« そろい踏み | トップページ | ゴジラに負けた »

2009年10月 2日 (金)

音韻連想

 週刊朝日のお気に入りページに『弘兼憲史のパパはニューギニア』がある。

 ある言葉から、似ている音で別の言葉を連想する遊びで「音韻連想」というらしく、中年おやじがたいへん好むらしい。

 オッと後期高齢者のダンボも大好き。

 作品は公募で10月2日号の入選作は次の三つだった。

松『マイケル・ジャクソンまあイケる寂聴

竹『やくみつる薬密輸

梅『ちびまる子ちゃん乳首真っ黒じゃん

001  全然別物だが、同じくダンボのお気に入りの『てんとうむしだより』が届いた。

 幼児園の園長先生手作りの園だよりは、老化の一途をたどる脳のオイル交換をしてくれる。

 笑って免疫を高めてもらいながら、次のに惹かれた。

 ☆虫かごをのぞきこんで・・・怜也くん「ちゃわんむしいっぱ~い」 ※タマムシのことです。

 

 幼児が「音韻連想」してる!

 ダンボも急に挑戦したくなった。早速三つ作って週刊朝日に応募することに。

 エへへへ

 公表は後程。

« そろい踏み | トップページ | ゴジラに負けた »

趣味」カテゴリの記事

コメント

さて!センセのは入選するでしょうか楽しみです

幼児はほんとにおもしろい言い間違い、「音韻連想」しますよね~~
忘れてしまったのが惜しいけど、ウチの息子もいろいろありました。
あのころパソコンがあったら、ブログっちゅうもんがあったらなあぁぁと思います

うちの二男3才頃の名言(迷言)馬の耳にねんど そら聞こえんわ!!でも粘土でも良いか? お向かいのオランダ人のご主人が インターホン越しに片言の日本語と共に名乗られると「○○○デヨンです」が 「○○○でやんす」に聞こえます 奥さんがスペイン人でお友達がペルー人時々我が家でご飯食べ会するんですがなんとか 通じてると 気合で話してるけど お互いに聞き間違いと誤解が飛び交ってるんやろなぁ 経験と想像とひらめき駆使してます。 

私の脳みそは完璧オヤジ化してますので、こんなん大好きです!
タイトルのパパはニューギニア・・・は、ひょっとしてパプアニューギニア?
ダンボさん・・・公表、じらさないでねぇ~

ぽこさん、ほんまですね。家もRYOとYUと一緒に暮らしていたので、珍言・迷句の宝庫だったのに・・残念です。
今日のブログに書きましたが、後であそこの音はこれだったのに・・と時がたつに従って駄作に自信がついてきます。

youkoさん、「馬の耳に粘土」は傑作。意味がちゃんと通っているのがニクイ。流石に「親の子」ですわ。
母がダジャレじゃ師を凌いでいますからね。
それとも、グローバル化したご近所の影響かな?

HANMEさん、鋭い!その通り「パプアニューギニア」でした。
今は単行本を読むゆとりが無いので、「週刊朝日」を病院に行く度に買っていますが、ホントに中味が豊富で読みごたえあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音韻連想:

« そろい踏み | トップページ | ゴジラに負けた »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ