« 卍 | トップページ | 旨かった魚 »

2007年9月24日 (月)

瓢箪から冬瓜

 ボッチャン首相が政権を投げ出した時、V仲間のOさんが「今度の総理は誰と思う?口を曲げて喋る人は嫌いやけど」と、カマをかけてきたので「福田が出たら面白いで!」と、答えた。新聞に福田のフの字も出なかった時だ。

 歳だし、前回の総裁レースを早々に降りてしまい、欲がなさそうだし、スポットライトの前にシャシャリ出る変態とは違うから、Oさんは想定外だったようだ。

 私は、小泉内閣時代、福田官房長官の記者会見での受け答えで、恐るべき政治家だと思っていた。口の曲がったAさんの使う親父ギャグと違うユーモアがあり、煙に巻きながら伝えてしまう、ボスの失点もカバーする。人を平気で褒める(自信がなかったら簡単に他人を褒められない)でも、メガネの奥の目は冷徹だった。

 人によって、真実を喋っても「嘘っぽく」聞こえる人と、嘘でも「真実っぽく」聞かす人がある、福田は正しく後者だろう。

 新聞には「福田ビジョンを明確に」などと、書き立てるが、本人は「問題を解決するのが政治家だ」と、打ち上げ花火は揚げない。そうでしょう、余りにも、前々回からの政権がした負の遺産が多すぎる。

 大風呂敷を広げ、全国を金権列島に改造した田中角栄と熾烈な権力闘争をした父福田赳夫。生まれ変わったとはいえ角栄の流れを汲む小沢一006 郎との対決が楽しみだ。

 瓢箪から駒ほどのハプニングでなくても、「瓢箪から冬瓜が飛び出した」ぐらいのサプライズ、これだから自民党は恐い、誰に聞いてもコンピュータの音声ガイダンス的返事しかない政党(どこだろう?)とは違う。

 「瓢箪鯰」で民主党が手玉に取られないように注目したい。

 

« 卍 | トップページ | 旨かった魚 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

0さんてもしかして・・・。ダンボさん、実は私も福田さんについては同じように感じていました。しかし、対外的にはお金をばらまくだろうなと危惧しています。山崎氏が昨年朝鮮に行ってどんな約束をして拉致被害者全員を帰すと朝鮮側に言わせたのか。官僚に対しても大甘。多分早晩消費税アップでしょう。小沢氏が民主党自論の消費税アップを何故取りやめたのか!国民が疲弊しているからでしょう?!例のフフフと言うごまかしにの真意を読まねば、どうせ年は取ってもお坊ちゃん育ち、庶民の感覚は解りません。これは麻生さんも同じ。自民党には人材がいませんね。ちなみに我が父は自民党員。麻生さんに入れたかったそうだけど、自分が選挙のときに世話している参議院議員が福田さんに入れるから、しかも記名投票だから福田さんに入れたとのこと。テロ特措法をどうにか乗り越えたら長続きするでしょうけど,フフフの後が怖い!

 未知数は面白いです。何ヶ月かで既知数になるでしょうし、その時に解散総選挙をしてもらって、国民が判断するのが当たり前の民主主義国家です。対決色の強い麻生なら、自爆テロみたいに、国民が判断できる前にぶっ壊れそうです。
 きっこのブログでは、もう人権問題ではないかと思うくらい、痛快に福田をこき下ろしていますが、私は劇場型の派手な政治家に飽き々々しているので、地味、曖昧型の舵取りに期待しています。かといって、自民党政権を容認している訳ではありません。他に無いから仕方なしです。だから、強いリーダーなんか現れたら結果はろくでもないことになること必定です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瓢箪から冬瓜:

« 卍 | トップページ | 旨かった魚 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ