« 呆れた | トップページ | 物語る空 »

2011年4月25日 (月)

恐怖の再会

Youkoさんの肝いりで、1965年小学校卒の女性6人がダンボの慰問に来るという。

「誰と誰がくるん?」

「それは内緒、ビックリする人来るで」

Youkoの返事(もう呼び捨てや)は残酷。

昨日会った人の名前も覚えられんのに、半世紀近く会っていない人の名前なんか当てられる筈ない。

それでも、卒業アルバムと卒業記念文集と指導手帳を用意し待ち構えていた。

そして今日。予定を少し過ぎたところへ、順に入ってきたアラカンの女性達。

「誰が一番老化してるか先生に当ててもらお」だったらしいが、日頃コミができていたYoukoとムッちゃんだけで、後の4人はチンプンカンプン。

テーブルについてアルバムと照らし合わせても?????

こんな記憶力テスト拷問や!

ギブアップ寸前

「年賀状呉れてた」のヒントで、ナミちゃん、いのさん、ユミちゃんが分かった。

残りの一人が????

「卒業の時、組違うで。○○先生の組」・・・で

あ~~~ノブちゃんか!4年生担任しただけやけど、分かった。

後は、もう何が起こったのか分からん。皆も久しぶりらしく、

話が弾むを飛び越えて話の大花火大会。

合間にテルテルがお愛想を振り撒く。

持ち込みの弁当やお菓子を平らげ、話はドンドン無遠慮に、

007

ダンボ 「ナミちゃん、もっと色黒かったで」

皆 「そ~やそ~や」

ナミちゃん 「劇で『夕鶴』する時、私ツルになりたかったのに、先生『おまえ色黒いし、朗読せぇ(ナレーター)』言われたで」

信じられん教師が居た。

ムッちゃんのイヌにまつわる話に笑い転げ。Youkoの記憶力に全員舌を巻く。

長女が助けてくれ、2女の夫婦も僅かな時間顔見せた。

その時に写した記念写真。肖像権無視してブログアップ。

1965

テルテルの夕食時となり、今日の雷雨みたいに引き揚げた。

おめかししたテルテル、接待し足りない顔して座ってた。

021

« 呆れた | トップページ | 物語る空 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨日はほぼ12歳の少女×5が6人で大騒ぎおやかまっさんでした。
みんな先生の若さに驚愕。
慰めに行くとか暖めに行くとか言ってたのに 逆にパワー貰って帰りました。
帰り道も賑やかな事。これからは 頻繁にご飯食べ会しょうなで別れました。
40何年ぶりが居たなんて嘘みたい
また パワー貰いに行かせてや。
記憶の一杯詰まった頭の薬箪笥開け閉めし過ぎたので チョイのびてます。
ありがとうございました

youkoさん。ダンボも決して無傷ではありませんでした、普段は100前後の血圧が140~150に急上昇、フラフラしながらテルテルの世話しました。でも、ご心配無用。今夜は諦めていたフィギヤー男子のメダルを奇蹟のドラマでとってくれた小塚君に喝采を叫んでいましたから。
また、会いましょう今度は怖がりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恐怖の再会:

« 呆れた | トップページ | 物語る空 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ