« 笑い事? | トップページ | 待ち時間 »

2008年11月21日 (金)

抜群「風のガーデン」

 秋のTVドラマも終盤に近付いた。

 結局、連続視聴したのは、「SCANDAL」「チーム・バチスタの栄光」「OLにっぽん」「風のガーデン」(昇順)だった。

 ダンボ評価としては、9月までの阪神と他球団みたいに、「風のガーデン」が独走している(視聴率は関係ない)

 大家の作品は、娯楽性を備えていても、社会に対してのはっきりした提言がある。

 フジテレビ「風のガーデン」のHP冒頭に「人は最後にどこに還るのだろう」と出る。

 その、還り方を主人公白鳥貞美で提案されている。

 昨夜の第7回で、地域医療に没頭する白鳥貞三(緒形拳)が患者の老人の最後を看取る場面があった。

 病1121_003人の周りに奥さん、嫁、孫達がいて、こと切れるまでスキンシップをする。

 貞三は一歩下がり、暖かく、しかも冷徹な目で最後を見届け、よく頑張ったと賞賛する。

 皆は号泣しながら小さく拍手を始めた。場所は死者の住み馴れた家である。

 カミサンと二人「そうやった。昔はそうやった。無理やろけど、あんな死に方ができたらいいのに・・・」と頷き会った。

 二人の共通理解はもう一つ「後二回しかない!大河ドラマのように1年続いたらええのに・・・」だった。

« 笑い事? | トップページ | 待ち時間 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ううう。。。
【風のガーデン】4話以降観れてません
早く帰省して、部屋にこもって録画DVDを観るのを楽しみにしてます( ̄ー ̄)ニヤリ

先日【告知せず】っていうドラマは見ましたが・・・
すごく酷なストーリーだけど、すごくハッピーエンドだと思ったのは私だけでしょうか・・・?
何より、あの夫婦愛ありえな~~い!!と羨ましく思ったのは私だけじゃないはず・・・( ̄▽ ̄)

 ハイハイ!甘い父親と思われても、望み通りにしてやるよ。家事から解放し、RYOとYUから解放し、旦那から解放し(すでにそうかな?)独りで心置きなく視聴できるようにしてやるよ。
 何もかも可愛い孫の為に・・・・・
「告知せず」は、ほんの最初しか見ていませんが、あり得ない夫婦は稀にあるから、ドラマになり感動を与えるのでしょう。世の中不思議なことがあるから面白い。

「告知せず」見ました。あんなご夫婦夢みたい。子供にも良くしてもらって。親子(息子と)で旅行なんて、夢みたい。稀な家族ですよね。しかし最期のお芝居はすごかった。表情もすごくリアルで感動しました。とてもTVの中のこととは思えず、見入ってしまいました。「風のガーデン」の最期のシーンもやはり最期は慣れ親しんだ家で迎えさせてあげたい、迎えたいって思いますが、現代は難しそうですね。

 告知せずは感動的な作品だったようですね。まだ観ていませんが、高畑淳子は好きな女優ですから、何とかして観ようと思います。
 若い時、真剣に別れたいと思った夫婦が99%はいるでしょう。年とるとエネルギーが無くなるので諦めているだけです。
 非日常だから感動する。稀な理想だから感激する。ドラマだからソレデイイのだ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 抜群「風のガーデン」:

« 笑い事? | トップページ | 待ち時間 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ