« せつない目 | トップページ | 梅雨の庭 »

2011年5月31日 (火)

悪夢

5時過ぎ、「キュキュキュル」と何時もの声で目覚める。

まだ、デパスの効き目が残ってる。

でも、せつない目で控え目な声出されたら、も~だめだ!

朦朧としながら餌を量り、皿に入れて置く、冷蔵庫からデザートのキュウリの欠けらを出して食べさせ、テッシュで鼻の下と口の中を拭いてやってから寝床に倒れ込んだ。

今朝は、テルテル素直に布団の中に入ってきた。

ダンボのお尻に身を寄せて動かない。

シメタ!

数分だろうが、眠れた。

一瞬で?夢を見た。

Photo_2

まだ赤ちゃんなのに巨大なテルテルになって、

ダンボが添い寝したらヤバイとパニクッた途端目が覚めた。

悪夢だ!

胸騒ぎしながら、朝刊広げたら続きが一面に!

『君が代起立命令「合憲」』最高裁が初判断

そこまでやるか!

判決に補足して

須藤裁判官は

「処分を伴う強制は教育現場を委縮させるので、できる限り謙抑的(へりくだってひか目に)であるべきだ」

千葉裁判官は

「司法が決着させることが、必ずしもこの問題を解決に導かない」との前提で「国旗・国歌が強制的にではなく、自発的な敬愛の対象となるような環境を整えることが何より重要だ」

と、意見を述べているらしい。

でも、お墨付き貰って小躍りしてるお偉方には目に入らないだろう。

こうなりゃ、

脚立の上に起立して、十里四方に鳴り渡るスピーカーつけて歌えや。

« せつない目 | トップページ | 梅雨の庭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

教育現場のことは良く分かりませんが、
大阪府でのことといい、今回の判決といい、じわじわと
何だかいやな雲行きになってきていますね。
やがては生徒にまで強制が及んでくるのではないかと思うと空恐ろしい・・

テルテル嬢、せがまれ泣かれて かまいすぎるより、
少しかわいそうでも無視するくらいがいいですよ。
夢に出たように召使にされるかも。


ottchさん
条例で縛られた教師にのびのび開放的な教育を望むのは無理と思います、縛られる、と意識する方に問題ありと決めつけるのも問題だと思います。
法治国家ですが、教育から自由な魂を抜き取ったらおそろしい社会になるのは1945年までの日本で実証されています。

ご忠告ありがとうございます。甘やかし過ぎです、今夜から寝室を離してみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪夢:

« せつない目 | トップページ | 梅雨の庭 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ