« 置き場所 | トップページ | 見出しは書きよう »

2009年9月22日 (火)

遠吠えピエロ

 「ビートたけしのTVタックル」は必ず視ていた番組ではない。

 しかし、ドラマの不振は目を覆うばかり。裏番組の月9といえど例外ではないので良く見るようになった。

 真面目な政治討論ではなく分類はバラエティショーだから気楽に見られるし、笑ったり思い切り悪態をついても良心の呵責はない。

 でも、貴重な時間が総て浪費される訳でない。

 「たけし」が意表を突いたり「大竹」が庶民を代弁するコメントに拍手喝采できる。

 話がエキサイトした時「阿川」の頭から水をかけるような仲裁も芸術的で見ごたえがある。

 昨日放映されたTVタックルも全部でないが視ていた。

 最高に驚いたことが一つ。

 民主党のマニフェストが財源無視したバラマキだ!と選挙戦中、耳タコで聴かされ続け、今もその印象が拭い切れない。

 ところが!ゲストの民主党「川内博史」議員の出したフリップでズッコケタ。

 http://blog.goo.ne.jp/kawauchi-sori

 ズッコケの原因は上のURLにアクセスしたら詳しく出ている。

 最高に笑えたのは後半にゲスト出演した元産経新聞記者のYS。一人熱くなって民主党政策を大声で貶すこと貶すこと、最初は腹が立ったが何分かたったら可笑しくなってきた。

 周りの誰一人同調もせず白けた顔をしているのに、自分に酔って気付かない。隣のM教授が茶々をいれてなだめたり、阿川が司会者権限で押さえても、YSはKYで最後までイキっていた。

 彼がこの番組を録画していて後で見たら、どう思うだろう?

 ダンボなら間違いなく東京タワーから飛び降りたくなる。

 番組を「お笑い味付け」する『遠吠えピエロ』としての起用なら、プロデューサーの才能に脱帽する。

« 置き場所 | トップページ | 見出しは書きよう »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠吠えピエロ:

« 置き場所 | トップページ | 見出しは書きよう »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ