« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

やっと1輪

 4日のブログに載せた朝顔。

http://hirosi-dambo.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-2916.html

 伸びてきたツルのためにアーチの棚を用意した・・・・のは1鉢で、もう1鉢あったが予算不足でアーチがなくヒマラヤスギの根方に置いた。

 ところがこの朝顔たち、一向に花をつけない。貧弱なつぼみはあるのに、花にならない。

008  今朝、やっと1輪咲いた。苦労して棚を作ってやった方でなく、手抜きした方だった。

 ひろ子はんには、朝顔で覆われたアーチを写真で報告したかっ010 たのに、そちらは花なしの緑の煙突で様にならない。

 朝顔の花には縁が薄いが、実に恵まれた。

 義弟が大玉の桃をくれた。自分が作ったもので「これが最後、義姉さんに食べさせてあげて」と・・・・・

 013 当地は桃の産地。移住した当時はそこもここも桃畑だった。

 年々桃畑は宅地になり、見かけなくなった。

 高齢化した桃作り農家の主が、希望者に果樹を貸し出した。

 義弟はそこで丹精込め立派な桃の実を育て、惜しげもなくプレゼントしてくれたのだ。

 心配を集めカミサンは闘っている。

 昨日、第1回目の抗がん剤「ジェムザール」投与。年齢を考え量を減らしたということで、強い副作用はまだ現れていない。

2009年7月29日 (水)

OHAGI

 毎日賑やか。 近くの義妹は1日1回はやってくるし、昨日から泊っている末娘はカミサンの指導でオハギ作りに挑戦した。

 我が家の伝統を受け継ぎたいと、小豆を炊くところからカミサンに調味料の量や炊き加減を尋ねるが、答えは総て「テキトーに・・?」 もち米の水加減も「テキトー に・・・?」 

 シンドイからテキトーに答えている訳でない。マジでテキトーに作ってきたからだ。

 物持ちのよいカミサンが?年も蓄えてあった小豆ともち米なので、名シェフが作って008も満足なのはできないのが道理。

 でも、途中参加した長女とヒロとで何とかOHAGIが出来た。ローマ字表記は一味違うから・・・・OBAMAのようにチェンジとまでDsc_0015 はいかないが・・・・

 出来たオハギをヒロが撮影する。末娘も同じ写真でブログにアップするらしい。

2009年7月28日 (火)

1000

 ブログを開設して1,000日目になる。

 アクセス総数51,319件。 1日平均51.32件という数字は、私にとって望外なものだった。

 それだけの人々に見てもらえ、当意即妙のコメントを頂いたから継続できた。

 千という数は僅かではない。当世マニフェストに兆の数字が躍っているが、昔は千と万が上限とも思える大きい数だった。

 「千客万来」「千思万考」「千紫万紅」「千姿万態」・・・千一字でも「千載一遇」「一攫千金」「千字文」「千日参り」「千灯会」「千人斬」「千人針」・・・など、大変な数や回数として使われている。

 その千回に到達し、不思議で仕方がない。

 もともと移り気、浮気性と自分で決めつけていた。

006  卒業生から贈られた5年日記がきっかけとはいえ、毎日欠かさず1000回以上投稿したのは、ブログの魔力に呑み込まれたとしか思えない?

011  カミサンの見舞いと開設1000日の祝いにChikoさんがブリザードフラワー持参で来てくれた。

 有り難いことだ、古くからの付き合いだが、より親密に絶えず繋がっている気分になれるのはブログのお陰だろう。

 

 気にかけてもらえる友あり、カミサンは体調に関わらず気力上向いた。

 手観音に帰依し羽鶴でも折って、病克服に踏み出そう。

 「RYOとYUの親」が子ども二人を里に預けて来てくれたので、ゆっくり記事が書けた。

2009年7月27日 (月)

当たり

 生協の日。

 カミサンの事があり、夏休みになってもRYOやYUが来ないので食糧の備蓄は増えるばかり入荷が恨めしい。

 その戸惑いの表情を読みとったのか、生協のお兄ちゃんがやけに明るい声を出して封筒を差し出した。

004  「大当たりですよ、eフレンズに新規登録された方の中から抽選で当たりました、お食事券!凄く低い確率です・・・」と、渡したくない素振りをする。

 縁起の悪いこと続きだからチッチャな幸運でも嬉しい。

 着いた荷を詰め込んでから封をきった。

 なに!出てきたのは「ルーブル美術館展」ペアチケットじゃないか!

 1995年、パリ滞在型のツアーに加わり二人でパリを歩き回った。その折にルーブルを見た。

007  美術館員ストでオルセーもオランジュリーも駄目、入れたのはルーブルとポンピドーセンターだけだった。

 そんな状況で、なお且つルーブルは入場無料の日。にもかかわ006 らず、モナリザが人ごみで観にくかっただけで他はゆったり鑑賞できた。

 印象派の絵が見たくてポンピドーセンターへ行ったが、ここは建物の外まで入場待ちの列。

 諦め、行列を眺めながらテラスでコーヒー飲んで帰った。

 「折角券当たったんや、体調良かったら行こ?」

 「う~ん」本場で観たので気乗りしないらしい。でも、連れ出すつもりでいる。

 今日も第二O病院の主治医から「80過ぎたら抗がん剤治療はしないけど、見た目普通やし、やつれてないし、やってみようか!」と言われ、通院での化学療法を決めたばかり、心まで重病にしてなるものか。

 

2009年7月26日 (日)

 無意味な時間とか、有意義な時間とかいう。

 一体なにが基準で分けられる?

 効率主義とか成果主義で時の価値を決めるのは、

 もう、卒業した。

 1日1日をどの様に過ごそうが。それに値打ちをもたせればいい。

 自由が手の内にある間・・・・・

 

 仮に、不自由がやってきても、サポーターは不自由しない。

 

2009年7月25日 (土)

QOL

 訳のわからぬブログで誤解を生みご心配をかけた、昨日はゴメンナサイ。 

 色々メールやコメント頂くと、やはり直面している重い現実を知ってもらった方が、サポートするカミサンの為にもなるのではと考え直した。

 6月25日(厄日)カミサンが膵臓の異常と診断され丁度1ヶ月目、最後の砦と行った京大付属病院でも、選択肢は二つしかなくなった。

 QOL(Quality  Of  Life人の生活の質、ある人がどれだけ人間らしい望み通りの生活を送れるかの尺度)を維持する支持療法。(ターミナルケアと変わらない)

 過去のダーティなイメージとはかけ離れた抗がん剤による化学療法。しかし、治すのではなく進行を遅らせるだけ、個人差はあるが副作用は激しい。

 医師の所見だけでなく「漢方薬」「免疫療法」「サプリメント」「○○教」も選択肢に入るだろう。複数で選んでもよい。

 選ぶのは本人だ!と言うのは簡単。迷い迷って選べない、当然だろう。

 協力しなくてはならない、これが重い。

 とりあえず、日常生活の中でQOLを考える。

002  食べたい旨いものを食べる、今日も初収穫のオクラ(1本だけ)を半分ずつ食べ水ナスのぬか漬けやふくやの辛子明太子を贅沢に食べた。

 長女は見物したい場所のリストを作ったらしい。

 以上のような訳で、勝手気ままなブログになると思うのでお許しを!

 

 

2009年7月24日 (金)

ブログとは

 書けない日がある。

 その気分になれないだけではない。

 ブログでメッセージを発信するならと、自分の心に決めたルールがある。

 私的な誹謗中傷。 ゆとりのない愚痴や嘆き。 暗くしてしまう話題。 鼻につく独りよがり。 こんな記事は書かない!

 このルールを守ってきたつもりだ。

 でも、 

 本音が悲鳴を上げる時もある、だから、中味のある事が書けない。

 2009年7月28日で「ダンボ独り言」開設1000日目を迎える。

 転換期かもしれない。

2009年7月23日 (木)

ゆったりと・・時流れ

 日食だ!老人会の誕生会じゃ!と慌ただしく過ぎた昨日に比べ、今朝の目覚めはゆったりしている。5時45分に目を開き二度寝したら8時半になっていた。

022  朝食を済ませて庭を見てオッ! 葉っぱの陰で密かに育っていたゴーヤが一晩のうちに黄色に変色しているではないか(・_・)エッ....?

 早速、塩で揉んで湯掻いてマヨネーズをかけて食べる。可哀そうに最後まで日蔭の実(身)だったね~とじっくり味わってやった。

 先日、娘婿に命を吹き込んでもらったhpの複合機。カラーとモノクロのコピーにしか使っていなかったが、今日はレジュメ(モノクロ)と回覧書類(カラー)のプリントが必要なので動いてもらった。

023

 最近のプリンターがどれほどレベルアップしているか知らないが、現在家にあるカラリオPM-D770とは兎と亀ほどの違いがあった。

 電源を入れスタンバイまでのウオーミングアップ時間はD770の35秒に対してhpは22秒と13秒の差しかないが、普通紙へのプリントアウトは倍速と言ってもよいほどだ。これでインク代などの維持費が安かったら日本のメーカーはウカウカしていられないだろう。

 プリンターと言えばエプソン・キャノンとしか思い浮かばないユーザーは考え直す必要がある。

 ・・・時間がたったら欠点が出てきて、ボロクソに書くかも?

 

051  夕食はカミサンの食べたいものでそろえた。

 丸ナスと家で採れたしし唐の焼きものショウガ醤油味・焼き紅鮭・九条ネギたっぷり入り卵焼き(下ごしらえはダンボ、焼いたのはカミサン)・オクラとなめ茸のあえもの etc

 ねばねばの食べ物が身体によいと娘から聞いていたので、オクラを湯掻いた時反射的になめ茸の瓶詰を思い出し和えてみた。

 ご存知の方も多いと思うが抜群の相性!

 黙っていられなくなって記事にした。

 

2009年7月22日 (水)

日食見えた?

 朝からご当地は厚い雲に覆われている。

 これじゃ日食の観測はできそうにない。

 それに、老人クラブの「誕生会」が10時半から始まるから、諦めがついた。

 開会の挨拶に、日食にふれ途中でも太陽が顔を出したら適当に席をはずして見てくださいと断っておいた。

022  しかし、挨拶のあとでアトラクションのマジックが始まると、日食は忘れ去られてしまう。

 出演してもらったのは前区長(自治会長を区長という)のYさん。昔から芸達者でマジックに歌謡ショー、女形ややくざ姿で日舞と、素人のままでおいておくのは勿体ないほどの人物だ。

 老人クラブの出演は10年ぶり、益々腕をあげて皆からヤンヤの喝采をあびた。

 文字通り「独演」のYさん、テンポよく演技するには近い人の助けがいる。

023  「音響係」「アシスタント」「大道具係」に駆り出されたのは舞台近くの来賓席に座っていた現区長のMさんと市会議員のIさん。顎で使われてもお二人ともニコニコして言いなりになっている。

 マジックで笑う以上に可笑しかった。笑っている場合か!と言われそうだが、かくのごとく我が町内は格式張らず年寄を大事にしてくれる。

 良い所に住んだものだ。

 帰ってTVを点けたら、近畿各地で目撃された日食がくどいほど報道されている。  アリャ~ 

2009年7月21日 (火)

決める・・・

 レストランで「オムライス」にするか「オムレツ」にするかを決める些細なモノから、史上最悪との評判の首相が衆院解散を決めた(おそかった・・・・)ような重大なモノまで、人間は毎日何かしら決めながら生きているようだ。

 二者択一か、幾つかの選択肢から選んで決める連続が暮らしになっているように思う。

 自分だけ関係してるチッチャナことなら即決してもかまわないが、大きな行事の日取りを決めるのは軽々しく出来ない。

 

 明日は、老人クラブ3大イベントの一つ「誕生会」がある。今年1つ年をとるのを祝ってアトラクション・宴会・カラオケ・ビンゴで半日を過ごす。

 22日に決めたのは随分前だ。役員さんと相談して決めたが46年ぶりの日食の日と重なっているのを忘れていた。

 この食を逃したら、もう生きてお目にかかれない年齢層の集まり。

 大いに気になっても、もう走り出していたから変更はできない。

 こう009なると人間(俺だけか?)得手勝手なものだ。梅雨は明けなくていいと密かに念じてしまう。

001 003 006  とはいっても、雨粒をつけて咲き競う庭の花をみていたら浅ましくなった。

 

 会員さんが会場に来た時、欠けた太陽が出ていたら見てもらおうと黒ケント用紙にピンホールを開けたのを用意した。

 

2009年7月20日 (月)

eフレンズ

 生協共同購入の荷が入った。

 カミサンの食欲が落ちているので、正比例して注文量がかなり減っている。

 27品目、¥5,987 

 簡単に冷蔵庫に収まった、隙間が増えている。

033  入荷と同時にズシンと重いカタログと注文書が何時ものように届く

 メインカタログの「くらしのキャンバス」以外に8種類のカタログとチラシが入っている。オールカラーの購買欲をそそるものだが、どう考えても勿体ない。

 見ないカタログ、見ても買わないカタログ、見て品数の20分の1しか注文しないカタログ。

 後は再生紙として返しはするが、ペーパーレスの時代だ、ネットで購入したらエコになると早合点し、「eフレンズ」に登録した。http://www.kyoto.coop/e_canvass/index.html

 ところが・ところが・・・・・ インターネットで注文しても、変わらずにカタログが届くのだ。だから、何時もの注文書と重なって2倍届けられてしまう失敗をした。返品出来たが大変だった。

 慣れたらネット注文は確かに便利だ。重複注文防止や後から追加や削除が簡単にできるし、注文している途中で品数や金額が出てくるのでブレーキがかかる。履歴もバッチリ残っている。

 4回目のネット注文を難なくすませた昨夜、これで紙カタログの無駄を省けたらストレスは完全解消されるのにと残念だった。??カタログを作って生計を立てている人を脅かすのは問題だが・・・・

 天下の生協さんよ・・・・一考を望みます。

2009年7月19日 (日)

ザ・ン・ネ・ン

 昨夜は気合が入っていた。

 旨いゴーヤチャンプルーを娘にふるまって驚かせるために!

 念入りに調理した。ゴーヤは苦くなかったらゴーヤでない。けど、塩で軽くもんで湯通しした。

 次に木綿豆腐は電子レンジで水分を飛ばした後で重しをかけて水気をとった。

 豚バラ肉を一口大に切って軽く塩を振る。後モヤシと青ネギの粗切りを入れることにした。

 豚→豆腐→ゴーヤ→モヤシ・ネギの順に炒めいよいよ味付け。

 ここで個性を出す。オイスターソースとだし醤油だけにした。本来ならばもっと癖のある香辛料を使うが万人向きで我慢する。

 最後にとき卵を入れて火を切る。

 予想通りの味。自分で言うのもなんだがウ・マ・イ

 好みではないカミサンも皿に盛り付けただけ食べた。

 もっと食べたかったが娘夫婦のために7割方残す。

 朝も少しだけ食べた。味は落ちているが、まだ合格点。火を入れるほど不味くなるだろう。

 迂闊だった。冷蔵庫に入れなかった。

 午後、娘の来る前に見たら糸を引いている。臭いを嗅いだり舐めたりして傷んでいないと感じたが、やはり思い切って捨てた。ア・・・・・・・ァ・・・・・・・

 昨日のマイブログを読んでいる娘夫婦が来た。

 「傷んだみたいやし、捨てた」

 「なんや(娘)」「ニヤッ(婿)」

 この悔しさ金輪際分かってたまるか!

016

 良いこともあった。僕はマニュアルなんか読みませんと豪語する婿のA君が、先日買って放置していたHP社の多機能機にインクを入れ、カラーコピーが取れるようにしてくれた。

 現物よりも美しくコピーできる(写真参照)

 やれやれ、悲喜交々の1日だった。

2009年7月18日 (土)

初ゴーヤ

 今年のゴーヤはMさんから頂いてのを料理して食べた。

 チャンプルーでなくサラダ系で食べた。横目で我が家のゴーヤを見ながら・・・

 本日晴れて収穫を決意した。

 1番乗りした最大のゴーヤは垂直にぶら下がらずに、隣のつるに絡まって横に006 なって成長した変わり種だった。

 体長25㎝ ・  胴回り18㎝ なかなかスマートな紡錘形をしている。

 さて、我が家の初ゴーヤは、チャンプルーにしよう。

 地域の老連会長会の帰り、スーパーに寄って豚バラを買って帰った。

 ネットで一応レシピを調べたが、どうせ自己流にしてしまうに決まっている。

 味の採点は明日やって来る娘にさせる。作りたてでなくても「美味しくない」等と言わせない!

 

2009年7月17日 (金)

自由民主党

 素晴らしい政党です。

 半世紀以上も政権を手放さす君臨し、冷や飯を食ったことのない負け知らずの政党です。

 日本を他の政党に任せたことがないので、私たちに自民党政治しか経験させず、一党独裁を感じさせなかった凄い政党です。

 自由民主党の名の通り自由でした。

 多士済々です、先生方は個性的で何処かの党のように誰に尋ねても同じ答えが返ってくる金太郎飴みないな政党ではありません。

 それが、総裁を選び損ねてから風向きが変わりました。都議選敗北が台風になりました。

 政治家にとって権力は必需品です、空気であり水であり無くては生きていけません。それが危うくなったので大混乱です。

 与党議席を大幅に減らし頭にきた傲慢知事が「非常に優れた卓抜な首相を頂くといろいろ混乱があるみたいだ。自民党の幹事長が都議会に来て陳謝するのはまさに未曽有(ミゾユウ)なことじゃないか」と皮肉ったとか?

 麻生降ろしの反乱軍は、兵糧攻め・非公認攻め・刺客脅しで鎮圧されました。

 こうなると、不自由党です。

 それと、その権力亡者のゴタゴタに国民は爪の垢ほども登場しません。

 190 正に、民主は名ばかりで、「離民」で「忘民」で「放民」です。

 不自由離民党に変貌するなら、このへんで「永眠」してもらいたいものです。

 

2009年7月16日 (木)

騙されたと思って

 昨夜NHKの「ためしてガッテン」低温蒸しを見ていた。http://cgi2.nhk.or.jp/gatten/archive/program.cgi?p_id=P2008 0090715

いや、見ていたというのは正確でない。裏番組「阪神対中日戦」を弱いものみたさで観戦していたから、こま切れで眺めていた。

 要するに、80℃を超えないように野菜を蒸したら常識破りの旨みが出るという話と理解した。

 早速、昼に試してみる。生シイタケとエノキとピーマンを使った。放送にあったような道具はないので写真のようなあり合わせのもので代用する。温度計は体温計すらない家だからカンが頼り。

 蒸し野菜に関しては前にも書いている。

http://hirosi-dambo.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_f34e.html

 低温蒸し野菜の出来栄えはというと、エノキは際立って美味しいと感じた。今ま011 で作っていた蒸し野菜は味付けして蒸しているのにそれを凌駕する。

 シイタケとピーマンはあまり蒸したことがないので比較できないが、それぞれに元味が生きていた、食欲不振のカミサンが食べたから合格点だ。もっとデリケートな調理をしたら間違いなく美味しくなるだろう。

 騙されたと思ってなんてNHKに失礼だけど、常識破りの事をしてみるもんだと思った。

2009年7月15日 (水)

盲点

 寝転んでゴーヤのカーテン越しに庭を眺めていて「ア~ッ」と声をあげた。

 002 普段は上から目線だから見つからなかったゴーヤが一つぶら下がっている。

 もう少し成長したらお尻がテラスのタイルに引っつきそうな低位置で、他の3つより栄養がとりやすいのか立派だった。

003

 上から葉っぱがかぶさっていたとはいえ、盲点だった。

 虫が少ないので受粉の手助けをするのに、毎朝雌花の監視を怠らなかったのに見落とした。にもかかわらず自然の力で実を太らせている。

 見ているけれど、観たり・看たり・視ていない?!

 朝刊に西正氏のコラムがあった。『「検索頼み」知見狭める』

 インターネットの普及で、関心のあるテーマを検索し手軽に速く情報を引き出せる。でも、それによって同じようなものばかり目にし情報が偏ってしまう。

 書籍を購入するのにネット通販は便利だが、書店へ買いに行ったら手にとって見られるしその辺に陳列されている本を買ってしまうことがある。衝動買いの良さや掘り出し物を見つけるチャンスがない。

 ネットから必要な情報を引き出しているだけでは、幅広い知性・感性を得ることは難しくなる。情報は氾濫どころか減っていると思われる。

 ざっと以上のようなことが書かれていた。

 

 グーグってばかりを反省したし、ローアングルから発見できたゴーヤのこともあり、時には百科事典や広辞苑も開いてみよう!かな

 

 

2009年7月14日 (火)

週刊朝日

011  病院の売店で「週刊朝日」を買った。

 待合室の週刊誌にはヌード写真の入ったのが多く、週刊朝日を目にする機会は少ない。

 表紙の惹句を見て反射的に手に取り小銭を出した。

 政権の字が小さくて「麻生頓死」で驚き、西川社長がまだ「副業」で眉をひそめた。

 都議選炎上・サミット成果なし-この一年ブレなかったのは「役人至上主義」と「決断できないこと」と見出しの過激さ同様中味も酷い。

 『麻生さんは首相としての能力、知力、先見性など必要な要素すべてが欠けていた人物だったということ・・・・ミソのない蟹みたいなもんでした。中身はスカスカでハズレでしたね。』評論家・屋山氏は感じていても気の毒で言えなかったことを遠慮なく口にしている。

 先日の読売新聞の投稿コント「サミット会場で次は誰が来るの?と聞かれた。麻生太郎」上手い!と拍手したが、あまりにも真実味があって笑えなかった。

 麻生さん、あらゆるマスコミから叩かれバカにされた首相として歴史に名を残すだろう。

 「日本郵政西川社長のアルバイト」鳩山を追い落として社長の座を守った西川氏、それほど大事な職務だったら命がけで経営するべきなのに、アルバイトでがっちり儲けているというお粗末な話。

 6社も兼務していた社外役員を3社に減らしたが、年に数回顔を出す取締役会に本業をサボって顔を出し、2社から年間3225万円を得ているらしい。(日本郵政社長報酬は約3000万円)

 金持ちの欲は限がないのである。

 以上のようなゴシップ?ばかりでない。

 「キャリア官僚誌上座談会・霞が関の民主党対策」という不気味な記事もある。

 恐ろしい言葉だけピックアップ。

 「ミスター年金の長妻さんは批判しかできないし、弱者に優しい山井さんは政策が理解できない、仙石さんや枝野さんは、歓迎しないけど、厚労行政の言葉を理解している」

 「どうせ改革などできないだろうという安心感がある。政務次官が大幅に増えそうだが霞が関を知らない議員や民間人が突然来たところで手も足も出ない」

 「民主党政権はそれほど長く持たないのでは・・?立派なマニフェストができていても「実現できない」とか「先送り」が増えるはず」

 この官僚の自信。政治家を政治ぐらいしか思っていないらしい。

 週刊誌程度の情報と侮れない。¥350は安かった。

2009年7月13日 (月)

政治かっぱえびせん

 「やめられない止まらない」  政治のかっぱえびせん状態が続いている。

 野党の勢いが止まらない。

 昨夜RYOとYUが帰って、ブログを書きながら東京都議選の速報を見ていた。

 結局、NHKのニュースを11時まで見た。

 予想はしていてもここまで変わるとは考えられなかった。

 当選者の数もさることながら、開き過ぎる得票数の差に民衆の怖さを感じる。

 傲慢がスーツ着て歩いているような知事はどんな顔をしているのだろう、写真やコメントがないのはもの足りない。

020

 都議選よりも驚いたのが同じ1面の記事「奈良市長選挙結果」だ。

 奈良といえばガチガチの保守王国。共産党まで相乗りする独走態勢だったのに、33歳の政治素人の新人に前市長だった知名度高い候補者が破れた。

 原因は新人が民主党、前市長・衆議院議員が自民公明の推薦を受けたからだ。

 

 政権政党が変わっても、日本の政治が直ぐに好転するとは思えない。

 自民も民主も幹は同じだし、アメリカの共和と民主、イギリスの労働党と保守党ほどの違いが出せるかも未知数だ。それに、今までの馴れ合いできた官と対立して混乱するかもしれない。

 でも、変わるというのは何か希望がもてる。

 今、希望のもてないどん底は自民公明の議員さんだろう。

 間違っても同情票などあげませんけど・・・・

2009年7月12日 (日)

見舞われ疲れ

 バッちゃんの一大事と、RYOとYUとその両親が見舞いに来て丸二日、さっき大声のバイバイを残して帰った。

 カミサンは、背中の痛み腹部の不快感を抱えていても、一時気が紛れるので孫と遊び世話もできる。

 娘は実家に帰って、カミサンのカウンセラーをしハンドパワーで苦痛をとろうとするから、家事は最低限しかできない。

 しわ寄せは私、それも、賄い専属だ。

 「ブラックタイガーの塩焼き」「シーフードカレー」「ピーマンともやしと人参と玉ねぎとハムの炒め物オイスターソース味」「塩鮭とシシャモの焼き物」「茄子と大根と玉ねぎとわかめの味噌汁」「キムチトーストとホットケーキ」「キュウリとナスのあっさり漬」・・・etc 後は忘れた。

 救いは、社交辞令でも皆が「美味しい」と言ってくれること。

131  YUが家ではピーマンを取り除かないと食べないのに、ジッちゃんのは大口開けて食べてくれる。

 という次第で、へとへと・・・・RYOの撮った「ごめんなさいカエル」で本日は終了。

2009年7月11日 (土)

訳ありの夢

 熟睡と快便が身上のダンボは年に数回しか夢をみない。

 昨夜は珍しく夢を見た。理由ははっきりしている。

 昨夜遅くにRYOとYUがカミサンの見舞いがてら両親と共にやって来た。

 RYOは家に着くなり自分の撮った写真を見せる。

 ショック!

 ダンボが苦労して苦労して撮れなかった「すずめ」の写真を何枚もカメラに収め101 ていた。親から見捨てられた子すずめとはいえ指に乗ったのも写してやがる。

121 150 262  他にも参りました!のカエルや虫の写真が数十枚あった。

 悔しいけど「ブログに使わせてもらいまっせ」と、強引にパソコンに取り込んだ。

 RYOの注文は「僕が写したと書いといてや」だけ。シメシメ著作権はジジが握ったのも同然。親も「小出しに使って・・・」と遠慮がちに言うが、そこは、親の親の権威でニヤッと笑って誤魔化す。

 それで、夢の中身は・・・

『座っていたら近くにスズメがきた。目があうとスズメがベルトの上に飛んで来て止まる。そして、目を合わせたままスズメはチョンチョン飛びながら上へ上へと上がってきた。胸から顎へ「喉乾いたの」と口をすぼめたら、くちばしで口に溜まった液体を・・・』で、目覚めた。

 朝食の席で皆に披露したら、「そら、ジイチャンのチュー願望の現れや」とRYOの写真のせいにしてくれなかった。

2009年7月10日 (金)

昨日の写真

 一夜明けた本日は悪天候ι(´Д`υ)アセアセ

 幸運に感謝しながらパソコンに取り込んだ昨日の写真を眺めていたら、ブログに載せたくなった。

 傑作・秀作とはいえなくても、自分で面白かったり珍しかったりのショットがある。

 ズ~ッとムービーばかりしていたので、決定的瞬間を捕まえるのが不得意。生き物相手の写真で(人間は別)満足なのが撮れたためしがない。

007  あわじ花さじきでモンシロチョウが群がっていた。群れを撮ったのに蝶の姿が見えず、ド・アップの1枚だけが合格した。

 031 大鳴門橋。車が通っている下にこんな大きな空間があるとは知らなかった。

055  地面を這っていたコアラ君がやおら木に登り始める。動作緩慢。

天敵が居なくてよかったね。オーストラリアで抱っこしたのと同じくらいの大きさだった。

 ペリカンは近くで見ると迫力満点。義理にでも可愛いとは云えません。

059

 061 相変わらず気性の荒いエミュー。その辺の葉っぱを勢いよく呑み込んだ。

062  ワラビーのカップル?妊娠してるようだった。

 

065 おい、お前は誰だ?。ウサギです。

 066 プレーリードックはダンボより好奇心が強そう?!

 

2009年7月 9日 (木)

イングランドの丘

 老人クラブの日帰り旅行、経費すべてを切り詰めて皆さんの参加を増やすためバス代の安い梅雨真っ只中の日を選ぶ。

 これは一種の賭けである。

 賭けが当たった。

 「私は晴れ女」を自称する役員が2日前の風邪発熱から回復して参加してくれた。

 全面的に信用する。

015  行先は淡路島の農業公園「イングランドの丘」

 明石大橋を渡ってバスを止めたのが「あわじ花さじき」

 オールシーズン花を咲かせる意欲は素晴らしい。

022 029  昼食は、大鳴門橋のたもとのレストラン。

 橋の保全用作業路から、大潮で迫力のある潮の流れが見えた。

 イングランドの丘は、何処とも同じで入場者が少ない。子どもも大人も楽しめる工夫があるのに勿体ない。

 イングランドの名称なのにオーストラリアに変更したいほど、何故か動物に力が054入っている。

  コアラ・エミュー・ワラビー・プレーリードック・・・・シャッターを押し続け、気付いたら人のスナップよりも遥かに枚数が多かった。

 特にコアラは日本とオーストラリアで何匹も見たが地面をのそのそしているのは初めてだった。

 夏休みRYOとYUを連れて来たい。

2009年7月 8日 (水)

白・青・家ゴーヤ

 朝、Mさんが老人会の回覧文書を作って来られた。

 速い!昨日「やりましょう!」と持って帰られたのに・・・・もうカラーの絵入りで、旅行とカローリング(カーリングの床版)の申込書が出来上がっていた。

 同時に差し出されたのが写真のゴーヤ。

006  「ゴーヤお好きですか?」 「勿論!へ~~これ、菜園で採れたんですか?」

 我が家のと比べてあまりにも格差があるので自家製と信じられなかった。

 「はあ、出来ましたんやけど」

 「いやー家も作ってますけど、まだこれくらいで・・」と、小指の第一関節を見せる。

 Mさんには、水石の後で赤玉ねぎを沢山頂いてるのにと・・チョット気が引けた。

 が、次の瞬間『冷蔵庫に豚肉あったかな?』と考えるダンボ。

001  有り難く頂き、改めて我が家のゴーヤと会見した。

 若かったら「カワイイイ~~~」と言うだろうが、実益主義者は「はよ大きならんかい!」とハッパかけるしか能がない。

 

 

2009年7月 7日 (火)

OLD七夕

 RYOとYUの親から電話があった。

 「今日の七夕は満月でパワー3倍、そうめん食べて願い事したら・・・・?」

 電話を受けたカミサンがその気になった。

 005 二人だけではもの足りん。先日の映画観賞のように妹二人を招集し前期・後期高齢者の七夕祭りが急遽開催の運びとなった。

 イベントが無かったら横になってるから、いい刺激だ!

 カミサン張り切って昼寝せずに頑張った。

 どっさり素麺を茹で上げ、素麺つゆに入れる具を用意する。

 妹もどっさり鯖寿司と細巻き菓子にお茶と持ち込んできた。

014  「先ず短冊に願いを書きなさい。」

 「七夕祭りなんて何年ぶりやろ」と言いつつ、元教師のカミサンが仕切ると皆素直に従います。

 016 賑やかな笹になったところで宴会が始まった。

 高齢者はそんなに食べられるものではない、沢山余ってお持ち帰りをお願い!

 

何の願いもない・・・・と豪語するほど超越していない。

 四つ書いたが、かなえて欲しい。(願いは内緒)

 

2009年7月 6日 (月)

果たして安かった?

 6月21日父の日に、娘3人がプリンターを買ってあげるの申し出があったのは記事にした。

 差し迫って欲しい物でなし本気で物色してはいなかった。

 ところが、本と古いCDを探すのにアマゾンのサイトを見ていてら、とんでもない掘り出し物にぶつかってしまった。

 ヒューレットパッカード製の複合機、HP Officejet 6500 All in One が50%引きで出ている。

 プリンターといえばエプソンとキャノンの独壇場で、HPはジャパネットTさんのおまけに顔を出すぐらいかと思っていたら、ランニングコストが低く結構評価が高い。

 娘達の出費も考え代金引換で注文した。

 速かった。発注してから3日目の今日到着。 

 002 やれ嬉しや!(*^-^)梱包を解いてエェ~ッヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

 マニュアルがない!いや・・ある? 少し厚手の冊子はファックス入門ガイド!

 俺は電話機にあるからファックスなんか関係ない!

 説明書は「英語」「中国語」「インドネシア語」「アラビア語」「台湾語」「韓国語」の順になっていて最後に「日本語」で簡単に説明している。

 セットアップから、絵解きのクイズみたいな図面で・・・PCや電源の接続、インクの装填、紙の補充、分からんことずくめ

 付属のCDをビスタマシンにインストールしたら解決するかと試したが、それも壁に阻まれた。

 諦めた!

 明日からじっくりHPの会社にメールして使える手を考える。

 アマゾンも日本HPもインターナショナルな企業だろう。日本で商売するならもうチョット考えて!

 この買い物・・・果たして安かったの?

2009年7月 5日 (日)

コピー

 義姉の三回忌、大徳寺の塔頭「聚光院」に日頃顔を合わすことのない親戚が集まった。

 このお寺は、千利休と三千家歴代の墓で有名だが、建物も国宝、重文の塊みたいな古刹だ。

 002 中でも、方丈の狩野松栄・永徳親子の描いた襖絵28面が有名だが、全部で60面以上?ある障壁画は総て国宝か準国宝になっている。

 ただ、それ等は3年前に最新のデジタル技術でコピーをとり実物は京都国立博物館に保管された。

 今までに、本物もコピーも至近距離で見てきたが、全く見分けはつかない。

001

 見ているうちに変になる。一体我々が有り難がっている本物とは何なんだろう?

 クローン動物のように全く同じに作られたら、片方に値打ちがあり一方は価値が下がるとはいえない。

 複写されるものが信仰の対象とかいった特殊な物だったら、偽物に値打ちが無くなるかも知れない、それでも、「鰯の頭も信心から」で別意見もあるだろう。

 美術品のように受け止め側にその価値を委ねられるものは、本物と同じ感動を受けるならばコピーでも何ら差し支えないように思えてきた。

 精進落としの席で住職に聞いた。

 「おっさん(お坊さんのこと)本物が博物館に行ってホッとしたでしょう?」

 「そりゃーもう、どんなに気楽になったか・・・・」

 ブランド物のコピーをもって得意になるのとは次元の違う話だ。

 

2009年7月 4日 (土)

朝顔

 ゴーヤは今年の新参者。我が家で毎年威張っているツル植物は「朝顔」だ。

 とはいっても、新しい種や苗を買って来て育てない。種を丹念に採って(全部カミサンの役)次の年に蒔いて育てる(これもカミサンの役)と言った数代に亘る朝顔君ばかり。

 劣性遺伝で年々花は小さくなり色が同じになっていくが、品評会に出すでなく、朝顔市で売るわけでないから、あるがままを楽しんでいる。

 そもそも、日本の古典園芸植物のトップを走っている朝顔は庶民のもの。

 加賀千代女の「朝顔に(や)つるべとられて・・・」は有名すぎるので、一茶の句を探したら、もう目を回すほど出てきた。

 「門涼み余所は朝顔咲きにけり」「赤くてもああ朝顔はあさ顔ぞ」「朝顔の花で鼻かむ女哉」と、いかにも庶民的。

 中には「朝顔やしたたかぬれし通り雨」と千代女同様心優しいのもあった。

 002 で・・・・我が家の朝顔はというとツルがどんどん伸びている。鉢に立てたリング支柱では足りないので、先日ホームセンターで買ってきた棚?(枠?アーチ?)を立てる。

 幸い雨で地面が柔らかいので簡単に立ったが1鉢分しかない。もう一つはヒマラヤスギの根元に置いて後は自主性に任せた。 俳句とはいえぬ呟きが・・・

 「朝顔のつるに急かされ棚作り」 お粗末でした。

2009年7月 3日 (金)

ゴーヤがいい

 日本人なら誰もが知っていた。それでもズ~ッと政府は否定し続け、まだ認めようとしないものがある。

 日米が核持ち込み密約を交わし、アメリカの原子力空母や潜水艦が核兵器を搭載したまま日本の港に寄港したり、領海を通過していたのを・・・・・

 日本政府は国民が黙認し(諦め?)ていて、当のアメリカも情報公開している事実を否定していた。

 「非核三原則」を国是としている国が、そんな違法をしておりません!

 とうとう、村田元外務次官が、密約の存在を認めたのに、まだ、外相はNOと言う。

 それなのに、頬かむり政府安泰のために、野党党首の政治献金の違法について、説明したのに不十分と姦しい。

 説明責任を云々するなら、もっと大事なことあるやろ!

 国策や外交よりも選挙に勝つことしか頭にない連中にホトホト愛想を尽かす。

 政治について書くのが最近嫌になった。

 011_2 だから、今日はスクスク育つゴーヤの近況を・・・

 梅雨の雨をタップリ吸ったゴーヤの伸びは速い。8日前に記事にした時の2倍になったようだ、ベランダの手すりに接近中。

 摘芯しないから網を無統制に這い上る。朝顔もそれに加わってきたからどうなることやら?

 目論見通りゴーヤが実ったら、重みに網が耐えられるだろうか?強い風が吹いたら網が飛ばされるのでは・・・・?

 獲らぬ狸の皮算用で心配ばかりしているが、Yさんのコメント通り次々と咲いた可憐な花は総て雄花ばかり・・・・

 育てているダンボは♀が好きなんだよ~

 

2009年7月 2日 (木)

比べると・・・

 生きて社会生活をしている限り「比べる」ことから逃れられない気がする。

 兄弟を比べるなとか、損得を比べるなとか、美醜をくらべるなとか、他人と比べて卑下したり優越感をもつなとか・・・比べることを悪しざまに言われる場面がある。

 でも、利害得失に関係なく、どちらが好きかを比べられなかったら自分が無いも同然だ。

 新聞の看板コラム。朝日なら「天声人語」。読売の「編集手帳」。日経の「春秋」

 幸いなことに「くらべる一面:あらたにす」で、3社のコラムが読める。

 それほどでもない時もあるが、どの社のも素晴らしい中味。ブログを書く参考になる。

014  

 最近、あるきっかけで読み比べを始めた。   面白い!

 今日の読売は、寛政の改革を話の糸口に鳩山代表の金銭感覚をなじり永田町には感性の改革が必要と説いている。上手い!

 他の2紙は取り上げていないので探した。

 毎日新聞はコラムで同じように鳩山代表に斬りかかっているが、返す刀で与謝野大臣にも斬りつけ、国民がつく溜息の深さを知れと公平な論調だ。

 比べたら毎日が好き!

 最近(最近しか読んでいない)の3つのコラムで1番魅かれるのは「春秋」だ。

 日経といえば認識不足で日経連の御用新聞かと思ったら「春秋」は最も鋭く権力を批判しているように読めた。

 6月29日にも要約するとこんな文章が載った。

 「大手金融機関の企画担当者から聞いた愚痴。コスト削減の大号令が下っても、どうしても切れない出費がある。官僚のOBが営む複数の「研究所」に払う数千万円の調査委託費や情報料だ。

 給料こっち持ちで研究員を研究所に派遣し、シンポジュームには黒塗りの車の送迎や大宴会の経費も負担させられる。見返りで送られてくる極秘書類は政官界のうわさ話程度のもの。

 企業にたかる元官僚は言語道断だが、それを許す経営者も悪い」

 (まだこんな実態が横行しているのだ)

 今朝の「春秋」も鋭かった、国立メディア芸術総合センター(マンガの殿堂)をナンセンスと断じている。

 三大新聞社の看板コラムを比べてみたら、今のところ「春秋」が好きだな~

 

2009年7月 1日 (水)

ブログつながり

 ココログのトラブルで1日抜けた「ダンボ独り言」

 マリ(後ろで糸引いている長女)に続いてRYUとYUの親からも「生きてるの?」の電話あり・・・死んでたまるか!

 その影響力に、たかがブログと侮れないパワーを感じる。

 追い打ちかけるようにpcboys君のコメントが入る。

 「日付を修正できるから今日のブログを6月30日にすべし!方法は次の通り・・」

 完全に師弟の立場逆転したが喜んで指示に従う。 でも、モバイルを使っているとはいえpcboys君よ仕事してるんか?

 前のバイオが壊れた時、お気に入りのHPやブログのアドレスはご破算にして、コツコツと集め、ヨミ専でも1日1回は訪問している。

 お気に入りの条件は・・・・ダンボ基準で 

 1.面白いこと   2.あまり長くないこと(例外的に「きっこ」や「カナダde日本語」などあるが)  3.美しいこと(観賞用でSpice of Life京の街角) 4.ポジティブなこと  5.何か筋が通っているが真面目過ぎないこと   6.話題が豊富なこと etc

 自分を棚に上げてハードル高いが、要するに好きなものという自己中的選択だ。

 最近ハマっているのが、HANMEさんの”日々是戯れ言”

http://sugar.blog.eonet.jp/hanme/

 それから手繰って到達した、ひろ子はんの”嫁のひとりごと”

 百聞は一見にしかず、炸裂するパワーに読者の免疫力が高まること間違いなし。

024  「滋賀咲くブログ」のご近所井戸端会議風サイトも面白く、中でも訪問頻度の高いのは風花さんの”風便り~ながるるまま~”総て携帯からの投稿だそうでそのテクニックに感心する。「株式会社アトゥム」のnaさんのブログは自社の宣伝よりも趣味が勝っていてそれが楽しみ。

 ネットが広がって、マッサージに通って、ルテイン飲んで、目薬さして、今日もブログつながりの粘る網の中でダンボがのたうっている。

 ※「お気に入り」が女性しか挙がってません。他にもあるのですが長くなるので・・・

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ