« トゲトゲの野菜 | トップページ | ゴーヤその後 »

2009年6月23日 (火)

もったいないより儲け

 今日発信された全国のブログのテーマに「セブンイレブン」が山ほど登場しただろう。

 コンビニは便利だと思う。差し当たって欲しい日用品や食べ物が少々高いが手に入るし、ポストもコピー機もATMもネットショップの端末もある。

 でも、若者のように利用しない。生協・スーパーに行く回数よりはるかに少ない。だから、公取委のセブンイレブンへの見切り販売制限排除命令がニュースになって初めて安売りしないコンビニに気付いた。

 我々(カミサンと私)のような戦中派は、食べ物を捨てるのはよくよくのこと、高価な機械でも壊れたら捨てられるのに、¥100もしない期限切れの食べ物は簡単に捨てられない。

 食糧不足の苦しさを骨の髄まで刻み込まれたし、食べ物を捨てたりしたらお天道様に申し訳ないという信仰みたいなのもある。

 だから、食品の売れ残りに何時もいらん心配をしている。「どうするんやろ?」「どっか施設にでもあげるのかな?」「家畜の餌?」「加工して肥料?」「いずれにしてももったいない」

 生協などは、サービスワゴンに半額になった商品が置いてあるし、¥○○引きなど当たり前。売れ残りを最低量にする努力は何処ともしていると思っていた。

 

 セブンイレブンの本社の締め付けは相当なものだったらしい。そこには、もったいない意識は全くない。

 セブンイレブンジャパンのHPにアクセスし、企業情報のニュースリリース②を読んだ、http://www.sej.co.jp/corp/news/

 強気な論調で公取委に真っ向勝負を挑んでいるようだった。

 消費期限を改ざんする一流料亭もあったから、セブンイレブンの良心かもしれないが、廃棄を減らす責任を契約店に押し付けるのは酷だろう。それと、グローバルな資源の無駄を考えないのだろうか?

 これからも必要最低限しかコンビニは使わない。

 ここ1年で、私が知っていて入ったことのあるセブンイレブンが3店舗も姿を消したがどうしたんだろう?

« トゲトゲの野菜 | トップページ | ゴーヤその後 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

私は、セブンイレブンの態度も
この業態を作ったパイオニアメーカーだから
仕方がないと思います。
加盟店に廃棄コストをすべて
負担させていたことは、ちょっと
びっくりしました。しかし、京都の某大手
ゲーム機器メーカーは、新作ソフトを発売する時
発売予定本数をソフト制作会社から聞き
ソフト制作会社には作らせず、あらかじめその発売予定本数を
作ってその場で制作費をもらって渡すという、
それはそれは凄い商売をしているという噂です。
売れ残りのリスクは、必然的にすべてソフト制作会社負担!!
という話を聞いたことを思い出しました。
先生の周りのセブンイレブンがなくなったのは
廃棄コスト負担で倒産したのかも!!
いずれにせよ、やりすぎたらだめです。
もったいないという問題は別の観点で、
賞味期限切れを平気で店頭の並べられても
食の安全から問題ですし、
私は、基本コンビニは、
ATMを利用するか、
帰宅時に急にお酒が飲みたくなって
缶ビールを買って飲むぐらいですね。(笑)
プロジェクトX(アメリカからおちこぼれサラリーマンが、アメリカ中を探し歩き、セブンイレブンのブランドを購入して、コンビニを日本に根付かせた話)を見ましたが、やり過ぎは淘汰されると思います。
もっと加盟店を大事にしないといけないと単純に思いました。

賞味期限が切れてしまったものを店頭に並べられたら ちょっと・・・と思いますが、
そろそろ その期限が迫ってるぞ~ というもの位は、値引きして、早く売ってしまえるようにすればいいのに・・・と 単純な消費者は考えてしまいます。
お店も、お客も喜ぶのにねぇ・・・と。
賞味期限の違うのが並んでいたら、できるだけ新しいのを選んでしまう、私としては、少々後ろめたい気もします。
セブンイレブンは企業イメージのために 値下げ行為を禁止したらしいですけれど、結局 今回の件で、随分とイメージ 悪くなりましたね。

このニュース、いろいろ考えさせられるものですね。
ほんと、私なんかは そろそろ期限がくるものは値引きして売る というのは売る側買う側両者にとっていいことだ なんて思うんですけどね。
ま、難しい問題もあるってこともわかるし、トラブルにつながるかもしれないことにはナーバスにもなるんでしょうけどね・・・

 そもそも私のような準化石人間のジレンマは「賞味期限」とか「消費期限」に縛られている自分に納得できず従っているところにあるのです。
 食べ物が食べられる限界を決めるのは、自分の舌であり、鼻だったのはそう遠い昔のことではありません。pcboysさんもHANMEさんもぽこさんも、お父さんお母さんはそうしておられた筈です。
 食糧自給率が40%を切る日本で、企業イメージを損なわぬためとはいえ、期限切れ→廃棄でなく、もっと考える余地があってもいいのではないか?一企業の問題ではないと思うのですが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もったいないより儲け:

« トゲトゲの野菜 | トップページ | ゴーヤその後 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ