« 疲れた~~~ | トップページ | 感謝 »

2011年2月15日 (火)

雛飾り

ダンボ独り言」   雛飾り

ブログの友達、ひろ子はんに刺激されて雛人形を飾る気になった。

何年ぶりだろう記憶にないくらい遠い過去なのか?それとも去年だったのか?

間違いないのは、二人で飾ったことだ。

人形の箱が高い所にある。単純作業だけど面倒くさい。こんな理由でカミサンは必ず私を手伝わせた。

 だから、一人で雛飾りをするのは初めてだ。

我が子になって半年、のらくろみたいな顔をしているが、テルテルはれっきとした女の子。

4女の初節句だ、人形を飾り祝ってやりたい。

用心深く押入れの天袋から人形の箱を下ろす。55年前、団地住まいしていた時買った雛人形、ガラスケースに入る小さいもので助かった。

人形の箱を開け、エッと思わず声が出た。仕切りの中の和紙で包まれた人形に防虫剤が一つ一つ丁寧に入れてある。

後片付けも二人でしたのに、虫よけを入れているカミサンを知らなかった。

O型で何でも大雑把、暮らしのテンポもタイミングも遅く、マイペースなカミサンだったのに、人形には気配りを欠かさなかったようだ。

説明書片手に並べた。

お雛さんは、どれもこれも同じように可愛いおちょぼ口で童顔をしている、でも微妙に違う、中でも三人、極端に顔つきが違っていた。

傘や沓を持つ仕丁の一人が怒っていた。随臣の左大臣は口を一文字に結んでいた。五人囃子の小太鼓は力の入った顔だった。

そんなこんなで、雛人形をただ並べるのでなく注意深く飾ったのは初めてだ。カミサンの思いも込めたつもりになっていた。

「飾り主 欠けても優し 内裏雛」

柄にもなく下手くそな俳句を作った。

出来上がった雛飾りは、テルテルのベッド脇の棚に置いた。

「テルテル、見てみ、お雛さんやぞ」

声かけたが、テルテル無関心、

食べ物しか興味ないのか、後ろ足で首筋を掻いていた。

父ちゃん今日はピンチやった。明日の録音原稿を夕方から書き始めた。

やっつけ仕事でみてられんけど・・・・

我慢してやって。

014

019

« 疲れた~~~ | トップページ | 感謝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつもテルテル嬢が頑張ってくれたはるけど、ダンボさんの文章、嬉しいです

うちのおひなさんもケースに入ったはります。
子どもの頃は、お友達の段飾りを羨ましく思ったこともありますが、自分が管理するようになって初めて分かるケースのよさ。(爆)

ダンボさん、エエこと教えましょう。
防虫剤は毎年替えんとあきませんで~

と、ゆー訳で、テルテル嬢のお節句は、毎年飾ってお祝いしてもらえそうですね

ひろ子はん、ありがとうございます。ひろ子はんのブログを読まなかったら、飾っていません。やはり、男はそこまで気が回りません。
頑張っているのですが、日がたつに従って家が薄汚れていくのがわかります。やはり、病人でも生きていたら2馬力の働きができました。

はい、必ず仕舞う時に入れます。
入っていたのは人形用の虫よけでしたが、普通の衣料用のではダメでしょうかね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雛飾り:

« 疲れた~~~ | トップページ | 感謝 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ