« ガンとストレス | トップページ | 癒し顔 »

2010年1月11日 (月)

bonの版画

久しぶりに・・・本当に久しぶりにbon君からメールが入った。

版画を続けているらしい。それも、同じテーマを執念深く。

http://hirosi-dambo.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-d5ed.html

今日のブログは無断だけど、彼のメールと版画の作品にする。そして、100字の禁を破る。きっと許してくれるだろう。

 

 

 『さて先生に見てもらおうと今回添付しています銅版画ですが、昨秋のグループ展に出品していました。
 
 その会場で日系二世とかの若い亜米利加人夫婦が私の絵の前に立ち止まり何かを話していました英語で。グループの仲間が「その作者は此処に居ますよ」とかなんとか云わんでもええのに指差しよりました。
 彼等は私に何かを喋ってきたのです英語で。日本に来るなら少しは日本語を勉強Photo して来いと言いたかったのですが云いません。
 相手の片言の日本単語とこちらのハチャメチャなブロークンな英語と電子手帳とでわけのわからん会話が始まりました。どうやら相手さんは絵のタイトルのことを知りたがっているようです。「絵とそのタイトルとは無関係だから気にしないように」と云っても通じず終いには「哲学と宗教の世界が描かれているのか・・」などと恐ろしいことを言い出していたようで、そんなことは日本人同士でも説明できまへんでアメリカの兄ぃちゃん。
Photo_2  最期はこちらから言いました、「貴方達は絵が気に入っているのかそれともタイトルに興味があるのか?」ややあって「絵に魅かれている」という返事。「よっしゃ OK right good fine!」 と熱の入った?会話のようなものを終えました。
 結構おもしろかったのですが、少し考えさせられました。と言いますのはこの絵のタイトルは「沈黙の狭間」としています。なまじ思わせ振りな表題であるのかもしれません。「作品 P」 とか 「無題」 とかでもよいPhoto_3 のかも知れません。 でも この「沈黙・・・」シリーズは今暫く続けるつもりです。』
 彼がこんなに美術に興味をもったのにはダンボも一枚かんでいるようで、その前置きもあったが割愛する。
 アンリ・ルソーの例もある、ガンバレ日曜画家bon
 

« ガンとストレス | トップページ | 癒し顔 »

文化・芸術」カテゴリの記事

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ