« KYクイズ | トップページ | 京都エキ観光 »

2008年11月30日 (日)

やましろの国

 ひと月間違え、10月30日に出かけようとしたイベント「やましろの国」へ行ってきた。去年も12月2日にあって「束の間の独身」のタイトルでマイブログに紹介している。 

 朗読ボランティア仲間が大勢出演しているので、毎年欠かさず見に行く。

006  このイベントは「きょうと児童青少年演劇まつり」であって、独立行政法人「日本芸術文化振興会」の助成を受けているらしい。

 配られたプリントには政府出資の500億と民間の寄付100億を原資に創設され文化活動を援助しているとあった。

 現在、1社あたり1億円をめどに寄付を受け123の企業から112億が集まったとそのリストが載っていた。

 支援企業に各分野の有名どころは揃っているが、エッあんな大企業が?とそのケチぶりに感動するのもある。

 やましろの国を初めから終わりまで八つの演劇をぶっ通しに見た、プロとセミプロとアマチュアが混在しているが、どれも心打たれたり大いに笑ったりしたので疲れた。

Ca380307001  アマチュアでも暇人の趣味?ではない。誰かの為に技を磨いて役立てたい真摯な気持ちが感動させる。

 中でも、初めて見た手話劇はフィナーレでチョッと涙が出た。聴覚障害者と支えるボランティアの一体感がなんともいえなかった。

11_008 11_011  朗読V仲間が結成したグループのペープサートは、普段のマイクの前よりも落ち着いて演技していた?

 主婦して、おばあちゃんして、ボランティアして、パートまでしている女性に、こんなエネルギーが残してあると見せつけられる「やましろの国」だった。

※ 昨日の答え 1)おおがき  2)いない  3)とこばやし

  4)はんしょうわり    5)へくり  6)はじかみ

« KYクイズ | トップページ | 京都エキ観光 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やましろの国:

« KYクイズ | トップページ | 京都エキ観光 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ