« 電波の海 | トップページ | サラ川の季節 »

2008年2月 6日 (水)

たかが鍋、されど鍋

 長女が買った鍋のセット、アメリカ生まれのRQ、その使い方と宣伝に女性が2人家に来た。

 食材も調味料もカセットコンロまで持参して、水道代しか負担をかけませんよ!というリキの入れ方。

 世にステンレス鍋を売るメーカーは多いけど、アフターで料理教室を開いているのはわが社だけ。と25年のベテランが控え目に自慢する。

 26センチのフライパンが2.5kgという重量で値段もヘビー級。セットでないと買えないから高嶺の花が気球に乗って昇って行く。

 たかが鍋とデモを見せてもらったが、調理の概念を覆す説明に、参加した7人が目を白黒させた。

2_002 2_007  先ず、ポップコーンは市販と変わらぬ出来栄え。他社の鍋との違いを見せつける。

 2_008 大学芋は少量の油で芋を揚げ、目減りしてない油に砂糖を放り込む、時々揺らしながら加熱し、砂糖がべっ甲色になったら油を移して芋を入れてから2_009 める。外はパリパリなかはふっくらの見事な大学芋ができた。

 他にも、ジャンボハンバーグは焼いている横でジャガイモもニンジンも火が通るし、「ウソ!?ウソ!?」や「ウフォー」と歓声とため息がもれる。

 空焚きOK、鍋&オーブンといえる鍋だった。

 2時間少々で赤飯を含めた6種類のご馳走が並んだ。

 夕食不要になるくらい皆が満腹した。

 数多く家に鍋が揃っているのに、欲心をおこさせる存在だった。

« 電波の海 | トップページ | サラ川の季節 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

なになに?RQ?・・・調べました!
高っ! 買ったんですか?Yさん!! さすがだ~~
と言いつつ、10年ちょっと前、某シリーズの高価な鍋&フライパンのセットを買ったことあるのですが・・・
無水だとか同時調理ができるだとか、同じように材料とか全部用意しての実演があって、すご~~い!と思って買ったのです。
たしかに便利だったりすごいワザを持ってたりするのですが
ほとんど「普通の」使い方しかしていない(というかできていない)っていうのが実情です~~

 やっぱりそうでしょうね、習慣なんて易々変わらない!長年の鍋使いの手法も同じでしょうね。値段相応に使いこなすまで生きられるかどうか?

「ダンボさん聞いて!僕らはキッチンの格納庫の鍋です。串揚げだけ出来るフライヤー、重い陶器の電気鍋、何とか焼きの浅漬け器、こだわりの焼肉器、ガス用イカ焼き器ワッフル型 土鍋にヤカン等々皆なぜかIHに変換時にリストラされませんでした。大きすぎた奴、アルミの奴、30年物の中華鍋との別れもありました。今は、IHОkという3個の行平鍋とT・・ールのポットがご寵愛を受けています。僕らもキッチンへ飛び立つ日は来るのでしょうか エスプレッソマシーンの仲間入りも近いらしいのです」 鍋たちの愚痴を聞こえない振りして今日 圧力鍋を私は買いました。格納庫には入れるスペースがありません 明日は角煮にしようかな

 もしもし鍋よ鍋達さんよ、気の多いご主人に身売りしたのが運の尽き、せいぜい多国籍企業みたいな住まいに噛り付いて、何とか出番を待ちましょう。
 でも、テファちゃんも行平も強かだから望み薄。圧力さんまで加入したら絶望的だ~
 家出して、フリーマーケットにでも駆け込んだら。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たかが鍋、されど鍋:

« 電波の海 | トップページ | サラ川の季節 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ