« 編集は安心 | トップページ | 心変り »

2008年11月26日 (水)

税が走る

 「車1台持ったら、道楽息子一人養っているのと同じ」と、昔聞かされた。

Jaf_001  一部の金持ちしか車を持てなかった時代の話と思っていたら、今月届いたJAFMate12月号を読んで今も通用する話だと思った。

 それも金食い息子でなく税食い息子として。

 車が稼ぎと直結していたら、さほど気にならない税金も年金暮らしでは神経質になる。

 年寄り二人の移動に車がなくてはならない。仕方無しに払う税金だが、こんな過酷なものとは全く知らなかった、これも財布を全部カミサンに任せているお陰だ。

Jaf_002  先ず、腹立たしいのは暫定税率はガソリンだけでなかったこと。取得税も重量税も暫定的に税率が上げられそのままになっている。

Jaf_003  首相は漢字を読めないが、役人は「暫定」を読めても意味が理解できないらしい。

 リタイアしたから、せいぜい乗らず節約しようとしても、持っているだけで自動車税がかかる、土地と建物以外に所有しているだけでかかる唯一の税金ではないだろうか?

 フランスでは無いらしいし、自動車重量税などはどこの国を探しても見付からないそうだ。

 それに、消費税の二重取りみたいな理不尽も指摘している。

 車検は、「安全に自動車を運行するための検査」だと思うが、その為の整備点検費用の何倍も税金をとられる。

 自動車は走る税金か?! 

 嘆くなかれ。税金のかかっていないのは空気ぐらいかも知れないよ。

 JAFMateの発行元日本自動車連盟は、なかなかよい記事をかくと感心し、天下り受け皿の社団法人ではないと思ったら、気になる部分が・・・・・

 『車にかかる税金を一般財源にすることは、自動車ユーザーがそれだけ余分に支払うことになります。』

 ダンボとしたら、余分に払っているのだから、無駄な道路なんかに使わず、福祉や教育に使って欲しいと思うのだが・・・・・でなかったら税金減らせ!

« 編集は安心 | トップページ | 心変り »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 税が走る:

« 編集は安心 | トップページ | 心変り »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ