« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

到着したけど・・・

 待ちかねたホームベーカリーの到着。

004  置き場所がまだ決まっていないが、とりあえず箱から出す。

 デザイン的にはもう一つだが、ボタン表示に訳の解らん横文字が使っていないので助かる。

 さて、床に置いてもよいから試し焼きするか

  いくら男でも、パンを焼くのにイーストぐらい必要なのは知っている。梱包の中に1回分ぐらいのドライイーストが付属していると思って箱をひっくり返してみたが無い

 甘かった。

 ケイタイに充電コード、デジカメに小さいメモリーカード、パソコンにバッテリー・・・・直ぐテストできるように付属品じゃないか

 

 説明書を見て「基本の食パンコース」でも、イーストの他にスキムミルク・無塩バターがいると書いてある!家にあるのは「強力粉」と「塩」と「砂糖」だけ。

 ダンボの無知を思い知らされる。

 こうなったら、ボチボチでんな。

 材料揃え、安定した置き場所を決め、マニュアルじっくり読んでからですわ。

 ホットケーキミックスみたいに、玉子と牛乳で溶かすだけで焼いて食べられる『食パンミックス』が無いもんかな~

2009年9月29日 (火)

はんなり

 「はんなり」は、マイブログにあまり登場しない語彙だ。視覚・聴覚・味覚にいう、落ち着いたはなやかさを持つさま。上品に明るいさま。(広辞苑より)

 

 「これやったら、T先生(カミサンのこと)が食欲なくても、口から入ると思うし・・・」

002  わざわざ京都駅のデパ地下で買ってプレゼントしてもらった菓子、和久傳の「西湖」に久しぶりでお目にかかった。

 親戚が法事で和久傳から出前を取ったら、おまけでデザートに、れんこん菓子「西湖」をつけてくれ食べたのが初めてだった。

 その時は、ワイワイガタガタしていた、物珍しさが先に立ち美味しさをじっくり味わえなかった。

 贈られたのはカミサンでも「センセが身体こわさんといてやー」と言い残してくれた言葉が消えないうちに、私もお相伴にあずかった。

003  今回は、目で味わい舌でゆっくり味わった。

 笹の葉を剥がして現れる、れんこん菓子の姿は「はんなり」とは無縁のようだが、その色艶が美しい、鼈甲色に光っている。

 口に入れたら「はんなり」としか表現できない甘さが広がり、溶けていく。

 グルメレポーターだったら首になるだろう。黙ってひたすら後口の良さに浸っていた。

 温かい気遣いの甘さも一緒に・・・・・

2009年9月28日 (月)

高いね、水が

 我が町の水道水は美味かった。

 京都市内の学校に勤めていた頃、ポットに入れて通いたいほど味に差があった。

 人口増に比例して、水が不味くなっていった。噂によれば深い地中が水源だった井戸水では足りなくなり、木津川から取水したのを買っているとか?

 それでも、あちこちで飲む他の水道水に比べたらマシと思う。

 三女に勧められ発病したカミサンが「水素水」という特殊な水を、飲み始め続けている。

 その水が切れたらカミサンは水道の水が不味くて飲めないという。

 仕方なく生協で水を買ってきた

 水素水に比べたら値段は約15分の1、気兼ねなく試し飲みした。

 ちょっとマイルドかな?と感じたぐらいでアバウトな舌は水道と識別できない。

 安いから無理ないか!などと舌の味方をする。

 水素水が到着したので、余ってきたペットボトルの水でコーヒーを淹れてみた。

 「旨い!」はっきり分かる!

 これは使える、箱買いしたが無駄にならなかった。 

004  茶やコーヒー用、ご飯や味にこだわる煮炊き用に、ジャンジャン使ってやろうとキッチンに並べた。

 高くつきそうだが、乾いた後に白い粉が残る水道水より味が良くなるに違いない。

2009年9月27日 (日)

ハンドルネーム

 バーチャルなブログで遊び心をくすぐるのに、ハンドルネームが一役かっているだろう。

 実像を知っていると、ハンドルネームで「ハハァ~ン」と納得するのが多い。

 稀には「エッ」とたじろぐのが無いとは言えないがこれは非公開。

 その点、レスしてくれる未知の人を、ハンドルネームからあれこれ空想するのは悪くない。

 今年の1月以来レスの途絶えた「HENCKELS」さんなど、どんな男性?と空想の広がるネームだ。

 先日、HANMEさんのブログに登場した「エンゾ」さんが、ハンドルネームと気付かずに、実名を伏せるためのフリカナと思い真面目に辞書で漢字を探すお笑いも生まれる。(如何にダンボが生真面目かの証拠)そもそも、発信元のHANMEさんも英単語にないスペルで謎の女だ。

006  ひろ子はんから、『「OSダンボ」だから大阪の人かと思った』のコメントを前に貰ったから、そろそろ人の事ばかりでなく自分のを・・・・・

 ダンボはプロフィールに書いた通り教え子がつけたあだ名。

 問題のOSは、当初ダンボほど可愛い歳でないのでオールド白髪のシルバーのつもりだった。でも、重ね言葉はどうも芸がないと自分勝手に「Old Special」とか「Old Super」ダンボだぞ~、それか基本ソフトのOSだ~っと独り喜んでいた。

 それを聞いた三女が一言「オールド スケベ―やろ!」

 完全否定できない親の辛さ、ブログへのレスポンスも圧倒的に女性が多いのはそのせいか?!

2009年9月26日 (土)

25%

 尊敬する大先輩N先生の言葉に、こんなのがあった。

 「人に酒を供する場合、新しい瓶の口を『貴方の為に』と開けるのと、瓶に残っている最後の酒を『貴方の為に残していました』と注ぐのとが、最高のもてなしなんだ。」

 喩えとしてはは適切でないが、思い出したのに訳がある。

 国際舞台に立った日本の首相。数か月前は、残りものの酒で大分傷んでいて誰も飲んでくれなかった。

 新しい瓶の口を開け国連デビューをした鳩山首相は対照的に大喝采を浴びている。

 中でも「CO2等排出量について2020年までに25%を目標とする」国際公約はセンセーションを巻き起こしたと言っていい。

 鳩山首相にとっては、国民多数が選択した選挙公約の42番目に明記してあるのを公開しただけだから、スタンドプレーでも何でもない。

 でも、これにケチをつける報道が後から後から噴き出している。

 気になるので、同じテーマの新聞1面コラムを読んだ。

 「天声人語」(朝日)「春秋」(日経)に感動した。(貼り付けるのも迷惑と思い一部を書き写す。興味のある方は『くらべる一面:新あらたにす』でどうぞ(゚ー゚))

 「前略-- 外交舞台では人気者より、ずる賢い嫌われ者が国益を守ることがままあるからだ。だが、人類の存亡にかかわる危機は切迫している。主要国のどこかが『地球益』を抱えて駆け出さなければ何も動くまい。--中略--海千山千たちにハシゴを外されないよう用心しながら、これからも得意の『非軍事』で汗をかくのが日本の正道だろう。そうして蓄えた国際社会の尊敬と信用は、いずれ国を救う。目先のちまちまとした損得よりよほど意味がある。--中略--追従しない外交とは、本来そういうものである。」9/24天声人語より

 「--前略-- 業界団体などを通じ政治家と経営者がむすびついたころなら、事前に調整して産業界がある程度納得する数字に落ち着いただろう。25%削減は持ちつ持たれつの「政」と「業」の関係が変わり始めた象徴に見える。 --中略-- 意見の一致を待てば和を保てるが、結論は前例踏襲になりがち。かつてトヨタ自動車が織機の次に始めた自動車事業も、イトーヨーカ堂のコンビニエンスストア事業も、社内が猛反対する中で船出した。25%削減は簡単ではないが、異を唱えるだけでは企業内部の革新的な意見を生かす力を失う、それが心配だ。」 日経新聞・春秋より

 理想主義かも知れないが、志の高さに共鳴しスカッとした。

 それに比べ購読している新聞のコラムの情けないこと・・・・マジで解約を考えている。

2009年9月24日 (木)

大漁で体療

 シルバーウィークを利用して、RYOとYUの母はカミサンの看病。

 邪魔になるRYOとYUは父親と泊りがけで釣りに行った。

 昨日、まあ種々雑多な魚と石蟹を沢山持ちこんできた。間違いなく3人で釣り上げたそうで、以前のように情け深い釣り人のめぐみを受けなかったらしい。

011 020  忙しいのはダンボ。勿論助っ人はいたが、茹でる・焼く・揚げると三つの調理におおわらわ。天ぷら鍋の前に立ちづめ・・・で約2時間。

034  出来た料理はバラエティに富んでいて、カミサンも喜んで口にした。

 余るかと思ったが大食い孫のお陰で残りわずかになった。

037  ・・・・・で、本日は先週出来なかった抗がん剤の点滴に病院に行った。

 検査の結果は白血球数は最低ラインだけど治療OKとなり、大漁のお陰で「体療」が出来たと孫達に感謝の一日となった。

2009年9月23日 (水)

見出しは書きよう

 毎日の新聞に民主党政権の動きが紙面を大きく飾っている。

 今迄の政権が長年に亘って作り上げた悪しき慣例を、大きく変えようとするのだから大変だろうと同情する。

 政治家が変えようとしても、慣例に胡坐をかいてきた官僚の意識を変え従わせるのは並大抵ではないだろう。

 マスコミにその同情心があるだろうか? 権力を手にした民主党を批判し監視するのは新聞テレビの役目だが、悪意をもって望んだら公正さを欠く。

 013 その点で今日のY新聞に気になる見出しがあった。

 『連休返上に文化相陳謝』

 補正予算の見直しを川端文化相が官僚にさせた。それで官僚達は連休が反故になったので大臣が謝った・・

 働く者に思いやりがなく冷酷なくせに謝る気の弱い大臣!と見出しで感じるのはダンボだけ?

 記事を読むと大臣は「一刻の猶予も許されない思いで配慮が足りなかった」と頭を下げ「代休をとるよう指示した」と、なっている。

 これなら『連休返上に文化相代休取得を指示』の見出しでも差支えなかろう。

018  そして、ふんぞり返って顎でこき使う普通の大臣でなく好感がもてる。

 次の記事の見出し

 『「政治主導のはずが・・松野官房副長官日中会談説明 官僚に「助けて」』

 まるで、ゴシップ専門誌のような品のない見出しだ。

 記者会見を官僚任せだったら無難なのに、自力で努力する姿を白い目で見るか同情するかで見出しがこうも違ってくる。

 付け加えると、「くらべる紙面:あらたにす」で、朝日・日経に同じ記事をダンボは見付けられなかった。

 これはY新聞のスクープだ! スゴイ・・・・アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

 

 

 

2009年9月22日 (火)

遠吠えピエロ

 「ビートたけしのTVタックル」は必ず視ていた番組ではない。

 しかし、ドラマの不振は目を覆うばかり。裏番組の月9といえど例外ではないので良く見るようになった。

 真面目な政治討論ではなく分類はバラエティショーだから気楽に見られるし、笑ったり思い切り悪態をついても良心の呵責はない。

 でも、貴重な時間が総て浪費される訳でない。

 「たけし」が意表を突いたり「大竹」が庶民を代弁するコメントに拍手喝采できる。

 話がエキサイトした時「阿川」の頭から水をかけるような仲裁も芸術的で見ごたえがある。

 昨日放映されたTVタックルも全部でないが視ていた。

 最高に驚いたことが一つ。

 民主党のマニフェストが財源無視したバラマキだ!と選挙戦中、耳タコで聴かされ続け、今もその印象が拭い切れない。

 ところが!ゲストの民主党「川内博史」議員の出したフリップでズッコケタ。

 http://blog.goo.ne.jp/kawauchi-sori

 ズッコケの原因は上のURLにアクセスしたら詳しく出ている。

 最高に笑えたのは後半にゲスト出演した元産経新聞記者のYS。一人熱くなって民主党政策を大声で貶すこと貶すこと、最初は腹が立ったが何分かたったら可笑しくなってきた。

 周りの誰一人同調もせず白けた顔をしているのに、自分に酔って気付かない。隣のM教授が茶々をいれてなだめたり、阿川が司会者権限で押さえても、YSはKYで最後までイキっていた。

 彼がこの番組を録画していて後で見たら、どう思うだろう?

 ダンボなら間違いなく東京タワーから飛び降りたくなる。

 番組を「お笑い味付け」する『遠吠えピエロ』としての起用なら、プロデューサーの才能に脱帽する。

2009年9月21日 (月)

置き場所

 「カードの功績」のコメントに、ホームベーカリーは良いけれど、置き場所に・・?と書かれていたので気になった。

 キッチンの広さは8畳の間相当で充分あり、リフォームした時シンクは対面式をやめ、今迄のようにL型にしたのでスペース十二分にある。但し、30年前の設計だから電源のコンセントが少ない。

 リフォーム時に増やしておけばよかったと思っても遅い。

 

024  改めて点検したら、置き場所に迷った。

 キッチンの電化製品は24時間稼働している冷蔵庫を筆頭に毎日使う、物が実に多い。

 電子レンジ・電気釜・コーヒーメーカ・電気ポット・ジューサーは電源の関係で023 かためて置いてあり、毎日のように使っている。

021  その、向かい側にオーブントースター2台(1台は干物を焼く) 他にビルトインされた食器洗浄機とIH調理機も休みなし。

 もう1ヶ所あるコンセントには、ハンディクリーナーの充電器が繋いであって空きがない。

 困った!    隅っこを片づけたら空間ができるが、必要な時に移動するとなるとベーカリーが6.2kgと腰を痛めそうな重さだ。延長コードを使うには調理機を横切るから適切でない。

 衝動買いならぬ衝動換えしたかな?!? 

 でも、必ず焼きたてパンの記憶が良いアイデアを生むだろう。

 ドイツの田舎に1週間泊った民宿で、朝出たパンの味。

 13年たっても忘れられないもんな~

 

2009年9月19日 (土)

カードの功績

 クレジットカードは好きではなかったのに、気付くと6種類も持ち歩き使っている。

 1000円程度の買い物でもカードで精算する。現金より時間がかかるのでレジに人が並んでいたら気がひけたがもう慣れた。

 本一冊買って「一括ですか?」等と訊かれたら「何回払いにしようかな~?」と冗談が言える余裕もできた。

 何故、カードを愛用するようになったか?答えは明らかポイントが貯まるからだ。

 初めはバラバラでカードを使っていたが、ある時期から、あるカードを集中的に使う。

 買い物だけでなく、公共料金や高速料金、最近は病院と薬局の支払いをしているから貯まりが早い。

006  「1940スマイル貯まってる、パン焼き機と換えられるで~」

 カミサン、自分では焼けないけど食べるのは食べたいらしい。

 結論は丸投げされた。

 ダンボは諸(初)体験大好き。HANMEさんのブログが目の前をチラチラする。

 http://sugar.blog.eonet.jp/hanme/2009/08/post-3d42.html

 決まった。送信したら、ものの5分とかからず返信が入る。

 ◇ご案内の内容
「暮らスマイルの交換」のお申込受付が完了いたしました。

●商品名
 ツインバード ホームベーカリー
●数量
 1 (個・sml.)

 到着したら忙しいだろうが、ブログネタが増える。

 生協のeフレンドで薄力粉を2袋注文して手ぐすね引いている。

2009年9月18日 (金)

記者会見

 新閣僚の記者会見をTVで一部見た。見た限りでは大臣が今迄のように官僚の用意した原稿を読んでいる風には見えない。自分の言葉で喋っているようで心地よかった。

 今朝の読売新聞の社説

 『官僚会見禁止 政治主導をはき違えていないか』の見出しで、あたまの方に次のよう書いてある。

 『府省の見解は大臣「政」が記者会見で述べ、事務次官等の「官」は定例記者会見は行わない方針。だから、それが国民の知る権利を奪う恐れがある。』

 エライコッチャ。民主党は徹底的な情報公開を約束しているのに・・・・

 

001  昔々、大日本帝国に天皇直属の大本営なる組織があって、嘘八百を国民に流し、戦争に駆り立てた。その時、帝国議会はあった筈だけど「政」は無いに等しかった。

 記者会見から手繰っていって、政なり官なりから取材するマスメディアの「記者」を調べていくと不思議なことにぶつかった。

 日本には外国にない「記者クラブ」(他にあるのはアフリカのガボンのみ)なる任意の組織があって、誰もが自由に取材でいない仕組みだそうだ。(フリーライターや週刊誌の記者は排除されるところが多い)

 記者クラブは、首相官邸や省庁、地方自治体や警察や企業などに設置された記者室を拠点にして独占的に情報提供を受ける。そして、クラブ加入に対しは排他的で大手のマスメディアが独占している。

 その運営費用は会員からは申し訳程度の会費を集め、情報提供側から莫大な援助(出所は税金)を受け成り立っているとのこと。スポンサーまる抱え集団らしい。-以上Wikipediaより抜き書き-

 やばかった。社説を鵜呑みにしたら折角選んだ民主党政権に幻滅するところだった。

 民主党政権は、「記者クラブ廃止」を考えているそうだ。

 今まで、旧政党や官庁から甘い棚ボタを食べさせてもらっていた御恩返しに社説が読めてきた。

 

2009年9月17日 (木)

今日という日が終わる

 抗がん剤の点滴に病院へ行く。何時ものように睡眠不足のダンボは危険だと長女がハンドルを握って・・・・

 残念ながらカミサンの白血球数が低下していて、点滴は出来なかった。

 やはり、高齢者は抗がん剤の副作用がボディーブローのようにジワジワと影響してくるらしい。

 同じ一日はなく、山と谷が押し寄せて一喜一憂の日々だ。

 018

 先日の新聞で見た「閑吟集」の歌に魅せられ切り抜いておいた。

 『ただ人は情けあれ 夢の夢の夢の 昨日は今日の古 今日は明日の昔』

  解説が分かりやすい。

 「月日は夢のように過ぎてゆく。一夜明けて今日になれば、昨日はすでに遠い昔。明日になれば今日もまた昔。そんな空しい夢の世だからこそ、恋をして生きていたい。その恋もたちまちいにしえとなり、昔となる。」

 恋歌なんだけど、ダンボには違って入ってきた。

 「恋」の部分を「幸せ」と置き換えて。

2009年9月16日 (水)

反対!小天狗製造所

 国会が開かれた。

300pxkokkaigizidou1  登院する新人議員の姿を見ていると、初々しく頬えましいが、4年たったらどんな顔になるだろうと興味が湧く。

ウィキペディアの写真から

 与党議員様を4年して人間が変わらない人格の持ち主は希少だろう。

 バッチをつけた途端、世の中何もかも変わる。

 来賓になって胸に大きな花をつけてもらう。通される部屋が違う、座る席が違う、出されるお茶が違う、相手の言葉が変わる、昨日までの自分と同じなのに世の対応が変わり、特権が後から後から降ってくる。

 日本はまだ人間より肩書きを尊重する社会だ。

 これだけチヤホヤされて、人格の歪みなく、謙虚を貫き通せる人間は政治家でなくても数多くない。

 その既得権に執着する政治家ほど普段はふんぞり返っている癖に選挙になったら土下座までする。笑わせる。

014_2  民主党の新人議員143人も多くが天狗になって人相が変わるだろう。

 小泉チルドレンのスカタン議員がスカタン発言をしてガッカリさせたから、民主党はその轍を踏まないように研修させているという。

 頼みまっせ!国会を小天狗製造所にしないで、国民の幸せから目をそらさない政治家の養成所にしてほしい。そして、何よりも清廉であれ。

 自民党の負の遺産を思い切り相続したのだから、前途多難は分かるけど選ばれた以上何かの結果をだしてくれ。

 鳩山内閣の顔ぶれは、半分以上納得した。

 未だかつて、これ程閣僚人事に興味をもった例はなかった。

 

2009年9月15日 (火)

ドキドキ二題

 今、試合終了!

 勝った 勝った 勝った 勝った 勝った

 でも、ハラハラドキドキ・・・・まだ心臓が躍っている。

 

 ここまで書いても、プロ野球ファン、それもタイガースファンでなかったら首を傾げるだろう。

 東京ドームの巨人戦、延長11回に2点リードしたその裏、2イニング目に入った押さえの守護神藤川が連打された。

 ダンボの心臓はハムスター並みに速くなる。ダブルプレーと空振りでゲームセットになった途端、ぽこさんを初めとするトラ狂の顔が浮かんでパソコンに飛びついた。

 もう、こんな試合コリゴリだ。

 カミサンも、不思議そうに白けた顔をしているが無理もない。

 もう一つ、ハラハラしながら1週間を待つTV番組がある。

 「イ・サン」

 「宮廷女官チャングムの誓い」以来久しぶりだ。やはり時代物の韓流ドラマなのが引っ掛かる。

 毎回ヒーローとヒロインが絶体絶命の窮地に追い込まれながら切り抜ける手法は決まり切っているが、人を楽しませるサービス精神に頭が下がる。

 このドキドキには、カミサンもやっと参加できるようになって、不服そうな顔はしない。

2009年9月14日 (月)

カ配

 イチローが9年連続200本安打の記録で大リーグの歴史を書きかえたw(゚o゚)w

 日曜日のサンデープロジェクトで、横柄な口をきく司会者を黙らせる明快な返答をした、民主党の藤井最高顧問と福山氏についても書きたい。

 でも023、後回しにして、な~るほどと気付かされた些事をアップする。

 生協のトラックが着く頃と外に出たら、ニラの花にチョウとハチが集まっている。勿論、カメラを持ち出してパチパチしている所に生協がきた。

021  若いお兄ちゃんがハッチを開けたら、プ~ンと甘い香り。

 棚から転げ落ち無残に割れたメロンから果汁が床に流れている、ダンボが注文したものだ。

 新米の兄ちゃんが固まった。質の悪いクレーマーに見えたのだろうか?

 「後で届けてや!」

 「帰って在庫があるか調べます」手で顔の前を払いながら返事する兄ちゃんの周りを小さな虫が飛び交っていた。

 「早いな~ショウジョウバエがもう来てるのか」

 果汁に集まるショウジョウバエの性質を思い出した。でも、私も顔が痒くなる。

 何と!蚊がトラックの中に充満している。

 相変わらず手をパタパタさせながら兄ちゃんが「イエ、蚊なんです」

 同時に 了解! 原因はドライアイス!

 蚊は二酸化炭素が大好きで呼吸する動物に群がる。

 蚊は食品を運びこんだ玄関まで数匹ついてきた。これは配だ!

 冷凍食品を買うのは、地球温暖化の為にも生協のお兄ちゃんの労働条件の為にも一考を要する・・・チッチャナチッチャナ出来事だった。

 

 

 

2009年9月13日 (日)

まくらもと

 癒しの間だった離れが病室になって、暮らしのパターンが変わったのはいうまでもない。そして居住空間にも変化が起こった。

 特に私の寝床の枕元が混雑してきた。

 何しろ24時間完全介護態勢 (今は大袈裟な表現だ。でも、目離しできない時期があった) だから、必要なものが付き添い人の枕元に並ぶ。

014  ダンボの枕元は、余りにも乱雑で公開をはばかるので整理整頓して撮影した

 パソコンは現に今も睡眠剤を飲んで寝にかかっているカミサンの寝息を窺いながらキーを叩くので枕元が定位置になった。仏壇の経机を台にして姿勢は苦しいが仕方がない。

 近用眼鏡、日記、ケイタイ、電子辞書は時折散歩してもここに戻ってくる。

 整理整頓して消えてもらったのは、新聞・折り込み広告・メモ・飲み終わったコーヒーカップ・目薬に湿布薬・・・・畳1枚あれば暮らせる実験場みたいだ。

 布団はほぼ万年床状態。

 ベッドに移った女王様から下賜された「ローズテクニー」とやらいう敷布団を使わせてもらっている。

016

 片や、ベッド脇に盛花を飾ってやったカミサンは、首を曲げないと折角の花が目に入らないと、起きたら見える位置に自分で移し悦に入っていた。

023  カミサンが自分のしたい事をボチボチするようになって、ホッとしたり悩んだりの今日この頃。

2009年9月12日 (土)

招かざる珍客

 隣地を宅地造成したから虫たちの来訪は少ないと思っていたが、この夏も、チョウ・セミ・クモ・ハチや、タマムシなどの甲虫類が庭に集まってきた。

 一度アシナガバチに目の横を刺されて腫れあがったからハチはご免だが、こちらから手を出さなかったら先ず刺さない、だから、近づいたら庭木に化けてやり過ごす。

 招待できないのは、たまに屋内に現れ大騒動を巻き起こす「ムカデ」、大きいのは発見しやすいので、熱い湯をかけ一発で退治できるが、厄介なのが小さい奴。風呂場の椅子に居たのを知らずに腰かけ、痛みとシコリが臀部に半月は残った。

 でも、虫たちに偏見を持たないから相手にして遊ぶ’07/11/14「庭師・虫との出会い」のように・・・

http://hirosi-dambo.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_1289.html

 4日ほど前だった。居間の網戸にセミの影!アブラゼミより小型なので、すわツクツクボウシに違いないと、カメラを持ち別の戸口から外に出て後ろに回った。

 ゲェェェ~ こりゃ一体なんだ!

002  見たことのない「蛾」ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ… 蛾は苦手だ!

 毒蛾もいるしあのまき散らすリンプンに辟易する。

006  お帰り願いたいが棒で突くのも嫌だから虫を餌に大勢同居しているヤモリに頼むことにした。

 捕まえて網戸の下に引っ付かせた。しかし、残念ながら少年(少女?)ヤモリだから、自分の身長と同じくらいの相手に闘志もなく食欲も起こさない。

 エィままよ。と2匹をそのままにし、ガラス戸を閉めてカーテンを引いた。

 翌朝、2匹とも消えていた、リンプンが落ちていないからヤモリは捕獲できなかったのだろう。

 珍客のお名前が知りたくて調べたが根負けし、多分「クロメンガタスズメ」じゃないか?ということで妥協した。

 ダンボだったら「ベンケイガ」にする。ユーモラスだが義経の盾となって立ち往生した姿を想像するから・・・・

 趣味と暇のある方は画像が1万枚以上ある次のサイトをどうぞ!

 http://www.jpmoth.org/

2009年9月11日 (金)

ナシはアリ

 出鱈目な親だった。特に二女が幼い頃、酷かった。

 寝かしつけるのにお伽噺をしてやったが、アレンジしてトンデモナイ与太話にして喜んでいた。

 果物や野菜の名前の由来も創作した。

 『イチゴが何でイチゴていうのか知ってるか?それはな~、イチゴは綺麗やし見た目はイチ番やけど、食べたらそうでもない、味はゴ番ぐらいや、で、イチゴになったんや。 ゴボウな、根が長~いやろ、それでも引っ張ったらゴボッと抜けるからゴボウや。』

024  

 「わけあり二十世紀梨・2.5kg前後 ¥980」を生協のカタロクで見付け注文した。

 一口食べて納得した。「わけあり」の理由は、傷とか歪みとか不揃いではなかった。美味しくない、二十世紀梨の甘みや瑞々しさに程遠い。

 もてあまして、食べ方を探った。

 摺りおろしてヨーグルト牛乳を加えハチミツを垂らす。ダンボは☆二つでも、カミサンはブ~~

 発想の転換が要る。

 韓流ドラマ、「宮廷女官チャングムの誓」で梨がしばしば登場していた。

 そうだ、梨を果物でなく野菜として食材に使えばいい。

 ネットで調べたら梨のレシピがある!ある!

 真似は嫌いだからとりあえずカレーに入れてみた。

 食べさせたカミサン・長女・マリがみんな合格点をつけた。

 昔に戻る

 『ナシはな~元はアリと言ったんや、でも、美味しいから売れて売れてお店に何時行っても売り切れで、お客さん怒ってな、アリと違うナシやないか!それで、ナシになったんや』

 ナシはレシピにアリだった。

 可哀相に二女は成長し、「毛沢東」を「ケサワヒガシ」と読んでいた。

2009年9月10日 (木)

過ぎたるは!でも・・・

026  写真の一見艶めかしい食べ物を見て 『森嘉の辛子豆腐』と、言い当てる人は相当の京都通だろう。

 鮮度が命と疾風のように届けられた辛子豆腐をウン十年ぶりに口にした。

 嵯峨に住んでいた時は(30年ほど前)歩いて行ける距離にあった森嘉豆腐店。夏場は決まって辛子豆腐を買ってきた。

 その当時からお豆腐屋さんらしからぬ重厚な店構えの前に他府県ナンバーの車が沢山停まっていた。

 客の目当ては「飛竜頭(ひろうす)」だが、薄給のダンボは余程の時でないと買わなかった。巾着の中のユリ根やキクラゲや銀杏の旨さに未練タラタラで・・・

 辛子豆腐の食べ方は知らないが、先ず箸でぐちゃぐちゃに潰す。そうして、中の飛び上るほど辛い辛子と中和する海苔の佃煮?を豆腐と混合する。

 若い時は濃口醤油を垂らしたが、何十年ぶり会った嬉しさで、とりあえず口に運んだ。

 ???余りにも長くご無沙汰したので昔の味を忘れて思い出せない。美味しいには違いないが期待が大き過ぎて虚心に味わえない。

 それでも、再会の嬉しさで「この辛さたまらんな~」とパクパク。

 隣のカミサンも同じ大きさの辛子豆腐を口にしているが、多すぎると1/3をこちらの皿に移した。

 その時、ホントにホントにいらんことをしてしまった。カミサンの病には刺激物は不可。辛子も勿体ないと移動させてしまった。

 ものには限度があると80年たっても習得していない。豆腐の味がぶっ飛んだ。

 『過ぎたるは猶及ばざるに如し』適量を考えて作っている森嘉さんに申し訳なかった。

017  「過ぎたるは」も何のその、昨日は別の豆腐を味見する。こっちは初体験の入山豆腐。(食べてしまって慌ててパックの蓋を撮影)

 驚いた!時計の針が完全に50年逆転した。

 昔、プォ~プッとラッパを鳴らして売りに来た豆腐の味!調味料抜きで平らげた。カミサンが残すのを楽しみにしたのに期待を裏切られた。

 それにしれもこんなに美味しい豆腐に何故「腐る」を使うのだろう?「ニンベン」の付いた「仔」が人間以外の子どもを表すように漢字は不思議だ。

 注(森嘉の嵯峨豆腐も入山豆腐も○大の地下で売っているとのこと賀茂川のゴモクからの情報)

 

 

2009年9月 9日 (水)

ケイタイ事情・其の二

 昨日の記事に入ったpcboys君のコメントを見て笑ってしまった。得手不得手というか個性というか、人によって使い方が違うもんだなと感心する。

 ダンボにとって携帯のスケジュール機能は欠かせない。ひろ子はんの『ウォンテッド』http://fight.blog.eonet.jp/hirokohan/2009/09/post-b4f0.htmlにコメントしようと思ったが、写真のカスタマイズされた手帳に気圧されして013沈黙した。

 携帯は要点しかメモできないが、アナログの手帳より優れているのはジャストから5分刻みに60分前まで、予定を音で予告してくれることだ。

 とみに物覚えの悪くなった昨今、これで救われる。

014  かくのごとく記憶に留めず、携帯依存症になると『○日の○時は空いてますか?』の問い合わせに携帯探して右往左往の仕儀となるが、現職の時から電子手帳のスケジュール表を使っていた延長で癖になっている。

 でも心では、大方のように生会話しないで携帯相手にメールでウツツを抜かしている人間を白い目でみている。

 昨夜のこと  

 「へ~~もう古希になったんか!」神戸のSちゃんからかかってきた電話に大声がでてしまった。ダンボが師範を出て最初に担任した子だから11しか歳が離れていない。

 「そ~なんよ、やっぱり先生あかん歳やわドジばっかりして・・・こないだもね、外出先で携帯に主人の留守電が入ってたん『魚屋さんからタイのいいのがはいったし、おろしときましょか?と電話して来たよ』そう聞こえた主人の声に、一生懸命『今日は要りません!電話しといて下さいな』と返事してたんよ。自分ながら可笑しくて・・・・・

 ケイタイ携帯したアナログ人間万歳!

006 011

 今朝のお月さん、お歳は19.7 可愛いクラゲ?

2009年9月 8日 (火)

携帯事情

 機種変更の手続きをした時、若いお兄ちゃんが「お歳にしては使ってはりますね」と、感心した。

 聞いてニンマリしたが、パソコン同様、持てる機能の1/100も活用していないと014 自覚している。

 ①通話(アドレス帳含む) ②メール(eとc) ③カメラ(フォト&ムービー) ④メモ帳 ⑤時計(アラーム&タイマー) ⑥スケジュール ⑦Web閲覧 

 これくらいだろうか?

 ④のメモ帳にはロックをかけた重要情報が入っている。 ⑥の機能はフル活用(今はすっかり暇になったが・・・)アラームで会合を知らされ救われたことが何度もある。

 ⑦のWebに繋ぐのは支払いが心配で最低限度、娘のように曲のダウンロードなどしたことがない、そもそも、外出先で阪神タイガースの試合経過を知りたいしワンセグで視られたらが目的だから他は関係なし。

 という状況で満足していたが、pcboys君のブログを読んで携帯の深さを垣間見た。

 http://pcboys.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-f185.html#comments

 彼はマイブログ’09/5/30お助けマンに登場する私のITアシスタント(無給)

 パソコンに詳しい人物にありがちな『皆これくらいの事は知っている』という独断的な面はあっても、「今持っている携帯、勿体ない使い方してるな~」と反省を促してくれる。

 門外漢は、適当にスルーして目を通されたら如何かな!

 

 

2009年9月 7日 (月)

いざよいながら

 雨戸を開けると西南西の空に月の姿。 

016  一瞬「満月」と錯覚したが、満月が日の出直後に、こんなに高い所に居る筈がない。

 カメラに収めて詳しく見たら、下が薄く欠けている・・あ~「十六夜(イザヨイ)の月」かと思ったが気になってパソコンで調べた。

 グーグルで『本日 月齢』と打ちこんだらたちどころに探してくれる。

 017 月齢は17。「立待月」なんだ。 

 日没と同時に東から昇る「満月」。ちょっと遅れる「十六夜の月」更に遅れて「立待月」

 1日毎に「居待月」「寝待月」「更待(フケマチ)月」と名が変わる。

 種明かしをしたら、ダンボは月を知りつくし古今の言葉に通じている訳ではない。http://crescent-quartz.littlestar.jp/moon/otsukisama.htm

 ここにアクセスしたらもっと詳しく分かる。

 太陽に遠慮しながら、ためらいがちに動く月。なんか親近感を覚える。

 昨日の「反射人間」の反響に驚き、親身の温かさに感激する。

 カミサンの状態、いざよいながらもトンネルの先の明かりが見えてきた。その嬉しさがブログに出て、鋭く感知した皆さんのコメントだった。

 改めて『アリガトウ』

 

 

2009年9月 6日 (日)

反射人間

 若い時からカミサンに「軽い!軽い!」とよく言われた。 

 一見とっつき悪く見られるが、蓋を開ければ正反対。

 心も軽く身も軽く(昔、酔っ払って学校の瓦屋根を走り回わり校長から怒られた)腰も軽いし(低い)頭も軽い。流石に民生委員をしてから口の軽さは控えるようになったが”貫録のないことおびただしい”(これもカミサンの言葉)(´;ω;`)ウウ・・・

013  しかし、短所は裏返せば長所になる!

 『軽さは反応に正比例する』・・・ダンボの公式

 

 好きなモノにぶつかると直ちに反応したくなる。

 このモノが曲者で、神秘的な宇宙から世俗にまみれた風俗。広大な天然自然から人智を集めた科学技術。真理を説く宗教からAV雑誌。芸術から株式市場・・e.t.c.~e.t.c 要するに何でもありの軽さ!

 感動とは感じて動くこと・・・「相田みつを」の言葉だったと思うがダンボも動く。光を発するものに出逢うと反射する。(怒りの反射もある)

 川柳作ったり、エッセー書いたり、替え歌にしたり・・・・・

 反射人間ダンボ! 

 何時までたっても発光人間にはなれないけど「コレデイイノダ」

 私の周りは発光体に事欠かない。

2009年9月 5日 (土)

先入観

 鳩山新政権の幹事長に小沢一郎氏がなった。新聞などでみる限り民主党を実質的に牛耳って党内不和の元凶になる趣旨の記事が多い。

 目を細めた好々爺の表情もあるが、ほとんどが苦虫を噛み潰した悪代官顔で印象が良くない。

008  ところが、9/11増大号の「週刊朝日」に、その先入観を覆す記事を見付けた。

 『小沢一郎17年戦争』

 ピックアップすると次のような内容だった。

(1)選挙では何百人の前で演説するより、同じ時間を100人の人と握手した方が効果的といって実行する。

(2)行動を批判され悪口を言われても言い訳や反論をしないが、第三者の評価を非常に気にしている。

(3)記者の目撃した事実として、飛行機の中の小沢はスタッフが居眠りしたり飲食していても、スーツも脱がずネクタイもとらず、リクライニングを使わずに背筋を伸ばして座っていた。客室乗務員に新聞を所望して広げたが隣の秘書にぶつからないように広げ、読んだら丁寧に畳んでいた。乗務員にも決して偉そうにしない。

(4)雑誌『現代』16年前の小沢の一文  「憎まれ役がふりわけられるが、個人的な生活で失恋に泣くことも感傷にとらわれることもまるでなかったわけでなくマスコミに年中悪役ぶりを報道されたら心を痛めるひとりの人間だ」と書いていた。

(5)小沢の指導で当選した小沢ガールズの話「小沢さんからのアドバイスは次の二つ。1日50回以上の辻立ち・決して相手の悪口を云わない」(これが本当なら必死で民主党のネガティブキャンペーンをはった自民党と対照的)

 先入観をもっていて、そんなパーソナリティを知らなかった。情報がないし偏っているからだ。

 必要な情報不足という点では、政府・行政の情報公開はもっと酷い。

 同じ「週刊朝日」にジャーナリストの神保哲生しの「民主党政権で市民が負う責任」の論説が面白かった、要点は8月31日の「官業対策」のコメントに書いた。

 天下り・暫定税率・防衛予算(世界第5位)・ダム建設のメリットデメリットe.t.c ・・e.t.c・・ マスコミで流される情報で不条理を知らされるが、正式に公開された情報として政府や行政から流れたものを見たことが無いような気がする。(ボヤっとしてたかな?)

 さあ、今までの政治の先入観を、民主党政権がどこまで変えるか楽しみに監視しよう。

2009年9月 4日 (金)

収穫総括

 朝、コーヒーの淹れカス。麦茶の出汁カスなどを貯めた器を持ってテラスにでる。

 テラスとフェンスの間にある畠?菜園?で、まだ、実を成らせているトマトの根元にぶちまけた。

016  我が家の混沌菜園は、プチトマトが黄色く熟れて存在を示してくれなかったら、ここで野菜が作られているとは思いも及ばない。

 トマト1本  トウガラシ1本  オクラ1本  ゴーヤ4本 以上が今年ホームセンターで買った苗だ。

 その内で、ゴーヤは度々記事にした通り10個超の収穫で初体験を楽しめたから値打ちがあった。

 全く駄目だったのはオクラ、例年獲りいれのタイミングを外し、モンキーバナナみたいなオクラにしてしまうほど獲ったのに、今年は口に入れたのはたった2本!どうも隣のトマトに圧倒されたらしく、あっという間に消えた。

 健闘したトウガラシも、生産性からいったら下の下。苗・土・肥料代を越していない。

014  唯一、「モト取れた~」と喜んでいるのは黄色のプチトマトだった。今朝も写真の収穫があり冷蔵庫に貯まっている。

 以前TVで、肥料たっぷりで水耕栽培したトマトが、大木に育って実をつけているのを見た。

 だから今年のトマトは摘芯しないで放置した。代わりに水と肥料になりそうなものを思い切り与え続けた結果だ。

 見栄えよりも実を獲った・・・・

2009年9月 2日 (水)

ささやかに

 政治ネタを二日続けたら疲れた。

 いや、久しぶりに「きっこのブログ」と「カナダde日本語」にアクセスして読んで疲れた。

 1日に何万件とアクセスのある超人気ブログ。2年前から「自End」キャンペーンを張っていて、ゆとりある時は欠かさず読んでいたが、今ではパスしてきた。

 「きっこのブログ」の『替わり目』の創作落語に腹を抱えて笑ったし、「カナダde日本語」の『比例でよみがえった自民党の粗大ごみ議員たち』のタイトルにたじたじとなる。

 ダンボも毒舌と評する人もいるが、このお二人に比べたら公家言葉で書いているようなもの・・・・

 面白いが、読むのには覚悟がいる。

 という訳で自分の記事をアップせず読みふけった。

005

 今日は、日常のささやかな幸せに目を向ける。

 ひろ子はんのブログの次の一節に心傾いた。http://fight.blog.eonet.jp/hirokohan/2009/08/post-77ce.html#comments

>外はコオロギ。

 中はスズムシ。

 なんか贅沢やわぁ・・・

 贅沢は、豪華客船での世界一周でもラスベガスでの豪遊でもない。

 虫の声、花の色、風の香り・・・・

 カミサンが倒れてから、人は「食べられて、寝られて、痛い所が無かったらシアワセなんだ」とつくづく思う。

 虫の声に耳傾けられるのはホントに贅沢なんです。

 新聞に出ていた梁塵秘抄の法文

 『仏も昔は人なりき 我等も終には仏なり

  三身仏性具せる身と 知らざりけるこそあはれなれ』

 悟りにはまだまだ遠いダンボだが歌に魅せられメモに加えた。

 

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ