« 北京の空 | トップページ | 三原則 »

2007年8月 8日 (水)

プロの腕

 2女の誕生日、お祝いを祇園の天麩羅屋さんでするという。二人で、よりも親も自己負担で来たらと誘われた、久しぶりなので誘いに乗った。それに真夏の夜の京都も歩いてみたかった。

 京阪電車を四条で降りて、八坂神社に向かう、デジカメを持ってこなかったのを後悔した。ヤケに外人観光客が多いが、京都ならではの光景が歩くたびに繰り広げられる。

 008建仁寺を抜けて予約した店に着いた。「天ぷら八坂園堂」満席だった。京都の店では、万願寺とうがらし、加茂茄子等、新鮮な京野菜の天麩羅が食 べられる。中でもプロの腕に見惚れたのは写真の稚鮎だった、活け作りのおつくりにはよく会うが、活け揚げ?は初めてだ。

 生きているのは幸せ。美味しいものが食べられて・・・カミサンがしみじみ言った。その言葉に素直に賛同する。例え、カードの請求書で正気に返っても。

« 北京の空 | トップページ | 三原則 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロの腕:

« 北京の空 | トップページ | 三原則 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ