« 期待して | トップページ | ささやかに »

2009年8月31日 (月)

官業対策

 あまり勝ち過ぎても変?! 手放しで喜んでいいものか迷う。

 でも、変わったんだ。そして、自分が投じた票が政治に結びついた気がする。

 「たけしのTVタックル」で、たけしが『日本で初めて民主主義が実現したような気がする』と、述懐していた。

043

 生易しい船出ではないのは分かっているし、変革にはリスクもつきものだろう。マニフェストの半分でも民主党が実行できたら合格点をつけたい。

 最大の難関は、官・業との協働ではないか?両者ともしたたかさでは政治家の遥か上とみる。

 官僚と大企業は『政治家なんて金を呉れてやって、煽てて名誉欲をくすぐったらチョロイものよ』と、先生々々と奉って政治家を牛耳ってきた連中?と、民は自民党政治で思ってしまった。

 間違いだったら幸せだが自民党はそれを否定できなかった。

 あれだけ、各企業から政治献金をかき集め、お返しをしないのは人の道に反するからだ。

 国会や委員会で居眠りしてたって、いざという時は官僚の作文を読んだら金バッチは安泰なんだ、それだけ助けてもらって言いなりにならない恩知らずも人の道に背いている。

 さあ、民主党の先生方は、このモンスターをどこまでコントロールできるだろう。

 海の向こうアメリカでも、健康保険や銃規制などオバマになっても一向に改善しないのは官・業とそれを背負った政の抵抗が強いのだろう?

 

 民主党の実力と共に、献金が減り霞が関から冷たくされるに違いない自民党の根性を注目したい。

 

« 期待して | トップページ | ささやかに »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

本人の実力、魅力ではなしに、「民主党」という名前で票が入った人、たくさんいるだろうなぁ・・・って思ってます。
この大差は、小選挙区制にも一因があるんでしょうね。
こうなりゃ、どれだけ民主党さんが頑張ってくれはるか・・・
これからは、攻撃を受ける側になるんでしょうね。
今まで持ち上げていたマスコミもあら探しに奔走しそうな気もしますし、
なにより、官僚・・・これにどう対処するか・・・一番の難所の様な気がします。

そろそろ、日本人(特に政治家、マスコミ、その他モロモロ)は、自分で自分の首しめるようなことをせず、自分たちの国をよくするために、
一緒に尽力して欲しい、と思う今日この頃です。

↑賛成。

党利党略よか、国益一番でお願いしたい。
真面目に頑張ってるモンが、アホらしくならん国にして欲しいです。
(これでも、真面目なつもりなんですけど

私(◎-◎)も選挙行きましたが!
民主党と云うだけで入れました。
空気を読んだつもりですが
小選挙区の候補者のマニュフェスト読んでません。(笑´∀`)
民主党頑張って下さい。
今回は、世論の絶大なる見方がありますから、
アウェイで戦う必要ないんですから!
応援してます。

HANMEさん・ひろ子はん・pcboys君
 週刊朝日9/11増大号の神保哲生氏の論説「民主党政権で市民が負う責任」が面白いというか眠った脳に一撃を与えました。
 スタミナが残っていたら記事にするつもりですが、状況が状況ですので・・・・
 要するに「任せる政治」から「引き受ける政治」への転換で「任せておけば何とかしてくれる」という他力本願政治が官僚主導の政治の要諦で、政府の徹底的な情報公開によって国民の知る権利を保障し、市民が行政の監視や注文や意思決定に関与できるようにする。それで市民にもそれ相応の責任を持ってもらう。情報公開政治とは「お上体質」からの卒業を意味している。
 というような内容で、¥380の値打ちあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 官業対策:

» 胡蝶蘭 [日本のまつりごと]
いよいよ現実のものとなった政権交代。政治が変わることで我々の生活はどう変わるのか。身近な視点で日本の政治を見つめてみました。 [続きを読む]

« 期待して | トップページ | ささやかに »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ