« 五輪の陰で | トップページ | 雄叫び »

2008年8月10日 (日)

国際化柔道

 やはり、五輪に時間を盗られる。昨日は谷選手が銅メダルになった。

 世界67億人中の3番目なのだから、文句のつけようはないんだが、金を取らなくてはとガチガチになっている選手を見ていると気の毒になる。

 予選落ちが当たり前、準決勝に出られたら結構という種目があるのに、厳しい目で見られるのは、お家芸柔道の宿命だろう。

 へらへらして、楽しんできました~~なんて言う選手には、個人や団体や企業や国から物心両面で、どれだけ援助してもらってオリンピックに出られた!と嫌味の一つも言いたい。

 それにしても、最近の柔道の勝敗のつけ方は首を傾げる。

 技を決めても消極的だったら指導をとられ反則で負けになる、それも審判の主観のようだ。

009  以前は、有効・技あり・一本の技がでて勝ち敗けが決まるのが当たり前と思っていた。最近の試合はセコイ。

011  そろそろ指導を出してもらって、自分にポイントが入らないか審判の顔色を覗う選手を目にすると、変なところで柔道が国際化したもんだな。と感じるのは時代遅れなのだろうか?

 その点、今日の内柴・中村両選手が決定戦で、見事一本で金と銅のメダルを勝ち取ったのは気持ちよかった。

« 五輪の陰で | トップページ | 雄叫び »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

内柴・中村両選手の一本も、谷本選手のオール一本勝ち、決勝での笑顔の一本も見事だし気持ちよかったです。
ですが・・・楽しんできました~タイプの選手たちにもそんなにいやな感じは受けないです。全力を出すのは当然のこと、その上で「楽しんで」競技をしてもいいんじゃないかなと思います。競技種目にもよるのかもしれないけれど、むしろあまりにもガチガチの悲壮感漂った・・・ってのはあまり好きじゃ~ありません。そういった意味でも谷本選手の決勝での笑顔の一本はよかったなあぁぁぁ

 内村タイプの選手がベストと思いません?かっこいいし、感じいいし、実力あるし、チャラチャラしてないし、駄目だった照れ隠しで楽しめた~などといいそうでないし。男でも惚れる。

内村タイプもいいですが、太田@フェンシング、いいです!
メダルとって一躍注目された翌日のテレビ番組での、フェンシングに対する熱い思いと、ウィットにとんだというか頭の回転のよさを感じさせるやりとりに魅かれました。
内村のあん馬での失敗とその後の淡々とした追い上げ(冨田選手の吊り輪での失敗とその後の追い上げも)しっかり見てましたよ! ミスのときは胸が痛かったです・・・

↓名前間違えました(^^ゞ

ここではカットン@他所では「ぽこ」だったりする・・・私です(^^ゞ

 ぼこでもカットンでもよろしいが、どちらの人格も男が好きなんですね。男子の選手のことしか書いていない・・・・?

そりゃ~、こう見えても(?)、ビール片手に野球観戦と中味はオヤジであっても、一応はレディーですから
男、好きですよ~、もちろん!!
かっこいい男(見た目イケメンって意味じゃ~ありません)は特に好きですよ~(^_-)-☆

でもでも、オリンピック、女子選手も応援してるし注目もしてますよ。今日もシンクロ真剣に見てました。「なでしこ」も同じ競技の男子(ヘラヘラ組ですよね(^^ゞ)よりずっとずっとかっこよかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国際化柔道:

« 五輪の陰で | トップページ | 雄叫び »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ