« 来た! | トップページ | 舞台衣装 »

2008年8月 2日 (土)

千手観音

 福田改造内閣が発足した。

 正直なんの感慨も無い、このメンバーで国をより住み易く、今の山積する問題を解決してもらえたら有難いが、期待するだけ野暮だろう。

 理由は幾らでもある。本当に適材適所?大臣としての能力は?派閥の均衡は無視?国民目線で?政権維持は計算に無い?

 一介の年金生活者が批判するのはおこがましいが、余りに物凄い人物がこの世に存在しているから、疑惑をもって当然だと思う。

 例えば、特別会計でお金の集まりやすいポジション、国土交通大臣の谷垣禎一氏は、科学技術庁長官・国家公安委員会委員長・産業再生機構担当大臣・食品安全担当大臣・財務大臣・・・と歴任されている。

 これだけ、多方面のそれぞれ専門知識が必要な部門をこなし、まるで千手観音様みたいな方が、大臣となり職務を全うして頂くのだから、手を合わせて拝むべきなのか?結局誰でも出来るのだと、つまらぬ勘ぐりをするのか?

 どうみても党の実力者だから割り振りされた大臣だと理解する方が正解に近いと思う。

 伊吹財務大臣は、労働大臣→文科大臣→財務大臣

 財政・金融を専門にしてきた林芳正氏は防衛大臣???

 調べるのに疲れた。

 首尾一貫しているのは保岡法務大臣ぐらいのように思えた。

 政治を変えるのは政権を変えるしか方法は無いだろうな。

« 来た! | トップページ | 舞台衣装 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千手観音:

« 来た! | トップページ | 舞台衣装 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ