« 想像力 | トップページ | 何時もの2倍 »

2011年7月16日 (土)

真相なんて

真相なんて分からない。

原発がそうだ。

昔話も同じこと。

4月12日『カチカチ山』で、テルテルに似て近親感のあるタヌキが哀れでならないと書いた。

http://hirosi-dambo.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-2321.html

何時かはリメークしたいと律義に思っていた。

しかし、大筋を変え、タヌキ元気でメデタシメデタシでは、萎びた野菜みたいな話になる。

死んだのは、

タヌキに騙されて殺された婆さんと、可愛い娘に騙されやすかったタヌキ。

ダンボが溜飲を下げるには、残って大喜びしただろう爺さんとウサギを徹底的ににするしかない。

この物語で最も悪いのはジジイである。ダンボと正反対!

ジジイはタヌキ(真相は女にもてない中年フリーター)をそそのかしペテンにかけてバアサマを亡きものにする。でも、タヌキは自分が手を下したと意識しないで・・・・

ジジイはバアサマに1億円の保険をかけてある、それを勧めたのがウサギ(真相は色白のミミ子)

成功した共謀者ジジイとウサギは、真相がばれるのを怖れタヌキを死に追いやる、

火傷させるのはバーベキューに誘い、コンロに火薬を仕込む、火傷に効くと昔懐かしいヨーチンを渡す。

水の嫌いなタヌキを色仕掛けでスキューバダイビングに連れだしたウサギはボンベに窒素ガスを入れてタヌキに持たせた。

完全犯罪!

ジジイは後添えに若いミミ子を迎えたのは言うまでもない。

いずれ

天罰はこの二人に・・・・・・・・

でも、真相は分からない。

« 想像力 | トップページ | 何時もの2倍 »

趣味」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真相なんて:

« 想像力 | トップページ | 何時もの2倍 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ