« 4年の輪 | トップページ | 得手・不得手 »

2010年2月 5日 (金)

やっとまともな新聞に・・

「販売店のお宅は好きやけど、扱ってるY新聞嫌いやね。」

11月からの購読契約更新にきた販売店主にいきなりぶつけた。

Y新聞の片寄った報道に頭から湯気を立ていた。

『と思われる・・』『・・・に違いない』等、小説でもあるまいに記事に登場する諮意的な言葉が多すぎる。

「インターネットで読んでたら、日経が一番ましな気がするんやけど・・」

「日経ならウチ扱ってますし、1週間ほど入れます・・・」

と、いう訳で日経新聞が届けられるようになった。

そして今朝。

小沢幹事長不起訴!

Photo聞の差が歴然と現れた。

Y新聞は1面の70%、2・3面の95%、社会面の半分を、小沢氏と民主党攻撃に費やしている。

Photo_2して、これだけ世間を騒がせた検察側の責任については、社説の一部に申し訳程度(赤い部分)に書いてあるだけ????

一方、日経は1面(赤い部分)に大きく、立件できない検察の責任を突き、公正だったか説明責 任を求めている。

Photo_3 社説もまた、ほとんど同じ大きさで両者を論じているのが良識を感じさせた。(青が小沢氏・赤が検察)

やっとまともな新聞に出会った気がした。

Y新聞の契約を破棄してどんなペナルティがあるかしらんけど決断の時がきたようだ。

※マスコミは権力に迎合すべきでないし批判的であれとダンボは過去の経験で痛いほど感じている。でも、権力は政治だけでない。今の政権によって地位が脅かされると危機感をもつ検察も民意の届きにくい強大な権力なのだ。

« 4年の輪 | トップページ | 得手・不得手 »

ニュース」カテゴリの記事

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ