« 泪の替え歌 | トップページ | 多すぎて »

2010年12月 5日 (日)

行きとどかず

歳末が近付くと思いだす。

カミサンがスケジュールをメモして見せる。

ガラス磨き・網戸洗い・庭の掃除・キッチンの掃除・・・・

見せられる度に喧嘩した。

自分の意思で働くのは文句ないが、指図されるとへソ曲げる。そのうち、黙々とカミサンがガラスを磨いたりする。

ヒューマニストのダンボは「高いとこから落ちて寝たきりになったら頼むぞ!」と嫌味いいながら言いなりになる。

独り暮らしの年の暮は、何処を見ても行き届いていない。

002 003 004 001

「無理ないだろう!テルテルもいるし!」と、どこかで目を光らせているカミサンに毒づくが反応ない。

まあ範囲を狭め、ある程度はやっておこう。

我慢できなかったら、化けて出こい!

そういいながら、行き届かないのは自分でもひっかかる。

真面目だな~ダンボは!

ぽこさんとわんこさんと長女で夕食を用意してくれた。

据え膳で幸せ!

« 泪の替え歌 | トップページ | 多すぎて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うちも来年はお正月がないので、用事が少ないのですが、やはり年末になると「そうじ、そうじ」と思うのですが、怪我のせいで何もできず!気ばかり焦ります。

Keiさん。亀レスお許しを・・
過去の歳末を考えると、何回「簡素に・・簡素に・・・」と叫んだり唸ったりしたでしょう。でも、除夜の鐘が鳴る頃は何とか家中が迎春の姿になっていました。無理ができたんですね。それも二人だったからと今思います。
今年はできません。仕方ありません。
色々な年があっていいでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行きとどかず:

« 泪の替え歌 | トップページ | 多すぎて »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ