« 冒険してます | トップページ | ホテルとは? »

2010年3月24日 (水)

帰還・・感激!

冒険の旅は無事終わった。

Sドクターの「貴方が生きているうちにしたい事は?」の発問が発展した出来事。

カミサンにとっては大きな飛躍だった。

子ども達とその家族が協力してくれたから実現したイベント。

長女が「こんな集まりは絶えてなかった、強いて言えば25年目ぐらいかな~」と述懐していた。

しかしながら、何回かのトラブルに見舞われる。

ホテルでのチェックイン。宿泊日を変更したのに訂正されておらず24日からとなっていた。

フロントが平謝り。続き部屋2つ準備するまでラウンジで待たされた。お詫びのしるしは好きなドリンク1杯ずつ。

いよいよ、夕食の時刻になったら、3女が腹下し・・・・ホテルで正露丸を用意してもらったが止まらない。

他の兄弟から「ノロウィルスかも?お袋にうつしたら大変や」と冷たされテーブルにつかず部屋で寝ることになる。

カミサンに合わせ和食コースにしたが、皆京都で暮らした者ばかり。超はつかなくても「そこそこの料理屋」で「そこそこ京懐石」を知っているから、高得点はつかずケチがつく(タダ食いの癖に)

002_2

3女には「梅雑炊」を注文しルームサービスを頼んだ。

コースの終盤にメールで「食べた?」と聞いたら「完食」・・安心する。

極めつけはバスルームの出来事。

カミサン一人で入ってキーロックした、嫌な予感が的中。

あまりに時間が長いので息子が声をかけたら、バスタブから出られないと中から声がする。

フロントに連絡し、鍵束持ってホテルマンが駆け付けたのはよかったが、総ての鍵が合わない。

ホテルマンが携帯で「ボイラー室に・・」と、訳分からんこと言いながらアタフタしてると3女が尖った鍵で鍵穴を強く押したらカチッと開いた。

床に膝付け汗かきかき感謝され「24時間御用があったら・・」と言われたらこちらも「御苦労さま」しか言えない。

何時001_2に寝たか記憶にないくらい皆が喋った

朝ご飯は歴史で覆われたダイニングルーム三笠で摂る。

5人が「茶粥定食」。カミサンとダンボはリピーターだ。

これは好評。独り洋食にした2女が浮いてしまった。

息子が先に帰るので、ホテルの前で記念撮影。

ドアボーイならぬドアガールが撮ってくれたが慣れたもので人物と背景のバランスがよい。

Photo

帰り道、カミサンの主治医が「心身健康のお守り」があるからと勧めてくれた「新薬師寺」に立ち寄った。

行って正解だった。http://www.k5.dion.ne.jp/~shinyaku/about.html

半眼でないパッチリおめめ開いた薬師如来のお顔は初めて。何とも優しく親しみがある。

005_2

元気のなかった3女がシャキッとなった!

周りを守っている12神将もニュニークでお堂の中はオール国宝のようだ。

皆、急に信心深くなった。

お互いお守りをプレゼントしたり蝋燭灯して祈っている。

奈良の最後に、「ならうどん」でお昼。

カウンターに並んだ娘達を前にご主人大張り切り。手も口も良く動かして飛び切り旨いうどんを出してくれた。小鉢の「鶏味噌」を注文したら中鉢量?のサービスで気分よく家に帰った。

「疲れた」は連発してもカミサン寝ていない。

ダンボは娘に任せて昼寝・爆睡!

冒険は大成功! 飛べたカミサン。後は羽ばたけ!

« 冒険してます | トップページ | ホテルとは? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おかえりなさい
大きな飛躍 よかったです
5人じゃなくて6人だったんですね、せんせ自身も入れて。
きのうの記事を読んだ時点では兄妹4人のうちだれが一人行けなかったのかなあぁぁぁなんてこと考えてました
文字どおり親子水入らずの素晴らしい冒険。得難い「時」でしたね。
(それにしても3女ちゃん、こんなときにお腹痛にならんでも 隔離されて梅雑炊とは
記念写真、雨降ってないですね。降ってない時間もあったんですね、よかった。
この冒険をきっかけにどんどん羽ばたいてください

トラブルも思い出の一つ。良かった良かったって自然に笑みが出てきます。こんなに良いこと出来るダンボさん、本当に感謝ですよね。良かった良かった。

奈良生まれの母は「奈良には美味しいモンないけど、茶粥だけは別」…が口癖でした。
新薬師寺は大好きなところです。
十二神将のバサラが好きなんです。
ダンボさんが貼ってくださったリンク先、見てきました。
あれって、全部干支になってるんですね。
自分の干支の神さまのところを見たら、ハンサムだったので嬉しいです!
三女さんが元気になられたのも、薬師如来さまのご加護かしらん。
なによりも、奥様が飛べた!というのが嬉しいですね。

>皆、急に信心深くなった。
わたし、こういうの信じる方です。
神様のご加護がありますように…

ぽこさん。想定外の事が起きると、喜びと同じくらいビクビクする私。羽ばたかんとのたうつのではないか?・・・でも、まあ今のところ食欲が落ちているだけで経過してます。
クヨクヨして私の免疫力低下したら大変ですから・・・ブログも発散型でいきまっせ。

chikoさん、ありがとう。 人間欲が無くなったらお終いだ~。その点ではダンボはカミサンに負けますから・・・・お付き合いして介護し長生きします。

HANMEさん。ホテルの茶粥は洗練されて美味し過ぎでした。姉が奈良の北山に嫁いだので、本場の茶粥を知っていますが戦時食と似てました。
新薬師寺は創建当時は凄い大伽藍だったそうですね。品格があるくせに親しみやすい空間で癒されました。それぞれ自分の干支の大将に蝋燭をあげて祈ってました。ご利益授かる気になりますよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰還・・感激!:

« 冒険してます | トップページ | ホテルとは? »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ