« 夏肥り | トップページ | 暑い時には »

2011年8月13日 (土)

人が消える

玄関を出て、日光の直撃を受けた途端クラッときた。

正に炎昼。

書いた葉書を入れるために往復500mの道を歩く。

途中、銀行に寄る。

女性が一人ATMに向かい合っているだけ!

ポストはスーパーマーケットの前にある。

人がいない。買い物客が一人も出入りしない店、

定休日かと錯覚した。

車は走っている、

なのに、外を歩く人は消えた!

66年前、今日のような炎天の空に見た鮮やかで不気味でも美しかったキノコ雲。

ダンボは、山口県柳井の海岸に立っていた。

キノコ雲の下が地獄で

何万人が消えたのも知らず・・・・・・

悔恨と共に何時でも再生できる映像として残った。

平和の世だから、

猛暑で外行く人が消えるのは幸せの証拠。

« 夏肥り | トップページ | 暑い時には »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人が消える:

« 夏肥り | トップページ | 暑い時には »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ