« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

ささやかな願い

最近眠くてたまらない。

春眠同様、秋眠も暁を覚えずなんかな?

それとも歳?

イヤイヤ原因は唯一つ。

テルテル効果だ!

テルテルの体内時計は凄い。

午前6時にダンボを「キュンキュン」鳴いて起こす。

誤差は5分しかない。

夜更かしして瞼が離れがたくても、テルテルの食欲を満足させてやらなかったら、哀れな訴えは止まらない。

「ドッコラショ・ヤットコサ」掛け声かけて痛む膝を庇いながら起き上る。

あ~~~以前は寝床の中で朝刊を読み、己の腹が空いてから床を離れたのに・・・・

テルテル食べたら一人遊びしてくれたらいいのに・・・・最近留守番を長くさせた報いか、ダンボにひっついてひっついて離れない。

振り払って邪見にしたら、狂喜のスイッチが入る。

今日はたっぷり共に過ごす時間をとった。

オシッコもウンコも問題なし。

リンゴとボーロでお勉強もバッチリ。

挙句の果ては、父ちゃんの愛情たっぷりのスキンシップで

ダンボのお腹からずり落ちていびきをかいていた。

Photo

カワイイイッけど!

父ちゃんにのんびりした朝を呉れ。

ささやかな願いです。

2010年10月30日 (土)

ショックで・・・

昨日はショックでブログもUPできなかった。

ショックの原因は先輩の葬儀だった。

ダンボには、その人によって人生を変えられたといって過言でない先輩が4人いる。

その内の一人NO先生が亡くなった。

NO先生にスカウトされダンボは転勤したことがある。

1年後に定年を迎えるNO校長が、ダンボの勤務していたS小学校に直々来られた。

S小学校のF校長はダンボに「好きな学年を担任させるから」と残留を強く勧めたが、ダンボはNO先生から「後1年やけどもう一度一緒に仕事してくれへんか」といわれ異動を決心した。NO先生とはS小学校で6年間一緒だった。

新米のF校長は古株校長の申し出を断れなかった。校長が人事を意のままにできた古い時代の話だ。

NO先生も絵を描いていた。頂いた絵は家にある。

003

絵から分かるようにNO先生は優しい、学校の屋上でミツバチを飼い学習にも利用していた。糞尿垂れ流しの愛犬の最後を1週間添い寝して看取った。

ダンボは「NO先生の口から出たら何でも真実になる」と揶揄したが、誠実な生き方が皆に認められてこそできる芸当だ。

ダンボが異動した西陣のS小学校でも、NO校長は抜群の説得力で皆から信頼され慕われていた。

昨日、「今日もお留守番するんやで!可哀相やけど父ちゃんこれに顔ださなんだら、人間の質が落ちるんや、しんどいけど行ってくるしな」と、テルテルに因果を含めて家を出た。

早く出たつもりだったのに、1時からの告別式に13分遅れた。

ナニッ?!

目を疑った。

一般焼香が終わっている。

控室に残る会葬者も並んだ親族より少ない?

ダンボの心中に聳え立つ大先輩の最後のセレモニーにしては侘びし過ぎる。

91歳という高齢であっても悲し過ぎる。

訳は問うまい!

ダンボの生きている限り貴方は偉大で不滅です。

でも、強烈なショックは消えなかった!

2010年10月28日 (木)

ナニ!この寒さ!

昨夜から敷布団の温熱も使い始めた。

布団はカミサンのものだったが、カミサンがベッドに寝る羽目になり譲り受けた。

温熱と電位と両方療法ができると効能書きにあるが、さて?

テルテルが心配になる。

燕尾服の上だけで下半身はスッポンポンだ。

一緒に寝たい誘惑にかられるが、これ以上睡眠を妨げられたらダンボの命にかかわる。

それにしても、この寒さ!御天道様が隠れておられるから余計寒い。

庭も寒い。荒れているからなお寒い。

チョットでもホットな思いをしたくて、カメラを持ち出した。

008 織部灯篭が傾いてる

 さぶ~

野草の寄せ植えが苔見えんほど伸び放題。

さぶ~

007

虫が固まってる。

さぶ~

003

やっと暖かい色に会えた。

002

でも、雨にうたれて寒そう。

テルテルにドームの家を買ってやろう。

2010年10月27日 (水)

仲間はいいもの

伴侶は仲間である。

無二の仲間を失くしたダンボに、

いろんな仲間が手を差し伸べてくれる。

昨日は、老人会の四役会がダンボの家で開かれた。カミサンが病に伏しダンボが外に出にくくなった時から恒例になった会だ。

今のダンボは「顧問」だから、四役会に顔を出す必要はないのに仲間に加わっている。そのように皆さんが仕向けてくれる。

今日は、ボランティア4班仲間の懇親会。

002

現役とOGとが14名集まった。

004

005

021

この4班はユニークな班である。退部した人、亡くなった部員の奥さん、現役も1期から5期までは加入時期が15年以上離れているのに、世話役の一声でホイホイ集まって会食する。

ダンボも1年間のブランクはあったが、違和感無く仲間に戻れた。

そして、「来月から活動に参加するわ」と約束の言葉がスラスラと出た。

実は、懇親会へ出かけようとしたら、トモちゃんからメールが入った。

「ランチをご一緒にいかが?フレンチか蕎麦か?都合良ければお返事を」

泣く泣く「今日はダメだ~~~」と返信。

還暦を超えた教え子も共に現世を生きる仲間だ。

仲間ってええもんですな~

懇親会から帰ったら、留守番のストレス溜めたテルテルが、ソファーの上でウンコたれやがった。

こいつ仲間じゃね~ 不肖の娘じゃ。

2010年10月26日 (火)

87日目のテルテル

ユーチューブにログインする権利を三女に聞いて獲得したダンボ。

デジカメの(古い方)動画撮影機能を使って、テルテルの動きを残すのに余念がない。

でも、ユーチューブにアップされているパグ達の画は、いずれも自然と笑えるのが多く自信をもって公開する可愛いテルテルが撮影できない。

まあ、その内もっといいカメラで動画も編集して皆さんをアッと言わせるつもりなので乞うご期待!

とりあえず、生後87日目のテルテルをお目にかけるので、年の割に賢いか?普通か?それとも遅れているか?

諸兄姉のご感想を・・・・・

※親ばか宣伝ー動画再生が終わったら画面左上のYou TubeをクリックするとYou Tubeの美しい画が見られ、上部にある「osdambo5件」の部分をクリックしたらダンボがアップロードしたテルテルの姿が見られます。

2010年10月25日 (月)

無理ないな~

テルテルと二人暮らしに戻った途端ドッと疲れが噴き出した。

何をする気も起らない。

PC開いたら

「老人会文集の原稿まだや、31日〆切やのに。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。」

「コメ一杯入ってる、レスせんならんのに、ガス欠・電池切れ・在庫なし(つд⊂)エーン」

「あちこちコメしたいのに、金縛り(´・ω・`)ショボーン」

ストレス溜まるしPCは置いといてテルテルと戯れる。

「父ちゃん?元気どこやったん?」と何時になく神妙なテルテルだが、好奇心は相変わらず。

006_2

「おや?故障したの?」

007_2

「どれどれ・・・」

008_2

「やっぱあかんわ!」(アンタが鳴らんようにしてるんやで)

その内、ダンボのシャツを噛み始める。

手を添えて・・・・

そうや、オッパイ飲むポーズや!

乳離れするかしないかで、店から我が家にきたテルテル。

011_2

012_2

「よしよし、可愛い子 可愛い子」

身体の快感帯を撫でてやる。

014_2

015_2

大きい方も小さい方も時に失敗するけど。

何でも噛んで拾い食いして親をビビらすけど。

ふざけ過ぎて怪我の心配させるけど。

吸血コウモリみたいな顔で飛びかかってドキッとさせるけど。

まだ、ママのオッパイ欲しいテルテルや

無理ないな~

2010年10月23日 (土)

有難いけど・・・・

ダンボと暮らしているテルテルの日課はほぼ固まっている。

特にケージから出て自由に屋内を散歩し遊ぶ時刻と時間が決まっている。

テルテル目当ての来客があったりすると、多少の狂いはあるがテルテルは順応してホント~~~にいい子で、静かである。

昨日、我が家でYUの誕生祝いをしに三女と孫2人が来て、長女がフォローするため泊りがけで来てくれた。

いっぺんに身内が増えて、愛撫の手が四方八方から差し伸べられたテルテルが平静でいられる筈はない。

檻の戸はひっきりなしに開けられるし、テルテル自由の美酒に酔いしれる。

そりゃ~ええわな。ミャンマーでも中国でもないし民主主義の国ニッポンで拘束されるなんて不当じゃ~

とデモはしないが「キュンキュン」抗議の声をあげ始めた。

「心配せんでもええて、私ら帰ったらテルテル大人しくするて!」

三女が自信をもって言い、添い寝して寝かしている。

メリットは。

RYOがダンボのカメラでテルテルのナイスショットを残してくれたこと。

みんなでテルテルを風呂に入れ、それを三女のアカウントでYou Tubeから配信できたことだ。

では、ご覧あれ。

233

231

2010年10月22日 (金)

スイッチ

テルテルは親の口からいうのもなんだが

「お悧巧さん!」である。

悧巧=人の言いつけを素直に聞く。

と考える人間は浅はかだ。

ダンボがみたところ、テルテルは状況がよめる。

ご褒美の「リンゴ」と「ボーロ」を持っていると察したら

「お座り」「お手(両手で飛びかかるみたいな・・)」「待て(食べ物は出来ない!ポーズを維持する待て)」「ハウス(ケージに片手を入れるだけの時もある)」をして見せる。

持ってなかったら?????

横向くことが多い。

ボランティアには不向きなテルテルだ。

010

新人に接するに最高の愛嬌をふり撒いて「カワイイ」のレッテルを獲得する。

慣れるに従い、「カワイイ私は許される」と厚かましくなる。

嬉しくなってふざけるのは赤ちゃんだから当然。

悪戯がエスカレートし、

そこでも、免罪符「カワイイ・レッテル」の効き目があると分かったら、

発狂のスイッチが入る。

009_3

016

疾風のように走り、段ボールに噛みつき、顔に飛びつき、新聞をズタズタにする。

挙句の果ては、留置所入りである。

013

一応、反省した顔つきをするが・・・

テルテルの利口なのは、「逮捕されても起訴されない」と知っていることである。

※本日の写真はRYOの撮影。買ったばかりのキャノンをいきなり使っている。

2010年10月21日 (木)

やっぱり違う

テルテルの成長をバッチリ残したいと無理したカメラ。

到着したばかりで使い方が分からん。

一から勉強しなければ・・・・

と、考えるだけ。

マニュアルを読むのは世間一般の人と同じで省略したい。

でも、迄使ってきたコンパクトデジカメとは、違いが大き過ぎる。

あ~~~~面倒臭い。

オートで撮ってしまえ!と撮った写真が次ぎ・・・・

002 003 004

違う。 ヤッパリ違う。

ブログに載せるのにサイズを縮めるから差はハッキリしないが、明らかに絵が違う

色も質感も現物に近づく。

テルテルが颯爽と凛々しく見える、

よっ「べっぴんさん」

泰山鳴動して・・・

pcboys君が早速コメントしてくれた昨日のトラブル。

あ~~~~

ダンボ老いたり!

と嘆いたり可笑しくて笑っちゃたり・・・・・

どう考えてもPCが故障していると納得できない。

「左クリックしても反応がないだけ」と分かったのは冷静になってから・・・・                                           

『大山鳴動してネズミ一匹』

原因はマウスだった。

タッチパッドを使えばサクサク動く。

そういえば、テルテルに悪戯されかけ緊急避難して床に落とした。

スペアがあったと思ったのにない!

猫に齧られマウスを何個も殺された長女に進呈したのかな?

ネズミでよかった。安上がりですむし今はタブレットを使いノー・プロブレム。

★という顛末でした。pcboys君ごめんな

2010年10月20日 (水)

機械は壊れる

さて、本日のブログのテーマは決まった。
テルテルのこともあるが、最近は我が家で情報停滞が起こっている。
だから、それを書こうとした。

ところがところが、
何時も使っている富士通のパソコンが使えない。

起動はする、ディククトップの画面も変わらない。
フリーズならポインターも動かないのに

それは、問題なし。

問題は、アイコンをクリックしてもウンともスンとも画面は変わらない。
要するに総てのプログラムが動き出さない。

多分、ものすごく遅くなっているのだと思う。

お手上げだ。

ブログはお休みしたらいいけど、
今日、頼まれた老人会の文集の表紙を仕上げたばかり、
投稿する原稿も未完のままPCに眠っている。

機械は壊れるんだ!

困ったもんです。  iMacで投稿しているがMacのブラウザで投稿すると表現が限定されたテキストなので事務連絡みたいになってしまう、

困ったもんです。   以上

2010年10月19日 (火)

親バカどこまでも!

テルテルの体内時計は正確だ。

午前6時になったら、5分程度の誤差はあっても「キュンキュン」やりだす。

押しつけがましくない哀願調で訴えられたら飛び起きてしまう。

お陰で日中眠くて眠くて・・・昼寝が日課になった。

リンゴダイエットならぬリンゴトレーニングは効果あり!リンゴはテルテル用でダンボの口には少ししか入らない。

「お座り」「ハウス」は出来るようになったが、果たして意味分かって動いてるかどうか?

我が子や孫には「モノでつって良い事をさせない!」とカッコウのエエこといってたのに???テルテルには適用されない。

遊び好きだからと人間が勝手に決めて、アッというまにおもちゃが増えた。半分はプレゼント。

035

テルテル来客と同じで新しいもの好き。でも、飽きっぽい。

ショップで買ったモノより、ホテルの持ち帰り櫛とか新聞とかダンボの古ネクタイとかの方が長持ちする。

とうとう買っちゃった。

015

どうしても、テルテルが我がドッグランを疾駆し小さなラグビーボールの飛ぶ姿になるのを写真でアップしたいから・・・・・・

手始めに1枚だけ。画像は如何?

003

この親バカぶり、行き先は何処まで?

2010年10月18日 (月)

日々是横着

昨日、スター気取りだったテルテルが今日は落ち着いている。

檻から出しても、ダンボの周りから離れない。

暫くして訳が分かってきた。

躾用のリンゴが欲しいらしい。

何回も、冷蔵庫の前に行って二本足で立っている。

それでも、無視したら畳でオシッコした。

お仕置き部屋に留置。

午後から、リンゴはダンボの気にいることをしたら貰えるとおぼろげに気付いたらしい。

食事の後、自ら檻に入り上目づかいにダンボを覗いながらオシッコした。

褒めそやしてリンゴ1立方センチメートルのを一個やる。

食事は丸飲みなのに、リンゴは噛んでいる。

何時もの元気で部屋を駆け回っていたら、急にフルスピードで檻の中へ???

トイレでウンコを2つ落として飛び出してきた。

昔、軍隊で言われた。「早食い早ぐそする奴が出世する」

ご褒美にリンゴ。

満足したのか家の巡回始める。

マッサージチェアにも座布団置いてやったら一人で飛び乗り飛び降りる。

006

鼻を地雷探知機みたいに床を滑らせて行くので、食べカスや変なものを落としていないか余分な気配りが要る。

009 010 012 008

あ~疲れるよ~~~

2010年10月17日 (日)

八方テルテル

「八方美人」と書きたいけど、テルテル見てたら「美人」は厚かまし過ぎる。

今日は、お客が7人。

カミサンの事で出席できなかったS小学校の同窓会をミニにして我が家で開いてくれた。

ダンボの慰労といっても、果たしてそれがメインかどうか怪しい。

ペット大好き族が多いらしい。

その急先鋒Keiさんが会を仕切っているから、想像するまでもない。

家の玄関入るなり、テルテルを車座になって囲む。

テルテルは腰を低くし尻尾を振りまくり、多少滞留時間の差はあっても全員の膝にのってサービスに努める。

特にpcboys君の臭いが好きらしい??

まあ、なんと殊勝なこと。

ダンボには「いつでも行ったるやん!」と、寄り付かん。

昨日から始めたリンゴを餌にしてのトレーニング。

タイミングよく「シッコ」「ウンコ」の成功を披露できた。

「かしこ~い」「おりこ~~」と賞賛の嵐で、テルテル鼻を高くしたいところだが???ペチャ鼻はどうにもならない。

ダンボが代わりをつとめておいた。

Photo

限が無いのでテルテルはケージに入ってもらい、皆で居間に集まった。

弁当食べて会話、お茶して会話、クッキーつまんで会話、果物食べて会話・・・

その間、テルテル「キュン」とも「キャン」ともいわないから、ますます名声が高まった。

皆さんが帰る時間が来て、ダンボに抱かれて見送ったテルテルは、

不気味なほど物静かだった。

遠い所から、折角の休日を使って来てくれる!

有難い人生だ!

これ、テルテルの功績が大きいかも?

※皆さんとの集合写真がないのは、関心がテルテルに集中していたせい?

2010年10月16日 (土)

朝食・明暗?

「金曜日から行くわな」

4日前のRYOの電話で、昨日は午後から有り合わせの食材に手を加え3品用意した。

テルテルも孫達と遊ぶスタミナ満タンにと、ケージからあまり出さなかった。

       

待ちくたびれ、夜テルテルと大暴れして1日のうっ憤を晴らす。

「ママがシンドイらしいし、来週にするんやて」

もっと早よかけてこい!・・・これ口には出してない。

   

お陰で今日の朝食は超豪華版となった!

Photo

片や、20秒で朝食を済ませたテルテルは昼の準備が調っているが・・・・

まあ、そのシンプルなこと!

005

差別やな~

027

028

「お前、長生きして父ちゃんを看とってくれんとアカンやろ。我慢せ~・・・悔しかったら人間になり」013

納得したかどうか?まだテルテルの気持ち分からん。

2010年10月15日 (金)

無理しない

お気に入りブログ「嫁のひとりごと」の記事で、また、カミサンが顔を出す。

10/13『京野菜ファイル』、ひろ子はんが古いカレンダーが捨てられずふすま破れたら貼ろうと書いてあるのを読んだ瞬間だった。

カミサンはモノを捨てられない人だった、それが二階のふすまに実を結んだ。

001 003

世界各地の観光名所だ。懐かしさと憧れを胸にして貼ったのだろうか?

想いを遂げてさせてやりたかった。

キュンときたら誤魔化しても無駄。逆に思い出のアルバムを繰った。

先日「おたまの未亡人日記」で、おたまさんが載せた九州旅行記。

高千穂峡・天安河原・臼杵・・・カミサンの姿がオーバーラップする。

034 030

このシリーズにダンボはコメントできなかった。

さあ!

癒しの良薬テルテルがある。

テルテルと喋ったら今日の空のように晴れた。

007

「父ちゃん!ひげ剃って身だしなみチャンとせなアカンで」

「そ~したら、何かエエことあるか?テルテルに舐められるだけやろ」

012

「父ちゃん、相変わらず手持ちの金少ないな~」

「そ~やね、お母ちゃんの代わりに姉ちゃんが管理してるしな」

014

「父ちゃん、舐めたげるし遠慮せんとき」

「もう十分なめてもろた、自分の鼻にしといて」

009

「父ちゃん、しっかりしいや、私のご飯忘れたらアカンで」

「わかったよ、父ちゃんは何時までたっても隠居できまへん」

2010年10月14日 (木)

老婆心=老爺心

辞書にないから仕方なく「老婆心」も使ったが「老爺(ヤ)心」が何故ない!

『不必要なまでに世話を焼いてしまうのは、爺だって同じだ。』

今日も訪問者が延べ6人。・・・気持ちの半分はダンボにあっても、もう半分はテルテル目当て。

また、テルテルも客が大好き。それもお初にお目にかかったらドジョウみたいな尻尾を千切れんばかりふって歓迎する。

先ず、義妹が来た。無類の犬好きだが愛犬を亡くして懲りたのか後継ぎは我慢している。

http://hirosi-dambo.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_e206.html

次ぎにボランティア仲間の「叶わん姉妹」

この姉妹は叶姉妹と違って3人組。

口には自信のあるダンボが叶わんという賑やかな面々だ。

テルテル、その中初対面のIさんに大サービス。

もう一人のIさんにも、2足歩行のデモストレーションして喝采を受ける。

002

次ぎに長女が来た。

その頃から雲行き怪しくなる。

「父ちゃんテルテル熱いで」

「え~~、こんなに元気でメチャメチャ食べるのに・・・シャンプーしたせいやろか?風邪うつしたんやろか?」

そこへ、義妹が「兄さんの晩のおかず差し入れ」と、ヒラメの造りをもってきてくれる。

そして、抱くなり「テルテル熱あるんと違う?」

「え~、どうしょ」

「犬はグタッとなったらしまいやで」妹は心臓が止まるような言葉残して帰ってしまう。

居ても立ってもいられるものか!病院へ電話した。

「7時半までやってます」

返事聞いて飛び出した。運転手は長女、この子何時までも妹の面倒みる運命だ。

「仔犬の熱は39度あっても異常ありません。38度2分ですから平熱です」

テルテルを撫でたりさすったり、この先生ますます好きになる。

看護師さんもテルテルに鼻舐めさせている。

胸のつかえが下り、心の曇りが拭われ・・・ダンボ シアワセ!!!

調子にのって

「爪切ってもらえます?耳みてもらえます?」

嫌な顔一つされなかった・・・・ダンボの注文通りになった。

「えっ10割負担で?」

¥525の領収書みて思わず声が大きくなった。

「よかったね、よかったね~テルテルまたこようね」

横から長女が口をはさむ。

「そら、困るで」

げに厄介なのは「老爺心」である。

2010年10月13日 (水)

白秋を赤に

秋の季節の色は「白」

誰が決めたか知らないが、言い得て妙。

ダンボの昨日が白だった。空白の秋、白けた秋。

無気力、虚脱感、に浸っていた。

テルテルの慰め顔も効果なし。

038_2

夜、サッカーで気力が湧いた。

野球党のダンボでも、今のジャパンの試合には力が入る。

短期間でよくこれだけ変われるものだ!監督はそんなに凄いのか?

一念発起!よし!明日は!

「卵かけご飯を食べる」! この飛躍?この発想?

 

炊飯器のタイマーを6時にセットし、朝ゴハンを食べる(朝メシではない)

006_2

自家製のキュウリとオクラの糠漬け。

納豆の薬味は娘に教えて貰ったラー油「舞妓さんひぃ~ひぃ~」これ癖になる。

飯茶碗はカミサンとドライブして買った常滑焼。オットまた白い秋になりかける。

仕上げに風呂に湯を張って下半身浴40分。

この悦楽を独り占めはイカン。

テルテル我が家に来て初めてシャンプーする。

ショップで経験しているテルテルは予想ほど嫌がらなかった。

もっとも、怖くて首から下しか洗えなかったからか?

写真を撮りたかったが、ダンボ蛸じゃないから無理。

心地よくなったテルテル、畳の上でオシッコした

お仕置きで閉じ込め、記事を書きはじめたら

また、ヒヨが訪ねてくる。

012 014_2

よし!

今日は赤い秋にできるかも?

2010年10月11日 (月)

テルテルの独り言

Photo テルテル我が家へやって来た。

「ペットショップのおねぇ~チャ~ン」

2

「まっ なんとかなるでしょ。わたしO型やもん」

3

「ほら、もうウンコでたし」

4

「これ、どこのミネラルウォーターやね?」

5

「もうチョットセンスのええオモチャなかった?」

7

「お肌荒れてる~~、生活乱れてへん?」

11 10

「私、居眠り得意なの・・・ホラ!」

ああ、ダンボの周りは平和です。平和ボケしてます。

2010年10月10日 (日)

一喜三憂

「いや~~~ぁぁぁx=△○◎・・・テルテル!賢い!賢い!かっこいな~」

感激で声が震えた。

ケージの戸を明け離しておいて遊ばしていたら、テルテルが自分でケージに戻りトイレでオシッコしたではないか!

これで感激しなかったら子育て未経験者だ。

何やかやいっても、テルテルは生まれて未だ2ヶ月と10日。

人間でいえば2歳の赤ちゃん相当だろう。

人間なら、まだオムツつけてウンコもシッコも失敗するのが普通。

なんとか一人で食べても、こぼしたり・残したり・ひっくり返したり。

テルテルはひとりで食べるどころか、皿を洗う必要ないまで舐めて綺麗にする。

その間30秒とかからない!

親孝行娘を

涙流さんばかりに絶賛したのに?!?!?!???

その日のうちにテルテル2回も外でオシッコたれた。

な・な・な・んと。その内1回はダンボの敷布団の上。

80の手習いで読み始めた「育児書」で、

017

問題解決法探るものの・・・・

書いたの何所のどいつや!と額に青筋立つほど不可能な事ばかり。

1回喜ばせてくれても3回も4回も心配させムカつかせてくれる。

「心配せんでもええよ」とばかりダンボの顔を見つめるが・・・・

004

今日も変わりないテルテルでした。

001 007 013

2010年10月 9日 (土)

10割負担

カミサンが亡くなったら保険証(後期高齢者医療被保険者証)の切り替えがあった。

同一世帯収入が、現役並みということで3割負担だったのが1割になった。

カミサンの喜ぶ顔が見られないのでチットも嬉しくない。

住民登録してないが新しく家族になったテルテルは、扶養家族であってもどうだろう?

病気はしていないけど予防接種が必要だ。

市内の獣医さんを徹底調査。

徒8分の病院を避けて(イマイチ評判が・・・・?)車で15分の所へ長女に運んで貰った。

箱に入れたテルテル大暴れ。後部座席でダンボが抱っこしたら、外見てキョロキョロご機嫌だった。

病院は空いていた。

案の定、内弁慶のテルテルは置物みたいに大人しくなる。

先生は中年の草食系男性。取って食われそうな肉食系でなくてホッとした。

「フィラリアの予防も一緒にしておくと安心ですけど・・・」

先生の勧めを勿論、OK!

金に糸目をつけるようなダンボじゃねぇ!

先生が勧める訳が直ぐ分った。

コーンビーフみたいな餌の中にフィラリア予防の白い丸薬を埋め込んでテルテルの鼻先に置く。

食い意地はったテルテルが夢中になっている間に背中にワクチンの注射針が刺さるという展開だった。

テルテル何も感じなかった模様。

写真入りの診察券を渡して貰って・・・会計は?

Photo

初診料込で¥8,610

予め調べてあり、適正価格で安心する。

でも、ダンボだったら¥810か!

やっぱり、1割負担はありがたい。

2010年10月 8日 (金)

我が家のドッグラン

もうテルテルのエネルギッシュな動きに81歳はついていけない。

調子こいたテルテルは、猛スピードで畳部屋と廊下の周回コースをブッ飛ばす。

動体視力が衰えているダンボには、ゴールデンキウイが空中を飛んでいるとしか見えない。

その姿をカメラで狙っても、テルテルが犬に映らない。

youkoさんに「フローリングに何か敷かんと滑って捻挫するよ」と忠告された。

義理の妹に頼んでおいたのが、今日届いた。

甥が廊下に並べてくれ、滑り止めの敷物が廊下の半分を覆う。

002

003

あ~ん・・・我が家で最高のフローリングの床なのにィィィ・・・・

テルテルは施工してくれた甥に最高のサービス。

001

早速、テルテル走り易くなったコースで加速する

そして、畳のところで滑って転んだ。

ドジ!

癒しの間だった離れが、いつの間にかドッグランに変貌した。

近所の小型犬も一緒になって遊べ!

ダンボ少々ヤケクソになっている。

2010年10月 7日 (木)

2ヶ月と20年と2週間

カミサンの月命日。

2ヶ月が過ぎた。

気が遠くなるほど月日がたったようで、つい数日前までここに居たようだ。

011

カミサンに関しては時の流れが完全に乱れてしまう。

昨夜、長女もそう話していた。

いつまでも身近なのは、濃密だったこの20年間のせいだろう。

若い時、別方向を向いていた夫婦が、やっと目線を絞り暮らしを共有した。

004

互いの努力の結果とか愛の力とか、言われてもピンとこない。

自然の成り行き、ラッキーな出会いだったんだ。

同じように時間感覚を狂わす主人公が今我が家を徘徊しはじめた。

テルテルが我が家に入って、たった2週間。

入居直後は、後ろ脚をケージに残してしか出られなかったのに。

この2週間で、あれよあれよという間に縄張りを広げてしまった。

042 032 006 008 027

テルテルの2週間は、目まぐるしいほど速い。

ナンカ文句ある?(テルテルのつぶやき)

013

2010年10月 6日 (水)

10/6ランチ

家で昼飯食べるのにナニがランチ?

理由はこれ!

014

独居向け生活革命を目指し生協で買った。

袋から出して皿に置き。

016

ラップかけてチンして

017

ハイ!   ランチ!

包丁も俎板も鍋も要らない!

気分は味気ないけど、ランチの味はマアマア・・・・

ままごとみたいだけど、お腹はそこそこ膨れた。

お待ちどうさま。

今度はテルテル

019 020 021

食後にサプリ なめ舐め  ランチの終わり。

023

テルテルはダンボの100倍も喜んでランチする。

ハンセイ

2010年10月 5日 (火)

刷り込み

「父ちゃん、この汁で大根炊いたら美味しいで」

と、三女が帰る時、ビンに入れて残した煮汁。

先日youkoさんが差し入れてくれた「豚の角煮」の残りだ。

カミサンが台所に立っていた時、煮汁を捨てないで次から次ぎと別の食材に使う。

「何もかも同じ味になるやん!」とダンボ反対していたが、三女も父親の尻馬にのって文句たれてた筈?!

その子が母親に似てきた。

刷り込みは怖ろしい。

かく言うダンボも・・・・

気分のよい時、カミサンは流しに立ったら必ず三角コーナーや排水口の網をたわしでゴシゴシやっていた。

今。ダンボ、気付いたら同じことをしている。

引き出しに洗ったスプーンやフォークを無造作に放り込んでいたのに・・・カミサンのように分けて入れている・・・?

カミサンの刷り込みで、三女の言葉通り大根とニンジンを煮た。

八角の香りのする中華風大根煮。

掛け値なしにウマイ

013

残り汁を馬鹿にできない。 

カミサンどっかでニンマリしてるだろう?

さて、テルテルに何を刷り込もうかな?

021

「お前はブルドッグ!最強の番犬だぞ~~」と催眠にかけてやろうかな。

2010年10月 4日 (月)

テルテル離れ

1にも2にもテルテル・テルテルの今日この頃。

でも、ダンボはそんな一途でもない。

大阪地検特捜部に呆れかえるし、隣の国の横車にも腹が立つし、矢野が可哀相だし・・・

いろいろ感じ考えるが、それを言う(書く)ゆとり無いだけ。

でも、

ほんの些細なことだけど、今日はテルテルからチット離れる。

★9月29日、カミサンの植えた朝顔を見てボンヤリしてしまった時。

テルテルの他に慰問してくれた鳥がいた。

距離でいえば10m未満。何時もは逃げ足の速いヒヨドリが珍しく写せるだけ長居してくれた。

010 011 

012

013

懸命に餌を漁っている姿には見えなかった。

ダンボ頑張れよと話しかけている。

★玄関前の観音竹の鉢にいつの間にか同居人が!

004

軒貸して母屋取られたみたいに竹が小さくなっている。

一体お前は!・・・どこのどいつや!

あまり大きな顔してるので切るに切れなかった。

庭木を剪定してもらった人に「これ桐の木ですわ」と言われて

「?」・・・・・

「どっから来たんや?」

Photo

茫々の密林が開墾地みないになった隣の敷地を見て謎が解けた。

2010年10月 3日 (日)

劇薬

ダンボの癒し薬は言わずと知れたテルテルだが、孫達も立派な癒し手となる。

ところが、この薬二つ合わさると劇薬になる。

金曜日から三女が二人を連れてやって来た。

長女も合流。

家族が3倍増になった。

戸惑うかと思ったら、テルテルその逆。

股間に平等に座り込み、親愛の情むき出し。

皆はメロメロに・・・・

008   

こいつ、営業できる。

011

019

021

RYOやYUを操って檻の戸を開けさせる。

外出時間が増え、テルテルは自由の味を覚え始めた。

土曜にはマコちゃんが来る、日曜にyoukoさんが疾風のようにやって来る。

みんなに抱かれて頬ずりされて・・・・・

あ~~~~テルテルの人格?(犬格)変わりそう。

癒し薬が劇薬になった副作用でブログも1回休み。

寝込みそうだ。

2010年10月 1日 (金)

離婚して養女に

テルテルが我が家に入っても、ダンボは朝食の質を落とさない。

今朝は「トースト・八朔マーマレード添え」「巣籠り卵」「ホウレンソウ・マヨネーズ和え」「蒸し野菜・ジャガイモ・ニンジン・タマネギ・キャベツ・丸ままニンニク」「カフェオーレ」

002

ほとんどは作り置きだけど、手抜きせずに楽しく食べる。

片やテルテルは、頼りないほど単純。

4時にドッグフードに水を加え、ふやかして6時に出す。

そんなモノをテルテルは「フ」鼻鳴らし皿を時計回りに回りながら15秒で完食。

ダンボの伴侶として、未来永劫共に食事を楽しめそうにない。

それに、愛情表現が過激である。

015 009

遊びの後はベッタリひっついて離れない。

横になったら顔に向かってキッスの雨霰。

甘噛みを通り越して、歯形をつける。

股ぐらに顔突っ込んで、「ここ掘れキュンキュン」と犬掻きする。

もう男を喪失したダンボでも刺激が強すぎる。

数えあげれば妻として適性を欠くことおびただしい。

そこで、家庭裁判所にはだまって、ダンボ

「離婚宣言」することにした。

しかし、家から出て貰ったらダンボの癒し手がなくなる。

改めて「養女」とし、四女として迎え入れる。

019

知ってか知らずかテルテル、顔色一つ変えない。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ