« ドキドキ二題 | トップページ | 今日という日が終わる »

2009年9月16日 (水)

反対!小天狗製造所

 国会が開かれた。

300pxkokkaigizidou1  登院する新人議員の姿を見ていると、初々しく頬えましいが、4年たったらどんな顔になるだろうと興味が湧く。

ウィキペディアの写真から

 与党議員様を4年して人間が変わらない人格の持ち主は希少だろう。

 バッチをつけた途端、世の中何もかも変わる。

 来賓になって胸に大きな花をつけてもらう。通される部屋が違う、座る席が違う、出されるお茶が違う、相手の言葉が変わる、昨日までの自分と同じなのに世の対応が変わり、特権が後から後から降ってくる。

 日本はまだ人間より肩書きを尊重する社会だ。

 これだけチヤホヤされて、人格の歪みなく、謙虚を貫き通せる人間は政治家でなくても数多くない。

 その既得権に執着する政治家ほど普段はふんぞり返っている癖に選挙になったら土下座までする。笑わせる。

014_2  民主党の新人議員143人も多くが天狗になって人相が変わるだろう。

 小泉チルドレンのスカタン議員がスカタン発言をしてガッカリさせたから、民主党はその轍を踏まないように研修させているという。

 頼みまっせ!国会を小天狗製造所にしないで、国民の幸せから目をそらさない政治家の養成所にしてほしい。そして、何よりも清廉であれ。

 自民党の負の遺産を思い切り相続したのだから、前途多難は分かるけど選ばれた以上何かの結果をだしてくれ。

 鳩山内閣の顔ぶれは、半分以上納得した。

 未だかつて、これ程閣僚人事に興味をもった例はなかった。

 

« ドキドキ二題 | トップページ | 今日という日が終わる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「清廉」ですか…死語にならんといて欲しいです。
このお面の画像、面白いですね。
ダンボさんのコレクションですか
こんなん廊下にあったら、夜中、おトイレ行けへんかも…

 わざわざダンボが「清廉」を付け足したのは、政治家の絶滅危惧種だと思うからです。

 面は「壬生狂言」観賞の折、舞台下の楽屋にあったのを撮影しました。室町時代のもあるそうで京都の歴史を感じました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 反対!小天狗製造所:

« ドキドキ二題 | トップページ | 今日という日が終わる »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ