« 教え子からのメール | トップページ | 断定する品格 »

2007年12月 8日 (土)

挑戦・ミラノ風カツ

 初めてのイタリア旅行。ミラノで食べたカツが美味し過ぎて忘れられなかった。

 二度目のイタリア旅行の添乗員さんは、小太りの可愛い女性で説明に矢鱈食べ物が多い。バケットはオリーブオイルと塩で美味しく食べられるなど嬉しそうに説明する。

 彼女にミラノ風カツについて聞いたら、薄い肉・パルメザンチーズを混ぜたパン粉・揚げ油はオリーブオイルとコツを教えて呉れた。もう、10年も前のことだが、私の胸で何時までもくすぶっていた。

 昨日、チョッと高級なすき焼き用牛肉を買いミラノ風に挑戦した。コクを出すのに肉の間にスライスチーズを挟み込んだだけで、後は記憶にあるレシピに沿って作った。

 二人分の下拵えをしたら、肉が三切れ残っている。卵の汁も、パン粉も僅12_005かに残っている。勿体ないので大雑把に肉にこすりつけて揚げておいた。

 昨夜、ワクワクして齧り付いたが、記憶を呼び覚ますような味ではない。カミサンが「美味しいよ!」とは言うが、同情的なニュアンスがある。ガッカリして、手抜きのカツは食べずに残した。

 12_009 今日は、地域の福祉の集い「ふれあいサロン・お食事会」だ。午後の3時過ぎまで奔走しクタクタ。帰った足でそのまま寝床へ直行した。

 起きて目にした夕食のお膳に、残したカツがのっていた。

 一口食べて・・?「ウマイ!」昨日のより、ズ~ッと現地の味に近い。

 シンプルはベストなんだ。家庭料理はゴチャゴチャひねくることはない。カミサンが一品追加した粕汁も結構なお味だった。きっと何時ものように省エネで作ったのだろうが・・・・・

 感謝の心は省エネしないでおこう。

« 教え子からのメール | トップページ | 断定する品格 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 挑戦・ミラノ風カツ:

» 家庭 料理 レシピ [家庭 料理 レシピ]
レシピの中でも、和食、洋食、中華の基本レシピは、押さえておきたいものです。家庭料理のレシピは、家族の... [続きを読む]

« 教え子からのメール | トップページ | 断定する品格 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ