« 恐怖の月曜日 | トップページ | V忘年会 »

2008年12月16日 (火)

「でも」の怖さ

 夕べ「たけしのTVタックル」を見ていた。裏番組のドラマが良かったら見ていない。

 政治・社会に焦点を絞って、対立するゲストが喧嘩腰で喚く番組だが、何か深みがなくストレス解消番組と割り切っていた。

 昨夜の話。ガタガタになった自民党で、公然と首相に反対する勢力について、『そんなに目立ちたくてテレビに出たかったら、お笑い芸人にでもなったらいい』と、元首相M氏が言ったとか。

 「でも」さえとったら、問題ないのに、そんな簡単な日本語も使いこなせないのは流石ITも知らずに総理大臣になったM氏だ。

 呆れ笑いながら、それでも怒ったふりをして噛み付いている大竹まこと氏の常識が目立っていた。

 D_068_2 そりゃ、今では全国民のアイドル的芸能人も、江戸時代は「河原乞食」で最下層に位置する人達だったから、上から目線でもの言う政治家もいるのだろうが、化石のような人間が政治にたずさわっているのは怖い事実だ。

 自民党からお手当てを貰い提灯持ちをしていると噂のある、禿げた政治評論家は、「自民党がガタガタで押せば倒れるのに、何故、民主党は攻撃しない!」と、民主党のゲストを盛んに責めていた。こんなフォローの仕方もあるんだ。

 しかし、彼も世論の流れに敏感らしく「もっと、やると思っていたがAがあそこまで阿呆とは思わなかった」と言って、笑いと拍手をとっていた。

 非常識で漢字が読めず、口から出まかせ言う生徒には「首相にでもなれ!」と注意する先生が流行るかも知れないな?

« 恐怖の月曜日 | トップページ | V忘年会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「でも」の怖さ:

« 恐怖の月曜日 | トップページ | V忘年会 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ