« お助けマン | トップページ | それなりに »

2009年5月31日 (日)

ビスタというやつ

 ウィンドウズビスタのパソコンを初めて触れる訳ではない。

 去年の中頃、バイオを衝動買いした。初期設定しただけで、そのうち勉強しようとのんびり構えていたら、長女が自分のが壊れたから貸してほしいと持っていった。

 何時までも帰ってこないので痺れをきらし買値の4割引きで譲った。

 それで数時間ビスタのPCを自分のものとして触ったことがある。

 昨日から使い始めて戸惑うことが多い。パソコンユーザー大半の不評をかい事業所は未だにXPを使い続けている噂はもっともだと思う。

 「帰り道は車に気をつけなさい」と言って子どもたちを校門から送り出す先生みたいなパソコンだ。注意さえしておけば事故が起こっても一応責任逃れができると考えるのは見た目だけの親切さ!

 ズッコケかけたのは、自分がブログに投稿した写真を大きくしようとクリックしたら『このプログラムを使ってコンテンツ(内容)を開こうとしています』と窓が開き「許可する」か「許可しない」を尋ねる。

 成る程、ウィルスの脅威にさらされているウィンドウズの最新OSだから仕方がないか!と一手間かかるのを辛抱して写真1枚ずつクリックしながら見た。

013_2  呆れたのは、「許可する」をクリックしなくても「許可しない」でもウィンドを閉じる×をクリックしても写真が大きくなる。何のために尋ねるメッセージを出すんだよ!

 一事が万事ことある毎に「許可するか」を尋ねるのは『自己責任ですよ』と逃げ腰になっているよう・・・訴訟社会アメリカ製らしいOSだ。(XPはそれ程ではないのに)

 設定で使い易く変えられると思う。Pcboys君がプレゼントして呉れた本が役に立ちそうだ。

« お助けマン | トップページ | それなりに »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

( ̄ー ̄)ニヤリ
でしょ!!ブログにも予告して、お土産に持って行ったマニュアルも、気を使って持って帰るように断ってきたのを!!「私はウィンドウズXPを使っているから持って帰っても仕方がないと」と、持って行った2冊のマニュアルのうち1冊を何とか説得して置いてきて良かったです。”先生、超気遣い魔の頑固者ですからね。”(笑)
自分で少しづつカスタマイズしていくのが、一番覚えますし、パソコンは習うより慣れよ!!の典型品!!

ならうよりなれよ【習うより慣れよ】
物事は、人に教わるよりも自分で直接体験してゆく方が身につくということ。広辞苑 第六版 (C)2008 株式会社岩波書店

今回のように奮闘ぶりをブログにでも掲載して下さい。格闘の模様はリアルで先生の批評は読んでおもしろいですよ!!(笑)
パソコンはビスタ発売当初より確実に進歩してスペックなども向上してますから、グーグルで検索してもビスタを使えと応援している評論家の意見も出てました。

人の親切は素直に受けるべきですね。
 最近はパソコンの中にマニュアルが入っているので、本は要らないように勘違いしますが間違いですね。あの本を見ながらカスタマイズするのは乙なものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビスタというやつ:

« お助けマン | トップページ | それなりに »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ