« 季節を問わず | トップページ | 逆転の発想 »

2009年2月17日 (火)

水石

 チャイムが鳴ったので玄関の戸を開けるとMさんが立っておられた。

002 012  先日、お尋ねして老人クラブのことをお願いした折、「よかったら進呈しますが?」と見せていただいた水石を、作った台座と一緒に手にしておられた。

 前から老人クラブの文集でMさんが水石愛好家であることを知っていた。

 NHKの教養番組「美の壷」で放映された「水石」を視て、水石について関心はなかったが、即座にMさんを思い出した。

 美の壷は出来る限り録画してDVDにしてある。Mさんに「ご覧になってなかったらどうぞ」とお貸ししたのがきっかけで、貴重なコレクションの一つを頂くことになった。

 004 石に無関心だった訳ではない。昨年12月19日の「庭の片隅」にも書いたが庭石の美に放心状態になったこともあるし、数えると庭に飛び石を入れたら26個も使っている。(グジャグジャの庭だが・・・)

007 008  しかし、頂いた水石(山)を眺めると確かにそこに世界が生まれる気分がする。大袈裟にいうと大地があり宇宙が広がる。

 嬉しい、ありがたい!

 又、新しい魅力に開眼した。趣味は限定しているので凝ることはないが、河原へ行くと石に目がいってしまうかも?

 「エビで鯛釣る」ならまだしも、元手要らずのDVDで、岐阜・揖斐川産の水石を手に入れた、正に「疑似餌で鯛釣った」になった。

 Mさんには、どんなお礼をしたらよいか頭が痛い。

« 季節を問わず | トップページ | 逆転の発想 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水石:

« 季節を問わず | トップページ | 逆転の発想 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ