« 高いね、水が | トップページ | 到着したけど・・・ »

2009年9月29日 (火)

はんなり

 「はんなり」は、マイブログにあまり登場しない語彙だ。視覚・聴覚・味覚にいう、落ち着いたはなやかさを持つさま。上品に明るいさま。(広辞苑より)

 

 「これやったら、T先生(カミサンのこと)が食欲なくても、口から入ると思うし・・・」

002  わざわざ京都駅のデパ地下で買ってプレゼントしてもらった菓子、和久傳の「西湖」に久しぶりでお目にかかった。

 親戚が法事で和久傳から出前を取ったら、おまけでデザートに、れんこん菓子「西湖」をつけてくれ食べたのが初めてだった。

 その時は、ワイワイガタガタしていた、物珍しさが先に立ち美味しさをじっくり味わえなかった。

 贈られたのはカミサンでも「センセが身体こわさんといてやー」と言い残してくれた言葉が消えないうちに、私もお相伴にあずかった。

003  今回は、目で味わい舌でゆっくり味わった。

 笹の葉を剥がして現れる、れんこん菓子の姿は「はんなり」とは無縁のようだが、その色艶が美しい、鼈甲色に光っている。

 口に入れたら「はんなり」としか表現できない甘さが広がり、溶けていく。

 グルメレポーターだったら首になるだろう。黙ってひたすら後口の良さに浸っていた。

 温かい気遣いの甘さも一緒に・・・・・

« 高いね、水が | トップページ | 到着したけど・・・ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はんなり:

« 高いね、水が | トップページ | 到着したけど・・・ »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ