« 霜の朝 | トップページ | 言論の自由 »

2008年12月 9日 (火)

有難い情報

 ダンボが頻繁(はんざつにあらず)に訪問するブログ「元ベース弾きの田舎暮らし」に涎のたれる記事が出た、月刊現代最終号について12月6日に載った。

 早速「貴重な情報ありがとうございました」とコメントをいれ、TSUTAYAへ走ったら雑誌のコーナーに山積みだった。

 講談社発行の「月刊現代」は「週刊現代」と同じ様に「ごった煮」「五目飯」で幅広い情報満載だ。

004  でも、執筆者に魅力があった。

 「魚住昭」「永六輔」「堺屋太一」「立花隆」「田原総一郎」「田丸公美子」「辺見庸」「室井滋」・・・・

 昨日から、図書館で借りた本が3冊もあるのに月刊現代を飛ばし読みしている。

 面白い!世間の裏情報が面白い。そして、嫌な人物を滅多切りしてくれるのが面白い。笑わせてくれるのが面白い。

001  何よりも見開きからのっている「緒形拳の絵手紙」のグラフが素晴らしい!

 「三宅島で行われたイベントに石原知事は民宿に泊まるのを嫌がって、1億円かけて村営宿泊施設をホテル並に改装させた・・」新東京銀行の破綻の責任を負おうとしない、ワンマン石原慎太郎の記事、胸がスカッとした。

 「問・子ども若者の科学離れといわれていますが・・・答『最近の商品は壊せなくなっていることが原因ではないでしょうか・・・・』」南部陽一郎シカゴ大名誉教授の対談。

 腹の皮がよじれたのは永六輔Vs矢崎泰久の対談だ。

 矢崎「オバマはホワイトハウスで犬を飼うって言っているけど、年齢差から言えば、ポチってわけにはいかいよなぁ」注(小泉はブッシュのポチと呼ばれた)

 永「じゃ『じいや』か。『じいや、インド洋で軍艦に油入れといてくれる?』『はい』って(笑)

 矢崎「いや、今よりもっと強い要求をしてくる可能性もありますよ『チェンジ、チェンジ』とか言われて、太郎じいやが思わず『イエス・アイ・キャン!』(笑)」

 他にも辺見庸の「なんのかんばせあって・・・」や「真珠湾攻撃・改竄された米公文書」など読み応えのある記事が楽しませてくれる。

 前にも書いたが「本は安い」と思う。ちなみに月刊現代は¥950

 

« 霜の朝 | トップページ | 言論の自由 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

さっそく行って買ってこよーっと! まさか、ダンボさんのブログを読んだ人がTSUTAYAに殺到して売り切れって事はないでしょう。
先日友人達と「なちや」さんに久しぶりに行ってきました。結婚祝い他を買ってきました。友人達もとても喜んでくれました。

 本が売切れになるほど「ダンボ独り言」にアクセスする人がいたら嬉しいのですがね・・・・雑誌だから保存する気はありません。2・3日待ってもらえたらお貸ししますけど?Chikoさんは待てないでしょね。
 もみじさんの「凹んだって、だいじょうぶ」は購入に手間がかかりますから読んだらお知らせします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有難い情報:

« 霜の朝 | トップページ | 言論の自由 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ