« ブログがリアルに | トップページ | 風格は何故? »

2010年8月 8日 (日)

我が家の女王様

ほぼ1年前。ステージ4の膵臓ガンを宣告されたカミサン。

一時は落ち込んだが、驚異的にに効いた抗がん剤「ジェムザール」で、痛みのない生活ができ徐々に女王の座を復活させていた。

肝心カナメを握り、適当に家族に寄りかかり支えさせる。ダンボには出来ない芸当で、不動の存在感を維持していた。

我が家のイベント。お正月・還暦・古希・喜寿・傘寿等の祝い事。結婚50周年記念日・家族旅行・・・etc

常にその真ん中にカミサンが居た。

女王様の救いの神「ジェムザール」が、突然死神に変身した。

死因は「薬剤性間質性肺炎」

7月26日朝、第二O病院に駆け込んだら医師が「こんな状態の人がよく歩いて来た」と首をひねるほど肺が侵されていた。

即、入院。

それでも、2日間は元気だった。よく喋り病院食を平らげた。(後で聞いたダンボは日頃の努力は何だったか?とガックリ)

ステロイドの効果がみえない3日目からは急坂を駆け下りるように病状悪化。

苦しむカミサンを見かねて、モルヒネ使用を頼んだ。

008 こん睡したカミサンがそれでも11日間耐え抜いたのは、一時もカミサンから離れず手足をさすり、耳元で歌い、思い出を語りかけて見守り慰めた近親者の愛だと思う。正に我が家の女王様だった。

ジョギングするくらいの拍動を続けた心臓が弱りはじめ、80~60と落ちていった。

ステーションでモニターを見ていた看護師さんが、「止まりました」と知らせにくるまで、分からない。

薄眼を開けたが、引きとった息もハッキリしない最後だった。

我が家の女王様に代われる王様になる自信はないが、

このショックから抜け出す一つとしてブログは必ず再開する。

暫くの休養をとってから・・・・(ご心配かけました)

« ブログがリアルに | トップページ | 風格は何故? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の女王様:

« ブログがリアルに | トップページ | 風格は何故? »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ