« 900日 | トップページ | カボチャからカレー »

2009年4月20日 (月)

人の顔でも・・

 001同じ人類・日本人の顔でもこんなに違うものか!

  医療を通して世の為人の為に尽くしている鎌田実さん。伝統芸能狂言を通し世の人を笑わせるのに精魂傾ける茂山千作さん。

003  二人の笑顔は、素晴らしい。

 一方、反省などしていないので、仕方なく仏頂面をうつむいて隠す、漢検前理事長、大久保昇。

005  金欲でブクブク膨れた顔は、同じ日本人の顔がこうも異なる見本みたいだ。

 腹の中で「金を儲けるのは悪いことですか?」と、開き直っているからこの顔になるのだろう。

 株式会社にして正当に税金を払って儲けりゃいいものを、下司は手段を選ばず汚い手を使う。

 「漢」のつく熟語には良い使われ方もあれば酷いのも多い。

 「悪漢」「暴漢」「凶漢」「怪漢」「痴漢」「無頼漢」もう一つ「強欲漢」も漢検で加えればよい。

 漢検が、IT時代の漢字文化に貢献したとか、ライセンスとして権威をもたせたとか、華やかな表看板の裏で繰り広げたドロドロは反吐が出るほど気持ちが悪い。

 「漢検」は「管見」(物事を狭くしか見ない)しかできないで「官憲」の手にかかった。

 「」に漢字を入れなさい。検定試験に出したら如何?

« 900日 | トップページ | カボチャからカレー »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人の顔でも・・:

« 900日 | トップページ | カボチャからカレー »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ