« 白秋を赤に | トップページ | 無理しない »

2010年10月14日 (木)

老婆心=老爺心

辞書にないから仕方なく「老婆心」も使ったが「老爺(ヤ)心」が何故ない!

『不必要なまでに世話を焼いてしまうのは、爺だって同じだ。』

今日も訪問者が延べ6人。・・・気持ちの半分はダンボにあっても、もう半分はテルテル目当て。

また、テルテルも客が大好き。それもお初にお目にかかったらドジョウみたいな尻尾を千切れんばかりふって歓迎する。

先ず、義妹が来た。無類の犬好きだが愛犬を亡くして懲りたのか後継ぎは我慢している。

http://hirosi-dambo.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_e206.html

次ぎにボランティア仲間の「叶わん姉妹」

この姉妹は叶姉妹と違って3人組。

口には自信のあるダンボが叶わんという賑やかな面々だ。

テルテル、その中初対面のIさんに大サービス。

もう一人のIさんにも、2足歩行のデモストレーションして喝采を受ける。

002

次ぎに長女が来た。

その頃から雲行き怪しくなる。

「父ちゃんテルテル熱いで」

「え~~、こんなに元気でメチャメチャ食べるのに・・・シャンプーしたせいやろか?風邪うつしたんやろか?」

そこへ、義妹が「兄さんの晩のおかず差し入れ」と、ヒラメの造りをもってきてくれる。

そして、抱くなり「テルテル熱あるんと違う?」

「え~、どうしょ」

「犬はグタッとなったらしまいやで」妹は心臓が止まるような言葉残して帰ってしまう。

居ても立ってもいられるものか!病院へ電話した。

「7時半までやってます」

返事聞いて飛び出した。運転手は長女、この子何時までも妹の面倒みる運命だ。

「仔犬の熱は39度あっても異常ありません。38度2分ですから平熱です」

テルテルを撫でたりさすったり、この先生ますます好きになる。

看護師さんもテルテルに鼻舐めさせている。

胸のつかえが下り、心の曇りが拭われ・・・ダンボ シアワセ!!!

調子にのって

「爪切ってもらえます?耳みてもらえます?」

嫌な顔一つされなかった・・・・ダンボの注文通りになった。

「えっ10割負担で?」

¥525の領収書みて思わず声が大きくなった。

「よかったね、よかったね~テルテルまたこようね」

横から長女が口をはさむ。

「そら、困るで」

げに厄介なのは「老爺心」である。

« 白秋を赤に | トップページ | 無理しない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

よかったですね~なんともなくて。いい先生が見つかって。
「熱ある?」「熱ある!」「ど~しよ~」「ど~しよ~」とアタフタするの図、目に浮かびます

ああ・・・テルテルに会いたいよ~~

テルテルちゃんほんと良かったです。
17日キャンセルかと思いました。
寝しなや興奮した時は体が熱くなりやすいです。
落着いてるときに検温されるといいです。
うちはお尻で測るのは怖いので、後ろ足の付け根の内側に体温計を挟んで測ってます。
小さいときはホント神経質になって、ちょっと体が熱いと医者に行ってました。
おなかの弱い子だったのでしょっちゅう医者行きでした。
今は体調がよくわかってきて(慣れてきて)、熱があっても様子を見ることができるようになりました。
最近は早くに乳離れさせられるので、ちょっとの変化も見落としなく、気をつけてあげてください。
よかった、よかった。

伜が小さい頃、発熱して、慌てて病院へ走ったの思い出しました。
ヒトの子も、犬の子も、小っちゃい時は免疫ないから、今回みたいな対応の方が間違いないですね。
それに、かかりつけ(ですよね!)のセンセもエエ方みたいですし。
大事なくてよかったです。

 マイロも3カ月位の時突然の嘔吐そして、ぐったり
 ドライバーさんに帰って来て貰いドクターへ 走りました。
結果は何もなかったのですが。慌てますよね。
うちの人間の子はアホでも丈夫で あまり医者に走った事が 有りませんでした。
獣医さん 私のことマイロちゃんのお母さんて いわはります(生んでヘン)
ダンボさんは、テルテルのお父さんですかねぇ。
ちなみにジャックはけがが付き物らしいので
、我が家に来る時にペット保険に入りました。  

ぽこさん
「幼犬育ちやすく、躾なり難し」来た時怪獣になってても知らんで。

Keiさん。いろいろご心配有難う。少々でくたばらん野性にしようか?ガラスの令嬢にしようか?親の思惑なんかどこ吹く風、今日もテルテル自己中で動いてます。

ひろ子はん。喉もと過ぎたら忘れるので息子や娘に冷や汗かいた覚えがあるけど詳しくは覚えていません。あ~~~また同じ繰り返しとは同情して下さい。

youkoさん。マイロが吐いたのは何か拾い食いじゃないですか?テルテル自分の部屋を出たら床に鼻くっつけて歩いています。台所や居間に変なもん落とさんように気をつけていても限界あり、出さないのがベストでしょうがね~~~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 老婆心=老爺心:

« 白秋を赤に | トップページ | 無理しない »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ