« 楽勝ムード | トップページ | 8月の終わり »

2008年8月30日 (土)

油断は大敵

 昨夜、試合が終わって、滋賀のRYOとYUの家に直行。電車の中で胸を撫で下ろしていた。

Ca3802790001  球場から第2報を送った後、油断大敵の諺どおりになったからだ。

 7対0が9回表は7対5。ランナーが2人も塁にいて長打が出たら同点か逆転のピンチを味合うなんて思ってもいなかった。

 甲子園名物の「あと一人」「あと一球」の割れんばかりの声援を何回も繰り返す。

 終わってみれば、今日に備えて油断するなの神の啓示かもしれないが、心臓にはよくない。

 さて、昨夜の席は実のところ、チョッと違和感があった。

004  席は素晴らしく改良されている、巾が広くなり前後のゆとりがあるので、以前のように人の荷物を踏みつけにして通路に出る気遣いは要らない。引き出し式のテーブルつきで飲食に便利なだけでなく、前傾姿勢て楽に見られる。

 でも、でも、周りは上品だ。トラキチは「甲子園に見に行く」とは言わない「甲子園に応援に行く」だ。

 グリーンシートの客は観戦しているが、声を嗄らし足踏み鳴らし狂喜乱舞する応援はしない。

 折角、持って行った鳥谷のハッピも羽織るのが恥ずかしい、何でこんな気になるのか?年のせいだな~

 阪神が得点した時、勝った時。何処の誰とも分からぬ人と手を取り合いたまにはハグして六甲おろしを歌った外野席が懐かしい。尤も今は体力がないので遠慮するが・・・・

« 楽勝ムード | トップページ | 8月の終わり »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

同感です。先日、カットンのお誘いで今年初めてグリーンシートに行って来ましたが、応援団がいないため、外野の応援を横目で見ながら小さめの声で応援しました。応援団長のまといに合わせた一糸乱れぬ外野の応援に比べると、物足りなかったです。でも、京セラドームみたいに売店もトイレもきれいになっていて、びっくり!甲子園のイメージが変わりましたね。焼き鳥とビールでやじをとばすおっさんに変身しそこねたオバサンでした。

 偉そうに言ってもこのダンボ、球場に足を運ぶのは年に数回。それに京セラドームと甲子園しか知らない、ファンです。
 だからこそ、たまに行く聖地がスマートになっていくのに文句を言いたくなります。
 バチカンのサンピエトロ寺院がガラス張りのビルで困るでしょう。
 

ほんとに・・・!
やっぱり甲子園はライトスタンド、「ライスタ」ですね!
ちゃんと一人ひとりにそれぞれの椅子があり、もたれられてテーブルもあって、おまけに屋根もある。そんなグリーンシート、いい点もたくさんあるんだけど、あのライスタの一体感、高揚感は味わえないですね。

座り心地のよさのせいか、わんこさんと行ったとき、一緒だった夫、試合中うとうとしてました ありえへんっ!
ライスタなら考えられないことですね・・・

 カットンの旦那と同じ人と一緒でした。チケットをその社長から貰ったし、足を向けて寝られんけど、その人ビールをガバガバ、コックリコックリ、7対0の時点で帰りの電車が混むのが嫌でと途中で帰りました。
 わざわざ甲子園に来ることないのに・・・・と思いませんでした・・・(又貰えるかも知れないし・・・)でも、今度は一緒には????

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 油断は大敵:

« 楽勝ムード | トップページ | 8月の終わり »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ