« 天高く | トップページ | 源氏物語 »

2008年9月28日 (日)

類は友を呼ぶ

 大臣在任期間の短さで、タイ記録が出た。

 新聞によれば、1988年の竹下改造内閣で任命された長谷川法務大臣が、リクルート事件がらみで4日で辞任した記録があり、今度の中山国交相も名誉ある記録を達成された訳である。

 惜しむらくは、もう1日早かったら、何の業績無くても歴史に名を留める新記録になったのに、さぞ残念なことだったろう。

 親分が親分なら子分も子分、「類は友を呼ぶ」ピッタリだ。

 こんなお方が小泉政権で文化相になったり、今回も内閣に入って国をリードしかけたかと思うとゾッとする。

 しかし、親分の失言に比べ、子分の失言と言うか暴言はお粗末過ぎる。

 思考は一面的で偏狭。全体主義国家の独裁者がお似合いで、主権在民・法治国家・日本国憲法をどう理解して政治家になったのだろう。

 成田闘争をクレーマーと同列にしたり。 自分の脳細胞が単一なせいか、日本を単一民族国家と云ったり、何か恨みでもあるのか正規の組合である日教組をガンあつかいしたり、狂気の沙汰としか思えない。

 しかし、本当はお気の毒な方かもしれない。衆参両院で、自民党が多数を占めていたら、決して辞任を強制されることはなく大臣の椅子にふんぞり返っていただろう。

 目前の総選挙で自民党が勝ちたいが為の犠牲者に過ぎない。

 マイナス要素は切り捨て、国民に甘い餌をばら撒いてでも選挙に勝てば、後はこっちのもの、公約なんて誰がしたと自民党安定政権を好きなように続けるだろう。

 一回替えてもいい時期だ。

« 天高く | トップページ | 源氏物語 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 類は友を呼ぶ:

« 天高く | トップページ | 源氏物語 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ