« 思い出引き出し・旅編6 | トップページ | やはり晴れがいい »

2010年6月11日 (金)

政治と金

「また同じこと言うてる。もっと大事なことあるのと違うの!」

政治に疎いカミサンまでがテレビから『政治と金』のニュースが流れると厭き厭きしてぼやくようになった。

政治家が金に潔白であって欲しいのは当然だが、その不透明さを囃したてるマスコミは官房機密費から甘い汁を頂いてたと噂されるし、自民党の先生方の口から出たら『金の要る政治風土を築いたのは何処の何党や』とツッコミたくなる。

千人切りしたと豪語する色事師が、結婚相手の男出入りが激しかった白無垢の花嫁に「お前ヴァージン違うやんけ!」と、ケチつけているようで苦笑する。

Tanaka_19731 (自分で分からんのやろか?)

※写真はWikipediaより

でも、政治に金のかかるのは先生のせいだけではない。

「金一封持って来ん議員なんか、来んでもええ!」と区民運動会で豪語した役員。

選挙となれば事務所に通いつめ三食酒付きで何もしないオッサン。こんな市民が、何年か前まで健在だった

民主党の低迷は、「政治と金」&「普天間」と口煩いが「普天間」と同列に並べるなんてアホちゃうか!

ことの大きさの違いが分からん奴らは、皆からソッポ向かれて当然だ。

政治と金にそれほどこだわるなら、大新聞各社、大テレビ各局は得意の世論調査をしたらどう?

☆政治と金の問題を追及している政党は清廉潔白と思いますか?

☆国会審議で最重要課題は「政治と金」と思いますか?

☆国会会期を延長し税金を使っても「政治と金」問題を明らかにする必要があると思いますか?

ついでに

☆また自民党政権に戻って欲しいですか?   も知りたいもんだ。

この記事をUPした後、こんなサイトを見付けた。記者や評論家に政治家から金が流れているのは噂ではない。時間のタップリある方におすすめ・・・

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/673

« 思い出引き出し・旅編6 | トップページ | やはり晴れがいい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

政治と金。かつて私の故郷徳島は阿波戦争と呼ばれるほどお金が飛び交う選挙戦が行われていました。三木武夫元総理と後藤田正春氏の一騎打ちでした。三木氏はお金にはきれいな方のようでした。選挙に走り回っていた父が三木は金が無いと言っていましたから。結局後藤田氏のほうが最後は票が上回っていたと記憶しています。お金のあるほうにつくのは日本の伝統みたいなものでしたね。今も地域に貢献した人が当選しやすくなっています。やはり、橋元氏の言う地域主権は大切でしょうね。でも、能力の無い人を知事や市長にするととんでもないことになるのでは・・・ダンボさんのブログからクリックして田原氏と上杉氏の対談などを読みました。面白かった・・・です。

「政治と金」じゃなくて「政治は金」の時代が長かったので全国民が麻痺してましたね。
完全に毒をぬくのには、まだ何世紀かかかる様な気がします。
まず、何よりも公の情報公開ですね。これなら、もっと早く実現できると思います。
ほんと、時を忘れて語りたいですねcockieさん

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政治と金:

« 思い出引き出し・旅編6 | トップページ | やはり晴れがいい »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ