« 散髪の楽しみ | トップページ | サービス »

2009年3月 9日 (月)

日本はアジアで1番?!

 WBC・・・心配していた通り、日本は韓国に敗れアジアリーグ2位になった。

 でも、勝負は時の運、打線がつながらず得点できなかっただけで。ベースボールの実力は確実に日本が上である。

 負け惜しみではない。今日のゲームを見ていて日本野球の質の高さを実感した。

Wbc_002 Wbc_005  今日の勝負は可なりの点差で負けるのが常道だ。ペナントレースを見ていても、大差をつけて圧勝した後のゲームは、必ずと言っていいほど負ける。

   野球選手も監督も人間だ、いくら気を引き締めても、油Wbc_006断も慢心も生まれて当然。だから、史上まれに見る7回コールドで勝って、心に隙ができなかったら人間ではないWbc_007

 たった1点差の負け、それもヒットは韓国より多い。上出来だと思う。

 最も光っていたのは日本の連携プレーだ。これぞプロ!という場面を何度も演出している。韓国チームは真似できない。そして、そのカナメが城島だった。

 殊勲選手は城島だ!

 それぞれが、サラリーマン10人が生涯かかっても手にできない年俸を取っている一流選手。一国一城の主で天狗になってもしかるべきジャパンのメンバーがチームプレーに徹していたのは見ていて清々しい。

 それにしても、8回裏の原采配、中島に送りバントをさせたのは合点がいかない。それに3球3振バットにボールが触らない小笠原を何故代えない。

 まあいいじゃない。実力はあるんだから・・・・・と思っておこう。

« 散髪の楽しみ | トップページ | サービス »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

今、自分のとこで独り言言ってきたとこです。
中島の送りバント、同じこと書いてきました(^_-)-☆
それにしても、ほんと、これぞプロ!っていう連係プレーが何度もでしたね。何度テレビの前で叫んだことか(*^^)v

自分のブログを見る前にぽこさんのを見てコメントしたばかり。以心伝心とはこのことか?それにしても、ぽこさんの記事は大人しい。ダンボはこれでも控え目にしているんですが・・・・・・

やっぱり城島は最高!大リーグに行ったとき本当にガッカリしたものです。それにしても、韓国に1点が入る前に解説の古田氏が3塁を閉めないとと言った矢先の3塁打。試合の後に城島もまさに同じことを話していました。日本のキャッチャー、特に1流といわれる古田、城島の質の高さに痺れっぱなし。原采配はあんなものでしょう。また、イライラさせられそうな予感が・・・。山口投手の時は、守備陣が不安そうでしたね。イチローの信頼を原監督が得られるかどうかが鍵のような気がするのですが。アッ、そうそう、私が大好きだったかつての盗塁王緒方耕一が走塁コーチに。嬉しかったぁ!

cookieさんも燃えてますね~。今度の出会いで周囲が白けるほど野球談義をしましょうか?やっぱりヤメタ。私は八方美人ですから・・・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本はアジアで1番?!:

« 散髪の楽しみ | トップページ | サービス »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ