

感動へろへろ

1ヶ月も前に「かなわん姉妹」のお誘いにのったコンサート

Img_4243_2

へろへろ回復中のテルテルを長女に預けて出かけた。

平原綾香を知ったのはTVドラマ「風のガーデン」

膵臓ガンで亡くなる主人公の愛人で登場し心を締め付ける歌声に惚れ込んだ。

コンサートはクラシックから演歌まで、まあまあの数を経験したが、ダンボが歌手の歌声は勿論、体型や身につけたものバンドメンバーの様子までを興味深く鑑賞したのは初めてだった。

歌の一区切りで隣のOさんに「綾香て歌手のジャンルでいったら何になるの?」と尋ねたくらい不思議な歌だった。

パートはアルトだと思うが、ほとんど地声で歌っているよう?裏声やビブラートは最小限?聞き覚えのあるメロディだがプログラムをみて「あ~~」あれ。と頷く綾香ワールド。

圧巻はバンドマスターのエレキに合わせギターの音真似をしているのかと間違えた「熊ん蜂の飛行」

鼻の奥にジンときた「ノクターン/カンパニュラの恋」を聞けただけでも値打ちあるのに・・・アンコール曲は朝ドラ「おひさま」の主題歌、別物と思うほど良かった。

ダンボ甲子園にも忘れたスコープで観察した一部を・・・・

最初のステージに片方の耳につけていたイヤリング→オパール。 腕のブレスレット→ダイヤ(スワロスキー?)の輪にトルコ石とサンゴの大粒つき。指輪はダイアと思われる? ネイルアートもセンス良く若さが躍っていた。

バンドメンバーも選りすぐりの感じ、イケメンの男性が多い。

ひときわ目立ったのは女性お姉さんのaikaさん。サックスとギターを操りサブボーカルまでこなす美人だった。

へろへろの身体に注入された感動で・・・・

心身ともに心地よくヘロヘロ

帰ったらテルテル元気いっぱいだった。

« へろへろ | トップページ | なんか気色悪い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ショパンのノクターン嬰ハ短調はおたまの葬式で流すことになってますねんよ。
ピアノではなく、バイオリンで。

そのスコープ、こんど歌舞伎見に行くとき貸してください。おたまの倍率8倍じゃソコまで見えません。

おたまさん。
ショパンでも葬送行進曲でないのがよろしいな。歌のご要望があれば三女が馳せ参じると思います、おたまさんのファンですから。
いくらでもお貸ししますが倍率はあまり変わりません、席が前から11列目のど真ん中。並んで手に入れてくれたV仲間に涙のお礼をした場所でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感動へろへろ:

« へろへろ | トップページ | なんか気色悪い »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ