« 秋のTVドラマ | トップページ | 一人の力 »

2007年10月26日 (金)

落ち歯

Ca380035001  国道の街路樹が色づきはじめた。京都加茂川沿いのケヤキ並木ほどではないが、此処もなかなかの景色になる。

 道には落ち葉、6日前に私の口からも歯が落ちた。

「少年よ大志を抱け」とクラーク博士は言ったが、私は「中年よマイ歯を守れ」と大声で叫びたい。

 伏見の学校に赴任した直後、猛烈な歯痛に見舞われた。養護の先生の紹介で、飛び入りで診てもらったのが運の尽き。

 こちらの都合に合わせ、予約なしで治療してもらう特権と引き換えに、治療の仕方は歯科医の言いなりだった。

 前歯は4本差し歯に・・・「これで不滅です」長島みたいな台詞を聞かされてウン十万円払い込み。後は保険でと頼んだので、上下の奥歯は見事キンギラギンに改造された。悪い歯はドンドン抜く、義歯は健康な歯に支えさせる。即ち、無くなった1本の歯のために両側合わせて3本が銀の歯になった。

 それから20年、どれもこれもにガタがきた。不滅の筈の前歯も1本ダメになり、奥歯も一箇所、部分入れ歯に代えて貰った。そして、また!3本が・・

 今、かかりつけの歯科医は、僅かに残っている歯根で何とかしましょうと、あくまでも自分の歯を残すように治療する。

 マイ歯を守るには、やたら歯を抜かない良医を選ぶ必要がある。

« 秋のTVドラマ | トップページ | 一人の力 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

私は歯医者にはめったに行きません。待合室であのキ~ンという音を聞くと歯が痛くなる気がして・・・。たまに歯石を取ってもらいに行くぐらいです。ありがたいことに、40代のいまだに虫歯になったことがありません。小学校の時に「下前歯一本がちょっと歪んで生えてるのがなければ表彰なのに」と歯科検診で言われました。兄は表彰されました。二人とも虫歯のできにくい歯質らしいです。小さい時は歯磨きをしっかりしていたわけでもないのですが。母親の遺伝らしいです。父の歯はボロボロです。でも死ぬまでこの歯が元気でいるとは思えませんので、覚悟をしておかなければ・・・。

「落ち葉」ならぬ「落ち歯」ですか(≧∇≦)
私がお世話になっている歯医者さんは数年前から「予防歯科」に力を入れられていて
私もずっと半年ごとに「検診」してもらっています。歯石もとって、ナントカっていうのを塗って・・・
「予防」って大切でいいことだなと思っています。今のところ、◎な私の歯たちです。
虫歯になりにくい歯質、あるようですね。
我が家の息子も、今まで虫歯1本もできたことありません。幼いころ、全然磨いてやっていなかった(親がネ)にもかかわらず・・・です。
ただし、3歳か4歳くらいまで飴とチョコレートは食べさせてませんでしたが・・・

 90%以上遺伝的素質で虫歯の数が決まるそうですね。不確かな情報ですが、Keiさんと、カットンのコメントで裏がとれたようです。私も歯に関しては良質なDNAを貰ったつもりでしたが、歯科医の選択を間違ったと後悔しています。クワバラクワバラ・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落ち歯:

« 秋のTVドラマ | トップページ | 一人の力 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ