« 見舞われ疲れ | トップページ | 週刊朝日 »

2009年7月13日 (月)

政治かっぱえびせん

 「やめられない止まらない」  政治のかっぱえびせん状態が続いている。

 野党の勢いが止まらない。

 昨夜RYOとYUが帰って、ブログを書きながら東京都議選の速報を見ていた。

 結局、NHKのニュースを11時まで見た。

 予想はしていてもここまで変わるとは考えられなかった。

 当選者の数もさることながら、開き過ぎる得票数の差に民衆の怖さを感じる。

 傲慢がスーツ着て歩いているような知事はどんな顔をしているのだろう、写真やコメントがないのはもの足りない。

020

 都議選よりも驚いたのが同じ1面の記事「奈良市長選挙結果」だ。

 奈良といえばガチガチの保守王国。共産党まで相乗りする独走態勢だったのに、33歳の政治素人の新人に前市長だった知名度高い候補者が破れた。

 原因は新人が民主党、前市長・衆議院議員が自民公明の推薦を受けたからだ。

 

 政権政党が変わっても、日本の政治が直ぐに好転するとは思えない。

 自民も民主も幹は同じだし、アメリカの共和と民主、イギリスの労働党と保守党ほどの違いが出せるかも未知数だ。それに、今までの馴れ合いできた官と対立して混乱するかもしれない。

 でも、変わるというのは何か希望がもてる。

 今、希望のもてないどん底は自民公明の議員さんだろう。

 間違っても同情票などあげませんけど・・・・

« 見舞われ疲れ | トップページ | 週刊朝日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

投票率が上がったのは、よかったですね。
ただ、自民もナンやけど、民主もなぁ…です、個人的には。
政権交代っちゅうか、そろそろ再編せんとアカンやろ…

騙されんように、ナメられんように、よう見て投票せんとあきませんね。

 本当に日本を変えたかったらもっとラジカルな政党に投票すべきでしょうが、死票になるのが決まっているし・・・・
 何十年も権力の座に居座って蜜を吸い続けたら、個人でも団体でも政党でも、権力を手放さないために人の事なんかかまっていられないでしょうね。
 変化が緩やかでも変わってほしいです、変えたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政治かっぱえびせん:

« 見舞われ疲れ | トップページ | 週刊朝日 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ