« たいなあ・・・で | トップページ | 再び一人と二人 »

2008年2月20日 (水)

鈍感力を磨きたい

 楽天ブログの「日記」(教え子の)で「鈍感力」なる本の存在を教えてもらった。

 題名に違和感あり、そのブログに勝手なコメントを入れたら、著者・渡辺淳一のオフィシャルブログを見てくださいと返事があった。

 渡辺淳一といえば、衝撃を受けた作品「冬の花火」以来、一時期熱中した作家だ、迂闊だった。

Photo  昨日、貸出期間を大幅に超えた米原万里の本3冊を、最敬礼して返したついでに、「鈍感力はないやろな~?」と尋ねたら、「ありますよ~~」と思いがけない返事。新刊書戸棚に並んでいるのを教えて呉れた。

 図書館の司書はUさん初めほとんどが顔見知り、こんな時、特典がある。

 繙くと嬉しくなる本だった。全部を読んでいないから確かではないが、才能を開花させるにも、エキスパートになるにも、健康で長寿を手にするにも、恋愛するにも、病を治すにも、会社で生き抜くにも、総て「敏感」より「鈍感」な方が有利だと、事例をあげ医学的にも証明している。

 「鈍感」という言葉の解釈を、おおらかとか、ものに動じないとか、ネガティブにならないとプラスに変え、気が休まり力付けて貰える本だった。

 かつて、児童に「命に関わること以外、たいした事ない!」と言い聞かせ、先生の言葉を子どもが悪用して困ると、保護者から随分文句をいわれたのを思い出し、ほくそ笑んだ。

 鈍感力の得点が高い、寝つきと寝起きの良さを私はもっている。が、幼い時、伯母さんが入れ歯の口で噛み砕いたタクアンを食べさせて呉れた。それをいつまでも覚えているくらい、くよくよこだわるところもある私にとって有り難い本だった。

 

« たいなあ・・・で | トップページ | 再び一人と二人 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

先を越しました
今日のマイブログをご覧。¥1100得しました。小さい町だという利点は、職員と友達になれることです。(2008年02月20日 23時46分34秒)
 何て、コメントいただき、ありがとうございます。
それは大変よかったですね。今回は、完敗です!?
何て、初めから勝負はしてませんが、いつも”含蓄”のあるお言葉ありがとうございます。私は、私のブログの主旨(自分にとって有益な情報を将来の自分のためにネット上に記録しておくこと。)をこれからも守りながら、今は人生の一大目標であるダイエットを成功させるべく日々精進していきます。食事ダイエットの限界から気軽にできる運動を探していて、最終的に数年前から母がすすめてくれていた”鈴木正成先生のダイエット法”に立ち戻ったような状態です。まさに!!
とうだいもとくらし【灯台下(もと)暗し】
灯台(燭台)の直下はあかりが暗いように、手近の事情はかえってわかりにくいものである。
広辞苑 第六版 (C)2008 株式会社岩波書店
を実感し、原点のダンベルダイエットを実践中です。!!
これからもよろしくお願いいたします。
先生のブログに取り上げてもらうことが1つの目標だったのでまんまと取り上げさせたので私の方が、本当は勝ちかも!?

 最後の2行で逆転されたようですね。出し抜いたと思ったのに・・・正に起死回生といえるでしょうか・・・
 他のブログへコメント入れないと、ネットワークの世界では知ってもらえないですね。コメント入れた相手がジンベイザメなら、コバンザメもホワイトシャークぐらい大きなブログになるかも???(おわかり?)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鈍感力を磨きたい:

« たいなあ・・・で | トップページ | 再び一人と二人 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ