« 猫か?ネズミか?テルテルか? | トップページ | 春がくる »

2011年2月 7日 (月)

目線

近頃「目線(メセン)」がよう使われる。

辞書やったら「目線」は「視線」と同じになってるけど、今の使い方は違う。

「上から目線」や「消費者目線」なんか「立場」みたいな使われ方や。

「上から目線」があるんやったら「下から目線」もあるんやろか?

私は小さいしいつも下から目線や。

003

時々、父ちゃんの胸に飛び乗って「上から目線」で鼻の穴見る時あるけど気持ちええもんや。

007

「アホと煙は高いとこ登る」というけど、アホと違ても高い方がええ「上から目線」になれるからやろか?

けど、上から見たら父ちゃん悩み多そうな顔してる。

なんか、ショーもないことで迷ってるらしい。

「古池や蛙飛び込む水の音」の蛙は一匹やったか何匹もやったか?

それまで、芭蕉さんがし~~ずかな木立の中の小~さな落ち葉の浮いたトロ~ンとした池に一匹の蛙が飛び込んだ情景を詠んだとばかり思っていた。ところが、新聞に宿題で載っていた(日経夕刊コラム[俳句的発想・坪内稔典])

「蛙もしかしたら複数?」を解こうとしたらしい。

ボチャボチャボチャ・・とワサワサ飛び込む蛙で静寂を破られた句と思えなくもなくなった。

それだけでやめといたらええのに

著者の句

「たんぽぽのぽぽのあたりが火事ですよ」に引っかかった。

ポポて何や?

父ちゃんの妄想ドンドン広がる

ひとりぼっちぼっちて何や?」

みょうちくりんちくりんて何や?」

へんてこりんてこりんて何や?」

私ではどうにもならん。

救われん父ちゃんや。

« 猫か?ネズミか?テルテルか? | トップページ | 春がくる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目線:

« 猫か?ネズミか?テルテルか? | トップページ | 春がくる »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ