« 11月22日 | トップページ | 青天白日 »

2007年11月23日 (金)

シャガール展

011  奈良県立美術館で開かれている「シャガール展」の招待券が2枚手に入った。

 秋の奈良。3連休初日だというのに、無謀にも車で出かけた。

 案の定、駐車場は公私とも満車の所ばかり、奈良公園や春日大社の周りを1時間以上徐行して回った。

 エイッと美術館に一番近い駐車場へハンドルを回したら、タイミングよく空きができて停められた。

1  美術館の入り口は人がまばらなのに、中は混んでいた。

 充実していた、これだけ大量のシャガールの作品を1度に見たのは初めてだった。

 キュビズムやルオーの影響を受けていると感じさせる時期もあるが、水平・遠近の無視、上下左右の反転。鮮やかな赤・黄・緑・青。無重力状態の人や動物・・・初期から晩年までシャガールらしさは一貫していた。

 他に気付いたこと。総体に額縁が質素、豪華なのは日本人や企業が購入した作品。初期の作品は厚紙に描かれサインのない作品が多い。1915年・1944・1955年辺りの作品に惹かれた、何れもシャガールの最初と二度目の奥さんと関わりがあるようだ。

 堪能した。暫くシャガールは見なくてもよい。ショップで土産にと思ったが、本物の後で絵葉書は買う気がしない。レプリカに48,000円出すのは勿体ない。結局手ぶらで帰った。

 ご馳走に満腹した目は、可なり疲れていた。

« 11月22日 | トップページ | 青天白日 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

私も明日(25日)国立文楽劇場へ一緒に行った友人と「シャガール展」(招待券)へ行く予定でしたので、ダンボさんの感想は参考になりました。23日は向日市の光明寺(これも招待券でです)へ母親と行って来ましたが、紅葉はまだ半分くらいでした。それはそれで趣きがありましたが。もし行かれるなら車はやめた方がいいと思います。休日ならJRと阪急の駅前からバスが臨時で運行しているようです。

 光明寺の情報をありがとうございます。カミサンが行きたがっていますが、一緒に行くには忍耐が必要で一服してからにします。
 シャガール展は、どうでしたか?昨日に増して場内が混雑していたのではないかと思います。とにかく、チョッと宣伝されたら、日本の美術館はラッシュしますね、人混み嫌いには難事です。

シャガール展、行ってきました。
奈良県立美術館は、入ったのは初めてだったのですが、外から見たより中が広くてちょっと驚きました。作品もダンボさんのお話の通りかなりの点数が展示されていましたし、人は結構入っていましたが、混雑時の京都の美術館に比べればゆったりで、自分のペースで作品を見ることができ、充分楽しめるものでした。

 光明寺の紅葉は、真っ赤と黄色という単純な色調でなく。見頃だったと思いました。牛に曳かれて善光寺参りは、思わぬよい結果が得られたという意だそうですが、その通りでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャガール展:

« 11月22日 | トップページ | 青天白日 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ