« 曇り後晴れ | トップページ | シルバーカレッジ第2回 »

2008年6月11日 (水)

弘法は筆を選ぶ

 日本水連が、オリンピック代表選手の着る水着の選択自由を公表した。

 国内水着メーカーと交わしたサプライヤー契約を反故にしたわけだ。

 この契約はメーカーからの援助と引換えにオリンピックには3社のどれかを着て出るというものらしく、選手も代表に選ばれたら誓約書にサインするらしい。

 この契約は紳士協定のようなもので罰則規定がないらしい。だから、水連は契約の信義には目をつぶって、選手の不安を除きオリンピックで日の丸を沢山揚げて欲しいと明言したのと同様だ。

 「貧すれば鈍す」というのはこんな時に使うものだろう。

 一方、北島康介のライバル、アメリカのハンセンは契約しているナイキの水着を着て出るらしい。契約社会のアメリカらしい結論だ。

 それにしても、国内水着メーカーの優しさは素晴らしい?(笑)

 制裁金はいうに及ばず違約金も請求しないらしい、社員にして食わせ存分に援助している選手もお構いなしだとか、広告塔を失って売り上げが堕ちるのが怖いのか、それとも愛国精神に溢れ寛大な日の丸企業として失地挽回したいのか?

 弘法は筆を選ばずは嘘なのだ。筆一つでこれほど格差ができるなら、筆を買える者と買えない者が競うのはおかしい。

 いっそのこと、オリンピック水泳には泳者にイチヂクの葉と強力接着剤を渡して競わせたらどうだ!

 まあ、ダンボとしてはどうでもいいや。世界が戦争に使うよりオリンピックで金を大散財して楽しめばいい、ダンボも尻馬にのって8月は睡眠不足になるに違いない。

« 曇り後晴れ | トップページ | シルバーカレッジ第2回 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弘法は筆を選ぶ:

« 曇り後晴れ | トップページ | シルバーカレッジ第2回 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ