« デザイン変更 | トップページ | かに道楽 »

2009年4月23日 (木)

無形文化財

 演者は小学校1年生から70歳代までの総て素人。仮面をつけて無言で演じ踊る。鳴り物は鐘と太鼓と笛、カンデンデンと単調な音楽だけ、演目は30曲のみ。それでいてこの演劇は「重要無形民族文化財」に指定されている。

 今日初めて「壬生狂言」を鑑賞した。Y新聞主催の鑑賞会に乗っかった。

009_2  壬生狂言についてはネットで山ほど情報が得られるから解説抜きで感想を書く。

 005_2 壬生寺は古刹を見慣れている目には貫禄の無い寺だ。それに、細長い観覧用の建物に遮られ、どこに狂言の舞台があるか分からない。

 舞台は能舞台に似ているが殺風景、観客席は舞台から離れていて屋根が一部にかかっているだけの吹きさらし。今日のように寒風か吹きつのったら冷凍人間になりかけだった。

011_2  「能狂言」と同じ様に「壬生狂言」も一部のひょうきんな所作は面白いが解説書がなかったら全体像がつかめない。

 かの有名な「焙烙割」も大量破壊のク014_2 ライマックスにいたるまで45分間も太鼓売りと焙烙売りと役人の様式化したやりとりがある。

 次に観た「大黒狩」は隠し妻(大黒)のある坊主が旦那にばれて裸にされ追放される「大黒」というより「坊主狩」だが坊さんの慌てぶりが滑稽でよく笑った。

 三幕目の紅葉狩をパスしてお寺の解説と普通は入れてもらえない舞台裏(舞台が高いから舞台下)を見せてもらった。

 これは、驚きの連続で値打ちがあった。大新聞主催の鑑賞会のお陰。

 寒さと闘いながら四幕目の「大原女」を観る。これは文句なしに面白い、現代なら吉本新喜劇といったところ。

 最後の演目「橋弁慶」は、小さい子から大人までが出演し、幼いが真摯な演技に惜しみなく拍手を送った。ゴリラの様な弁慶が出てきて又驚く。演技を増幅しているのは独創的な面の数々で、伊藤若冲が作って寄進したのもあると聞いて驚いた。民衆の力で「壬生狂言」が続いたのだとの説明を実感できた。

 一生一度だろうが、壬生狂言を鑑賞でき心が豊かになった一日だ。

 

 

 

« デザイン変更 | トップページ | かに道楽 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無形文化財:

« デザイン変更 | トップページ | かに道楽 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ