« またまた戦の臭い | トップページ | 引き潮 »

2009年1月 5日 (月)

ネット買い

 昨年の11月23日に、年内に手振れ補正がついているデジカメを買うつもりを記事にした。

 何しろ、現在のカメラは少しでも光量不足だったら息を止めてそ~っとシャッターを押しても「手振れしています」のメッセージが出る。

 マニュアルを勉強するのも面倒だしオート頼み、フラッシュを使いたくなかったら太陽光の元で撮るより仕方のないカメラ。

 12月に入ってY電気に下見聞に行った。ポイントも結構あるし、気に入ったのがあったら買うつもりだった。

 しかし、迷う。

2  1番の売れ筋はパナソニックのDMC-FX37。液晶のファインダーが美しいし、広角に強そうだ。値段もそこそこ15%のポイントがついたら¥24,700で買える。

 ほぼ、決めて売り場を回ったらキャノンのRowerShotG10が置いてあった。手にとったら違う!持っただけでこのジャンルの最高機種だけの魅力がある。

 商業写真家の2女の婿に相談したら、「そりゃG10です」と即答だった。

 二つに一つと決めて家に帰りインターネットの「価格コム」で、最低価格を調べる。FX37は¥20,000と数百円。G10は約2倍して予算オーバーだが諦めなかった。

 年末は忙しく結局買わずに年を越した。

 そして、恒例の親子で花札。

 勝てば勿論予算を気にせずG10だった。運命の女神はそうジジイに頬笑まないで完敗!

 すごすご「価格コム」にアクセスしたら、FX37が2万を切っている。傍にいたヒロと長女の婿に(2女の婿は不在)「家電屋さんのカメラで大丈夫かな?」と聞くと、こちらは口を揃え「それで充分!」の返事だ。

 憤懣解消は買物に限る!即注文した。

Photo  最安値の店、送料込み、代引き手数料も込みで¥20,000でお釣りがくる。

 注文から4日で到着した。皮肉なことに2女の婿も来た。アドバイスを無視されても買ってしまったらと寛容だった。30分触った印象では今迄のニコンより使い勝手が良い。

 ブログにいい写真を載せなくては・・・・・・

« またまた戦の臭い | トップページ | 引き潮 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネット買い:

« またまた戦の臭い | トップページ | 引き潮 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ